Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ コードギアスR2 最終巻TOPBOOK ≫ コードギアスR2 最終巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

コードギアスR2 最終巻

コードギアス 反逆のルルーシュ R2  TURN―4― (角川スニーカー文庫)コードギアス 反逆のルルーシュ R2
TURN―4― (角川スニーカー文庫)

(2009/03/01)
岩佐 まもる

商品詳細を見る

ノベライズ読み始めたのも本編ラスト見てから小説はどういう風になるのか楽しみだったのでこの発売日が楽しみで仕方なかった感じです。なのに忘れていたというは最近何していたんだろう…出てから知りましたよ…遅すぎですね。

というわけで以下感想。本編と同じ所もありきだけども「そうなったか」と思う面もありき。ネタバレ感想です。

話は丁度ラグナレクの接続周辺。個人的に展開が凄く好きなところなのですが、アニメ見ていないといつの間にやらルルーシュが黒の騎士団から追放されていて…という展開になってしまう感じ。その事はコードを封印したC.C.が元に戻ったとき、アーニャなマリアンヌが話した話題の中にあったのみ。捕まっているスザクを発見したときにまた話してました。この会話がないと主役級二人でさえも何していたか分からないくらいこの話では他視点です。

【C.C.がルルーシュを選んだ理由】
ところで今回のマリアンヌとの会話で吃驚だったのはC.C.がルルーシュを選んだ理由はマリアンヌがそうするようにプロデュースした…つまり仕組まれていたと言うことだったということ。本編もそうだったのかどうかは謎ですが、ノベライズではブリタニア皇室の血を引くものが資質を持っている…ということらしい。だからこそルルーシュと契約するように仕向けたという感じでしょうか。

ルルーシュもナナリーもマリアンヌが卵子の状態から遺伝子を弄っているという話もありましたね。ひいたのはルルーシュもナナリーも思ったほどの素質ではなかった為、ルルーシュの子をナナリーが産めばなんて親の立場でありながら言うマリアンヌがもう…マリアンヌはもうノベライズ見たら尚更、凄い親だと思いますよ…C.C.に「キスしていい?」なんて聞くところは百合か?!と思ってしまった。何かマリアンヌは何でもアリだ。実の子(ルルーシュとナナリー)で実験(検査?)してますしね。実の子以外でもギアスの実験しているけども。

【ナナリー視点】
ほぼナナリー視点です。だから、本編で何であんな突然ナナリーがルルーシュとスザクの前に「あなたたちの敵です」なんて出てきたかわからないという謎は解けました。しかし、ナナリー怖かった。実は激しい気質を隠していたなんていうのは思わなかった。ついほわほわイメージが強くて。でもマリアンヌとシャルルの娘だからねと思ってしまう。とことん強いです。フレイヤ打ちまくるだけでなくスザクにかなりの暴言を浴びせます。その内容が当を得すぎ。いや分かるけどそこは言い過ぎだろうよと思ってしまう面も。まあ意図有りなんですがね。「貴方を騎士にした人はみんな酷い目に、あってますので」なんて…ホントすぎることを。他にももう…最初見たときあまりの激しさに絶句しましたよ。ナナリー様って感じだ。

【アシュフォード学園生徒会メンバーは?】
ニーナがフレイヤを無効化させるものを開発していたのはアニメの話。小説ではロイドとセシルの二人が無効化のものを開発。ニーナはホント蚊帳の外。というか小説版にはニーナのこと書かれてない…(汗)リヴァルも…会長がちょっと書かれてたかな。(ナイトオブラウンズに少々)シャーリーも亡くなったのにそれ系の話も…軽い。生徒会メンバーが知りたいならアニメかな。カレンがルルーシュにキスした後、「さよなら、カレン…」というあのルルーシュの内面が見えるところも無かったので。でもまあ…小説でそこまでは難しいと思う。他に多く書かれているところもあるからこの辺は割愛。

【スザクの血筋】
スザクの血筋は枢木の本家ではなく枢木の分家で、本来本家を守護する血筋とのこと。(マリアンヌ談)「守護の一族」の血を引いていたのであの飛び抜けた身体能力等々を持ったということらしいです。そう考えると、護る人って格好いいなと思う。逆に言うとルルーシュは王の器だからいいバランスなんだろうなぁ。

【ナナリーの能力】
手を触ると心が見えるらしいです。アニメでもそうだったけども…。ルルーシュがスザクに刺された後、その力でゼロレクイエムの真実を知ったのですが、白く霧かかった世界でルルーシュ(霊体っぽい…意識体?)と話すところが追加。ルルーシュはナナリーに「その心が見える能力を使うな」ということと、「自分(ルルーシュ自身)を許すな」ということを告げて消えてましたね。これもナナリーを思ってってところでどこまでもナナリーが大好きで尚、スザクにかなりの信頼をよせてるなと分かるルルーシュでここのシーン追加はちょっと兄妹好きなので嬉しかったです。アニメで追加してくれとまでは思わないけどね。

【ルルーシュは生存?】
C.C.と御者のシーンがあるけども、C.C.の話した言葉に口元だけ笑うってところで人によっては御者=ルルーシュ説も色濃くなりそうなラストでした。個人的にはルルーシュは生存しているとゼロレクイエムの価値がドンッと軽くなってしまう気もするのでちょっと複雑ですが…生きている方が辛いっていうのもあるので自分が批難されるところを見ながら隠れて暮らすのも大変なんだろうけども…うーん…複雑ですね。

というわけでギアスR2感想でした。期待しすぎた面もありましたが全体的に興味深かったです。アーニャが凄いいい役割してます。ナナリーとの仲もなかなかだし。アニメ見てからコレ見ると面白みが増しますね。個人的には生徒会のところとか、ロロのところとか、シャーリーの所とかニーナの変わるところとかそういうのを見て別視点(ナナリー)で見るといいかなと。でも何がともあれ面白かったです。番外編みたいなのがあったらまたみたいですね~。
関連記事

Theme:コードギアス 反逆のルルーシュ - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。