Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ガンダム00 2nd Season 3話 TOPANIMATION ≫ ガンダム00 2nd Season 3話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

ガンダム00 2nd Season 3話

3話 『アレルヤ奪還作戦』

ずっと気になっていたライルとティエリアの対面ですが、ティエリアはすげーツンでした。ライルもかなり挑発しているし。まあ、ライルの「可愛い教官殿」はないよな…。「茶化さないで欲しい」と冷たい感じになるのも分かる気がする。ティエリアも何かライルがその態度だからもあるのだろうけども他のマイスターとは扱いが別の意味で違う感じ。

アレルヤは、ソーマ・ピーリスがマリーではない別人格という風に見て自分を救ってくれた彼女を助けたいというのが自分が逃げ出さないといけないのにギリギリまで案じていたけどもそこらへんどうなるんでしょうねぇ。しっかし、刹那が助けに来ていたけどもそんなすぐに動けるか?と思いましたよ。ずっと拘束されていると体が動かなくなってしまうと思うのだけども。少なくともあんな軽快に走れないとは思う。まあ、超人ですからね~…マイスターってある意味。

スメラギを説得してアレルヤを助ける戦術予報を授かって行動ですが、ダブルオーガンダムを庇う盾の役割がティエリアのセラヴィーガンダムって今までの彼ならやらない役割分担だな…。アレルヤを助けた後、マリナも助けてくる刹那ですが今回の刹那の動きを見ているとやっぱりどことなくヒイロを思い出してしまった。

今回ライルはというと遠くから昔のロックオン(ニール)のように遠隔操作で銃を撃つ役割。どうやらスメラギによるとかなりの能力を持っているようですが…ライルは。そんな彼は、あくまでマイスターにいながらもカタロンの仲間のことを気遣っている様子。今までそこにいたからそれも必然なんだろうけどもね。

アレルヤ奪還後「おかえり」と言ったティエリアをデレたとかアレティエとかいろいろ見たのですが、個人的には確かにそれも確かに思ったんだけども、ロックオン(ニール)の影を見た気がしたって感じがした。もしその場にロックオンがいたら確実にそう言ってると思う。もう、彼がいない分ティエリアの言葉の優しさとかもそういうところに出ているし、刹那の統率力も前の時はロックオンだったし…。確実に引き継がれてる。ゴゴフェスでも見た刹那とティエリアの会話はしっかり生かされてるんだなと思って嬉しかったですねぇ。お前は変わらないとティエリアはアレルヤに言ったけども個人的に何かハレルヤがいないアレルヤは足して2で割ったような感じに見えるのですが…どうだろう。だからアレルヤも変わっていると思うけどなぁ…ティエリア視点から見るとそうなのか。

ところで、今回一番ぐっときたのは意外にも沙慈と刹那のやりとり。「平和だったのに…当たり前の日々が続くはずだったのに」という沙慈に、「自分だけ平和ならそれでいいのか」という刹那の問いかけに沙慈だけでなく自分も息を呑んでしまった。重い言葉だなと…。

あと、マリナが刹那に助けられた後二人で話しているとき「何で泣いているんだ?」と問う刹那に「貴方が泣かないからよ」というのは、何か新たな二人の関係を見つけられたというところ。やはり、マリナが真ヒロインか。でもマリナは甘い面もあるかもしれないけど刹那にはこういう人がいてくれることが救いなんじゃないかな…。

予告。ライルがフェルトにキスしてました。何か…複雑だ。フェルト可哀想だし…ライル無神経だよ。
関連記事

Theme:機動戦士ガンダムOO - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。