Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ フラゲしに走ったone way…カップリング怪盗ネオンも魅力的TOPMUSIC ≫ フラゲしに走ったone way…カップリング怪盗ネオンも魅力的

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

フラゲしに走ったone way…カップリング怪盗ネオンも魅力的

one wayone way
(2009/11/11)
シド

商品詳細を見る

ちなみに自分は通常版。DVD版のAかBかと選べないので、DVDが何も付いていない通常版という感じです。

『one way』 作詞:マオ 作曲:御恵明希
シドラジで何度か聞いていたone way。アップテンポで爽やか~な曲。始まってからとにかくドラムの速さに吃驚…いや早いのはベースもかな。これは最高速度オーバーなドライブ曲だなぁ。ライブとかでも飛び跳ねてしまいそうな感じだ。しかしメジャーデビューしてからのシングルでこういう何か前向き爽やか~ソングがタイトル曲って珍しい。モノクロは正当派ビジュアルなロック(勿論いい意味で)って感じだし、2℃目の彼女も爽やかだけどそんなノリノリでもない切ない系ソングだったし、嘘で尚切なくバラード系になったのでタイトル曲ではホントまた違ったシドのイメージでしたよ。こういう曲も勿論好き。

『怪盗ネオン』 作詞:マオ 作曲:Shinji
どこか懐かしい感じがするテイストな怪盗ネオン。系統的には妄想日記系だと思ってしまった。ノリはいいんだけども爽やか~なone wayとは違って怪しげ。歌詞も女性視点で女言葉。歌詞を最後まで読むと怪盗ネオンが歌の視点の女の人というのはやっぱり危険な感じがする。毎度カップリング曲はいいよな~と思うのですが今回もやはりシングル買ってよかったなと思うところです。

『土曜日の女』 作詞:マオ 作曲:御恵明希
Live from SID TOUR 2009 hikari versionでした。棒立ちで聞き入っていたのが思い出す。怪盗ネオンといい女言葉、女性視点って感じですが多分女の人が歌うと未練や妬みっぽく聞こえるんだろうけども、やはりボーカルがマオなので凄くエロティックに聞こえる。あまり女言葉がここまで似合うアーティストって珍しいなぁ。元々曲は聴いていたのですが、原曲とまた歌い方変わってますね。どっちのバージョンも好きですが。特に高い声の延ばすのが違うかなぁ…と。(今の方がちょっと掠れた感じがするのは気のせい?)しかし、どっちも色っぽい。

今週末のMステで出るみたいですね。テレビの前でスタンバイだな。
関連記事

Theme:シド - Genre:音楽


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。