Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ まだまだプレイ中TOPBL GAME ≫ まだまだプレイ中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

まだまだプレイ中

前回でリバが無い3人を攻略済みですがしばらく何の原因か精神的落ち込みが酷くてやめてましたがプレイ開始。というのはもう少しで次は逆転検事がやってきてその後ミクゲームが…積むのだけは勘弁したい…ということで楽しんでやれるうちにやってしまうぜと始めた眼鏡R。感想は例のごとく下の方へ…(ネタバレも気にせず書いていますのでご注意を)



タイピングは勿体ないことに声を聞かずにひたすら集中し続けることでSランク取れました。鬼畜モードで。仕事がPC関連業務だからかやはりその辺に関してはぬかりなしです。しかし…やはり打つ文字のやばいことやばいこと。普通のキャラ名だけじゃないから。台詞ヤバイから!それタイピングしていいのかとか思うような文字多くてホント羞恥プレイだから!…かなり楽しみました。これ、是非友人とかに貸して同じ気持ちを味わって欲しいものですよ(笑)

ストーリーモードは、本多受と御堂攻とりあえずクリア。本多受はイタリアでバレーボールしているというところからだったり、あまりに本多がカレーに拘りまくるのでその辺が面白かった。御堂攻はBAD ENDの時の御堂さん絶叫がかなり怖かった…あの狂い具合。しかし所々声割れてるような…。この叫びも割れてたし、この後、本多攻めの時に出てくる松浦の声なんて大半割れてた気がする。やはりCD-ROMだけにデータ量が…かなぁ…。折角の演技がかなり勿体なくて残念なことに。

本多は今回攻も受もどっちもかなり前回気になった自分主義が大分緩和されてて見やすくなった。正直、中の人はかなり好きだけども自分の意見を絶対曲げない強固な姿勢の本多には悪くはないんだけど苦手意識があったので今回の本多はかなり好印象でした。やりやすかった。特に本多攻の時の元大学のバレー部のパートナー松浦との和解の話はホントに良かったなぁ…前回ので色々蟠りがあったようだし。途中の3Pにはドン引きしたが…はは…体位的にくるとは思っていたけどもあのEDが本多EDの一番最後だったのでかなり衝撃だった…。

御堂はやはり主人公同士を除いてメインなのかな…今のところ攻しか見てないけども一番見た中でドラマティックな感じだった。克哉が短期間の間だけだけど車に撥ねられて記憶喪失になったり、久々に会った同僚が薬物中毒者だったり…御堂の過去だったり…今回御堂の話で気づきましたが克哉受はドMだということに。眼鏡かけるとSで、眼鏡取るとM…あのM具合は…すげー…

というわけであと残りは御堂受と果実(ザクロ)ですか…どうなることやら。
関連記事

Theme:鬼畜眼鏡 - Genre:ゲーム


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。