Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ GO!GO!5! FES'08 1日目レポ(その3)TOPDIARY ≫ GO!GO!5! FES'08 1日目レポ(その3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

GO!GO!5! FES'08 1日目レポ(その3)

はい、その3です。その1(物販関連)、その2(前半・コードギアスR2関連)はまた違うところです。その1、その2をクリックするとそれぞれリンクします。しっかしレポとは全く関係ないですが上のその2の記事数が555になりました。運命的な物を感じます。(笑)

とうとう00関連が始まります。構成が前半・コードギアスR2で、後半がガンダム00の様です。アニメ映像が入り会場が沸き上がったところで、早速やってきたのは今話題のあのアーティスト。鳥肌たちましたよ!

1.儚クモ永久のカナシ / UVERworld  (ガンダム00 セカンドシーズンOP)
まさかトップバッターからこの曲?!という感じの曲で始まり方が少しPerfumeの様なデジ風始まり方でサビメロディから開始。1メロ2メロとも疾走感を消さずともまたサビが疾走感を感じさせる凄い曲。流石皆が期待する曲だけに会場の沸き方が違いましたね。個人的にはかなりオススメ。CDは絶対買いますね。

そしてUVERworldは曲についての紹介とガンダムの曲に選ばれて嬉しかったという風なMCがありました。会場は大興奮の嵐。流石セカンドシーズン。皆が期待しています。

■【声優さんによる生アフレコ】その1■
刹那役の宮野さんが出てきて、その後を語っていました。「まも~w」という声が会場に響き渡る。ゴーグルをしつつ砂漠で車を運転している刹那がゴーグルを取るときゃ~と歓声が。ティエリア役の神谷さんも出てきて後日談を語る。神谷さんは「ヒロC~」とか「神谷さん~」とか言われてましたね。ティエリアが刹那に「変わってないな」というと尽かさず刹那の方から「お前もな」との言葉はちょっと笑った。

2.フレンズ / ステファニー (ガンダム00 ED)
緑のキラキラの衣装で出てきたステファニー。渋谷で歩いているお洒落なお姉さんを連想させるかわいらし容姿から力強く美しい歌声が。MCでは初武道館だったそうで「緊張しましたが嬉しかった」と語っているところがまた可愛らしい。やはりフレンズは発売当初も真っ先にCDショップに走りましたがホントいい曲ですよ。

■【声優さんによる生アフレコ】その2■
刹那役の宮野さんと、ティエリア役の神谷さんがロックオンのおかげでマイスターの気持ちが一つになったと4年前を振り返る。腐女子視点で言うならば何かまるで彼氏の自慢比べのようにも見えてしまいましたね(笑)刹那にとってロックオンは自分が所属していた組織が彼の家族を殺してしまったという事への罪悪感とそれでも暖かく接してくれたロックオンへの思い。

ティエリアは、ヴェーダから見放されマイスターの素質を失ったと思いこんで落ち込んだ際のロックオンの励ましと、自分を庇ってロックオンの効き目である右目を負傷してしまったこと…などをあげていましたね。

そこへ三木さん登場。「三木さ~ん」「ミキシン!」とファンの声が聞こえる。熱演するのは…そうあのシーン。「お前ら、満足か?こんな世界で…俺は…嫌だね」…そうあそこ。サーシェスを狙って家族の敵を討ちたいと壊れたデュナメスとハロを置いて自分だけ飛び出していくところから。三木さんの息づかいとか「ねらい打つぜぇえええ!」という声の迫力は生ならではこそ。来て良かったと思う瞬間でした!三木さんが演じ終わった後拍手が起きていました。

3.LOVE TODAY / Taja (ガンダム00 挿入歌)
写真が散らばるような映像がスクリーンに散らばる中、Taja熱唱。初めてフルで聞いたのですがかなりいい曲でした。しっとりしていて会場はもう座ったまま聞き入る状態。このアーティストだけ全員座りでした。終わった後にボイスパーカッションで出てきたのはORANGE RANGEの人のような気が…

■【声優さんによる生アフレコ】その3■
今回はアレルヤ・ハレルヤな二重人格の吉野さんの話。刹那とティエの会話によると、ティエリアがソレスタルビーイングに残っていて生存したフェルト等はまだいるが、スメラギは辞めたという話があったような。そしてアレルヤが行方不明だという。敵に監禁されてるらしいのですが…。吉野さん登場の時一番の歓声。「よっちーんっw」という声があちこちで響き、きゃ~という歓声まで。アレルヤ視点で始まり、ソーマピーリスがマリー・パーファシーという昔自分を救ってくれた女の子だということに気づかなかったが今思えばあれほどまで強い脳粒子波は彼女しかなかったという話をする。

そして、話は自分と同じような人間を作った人革連の超人機関をつぶしに行くシーン。聞いていると息を飲む感じです。殺したくないというアレルヤと、殺らなければ殺られるというハレルヤの葛藤がもう会場で吉野さんの声を聞いているだけで分かるという。吉野さん大熱演。

その後、最終決戦時にアレルヤとハレルヤとの融合も演じられて会場からは終了後に大きな拍手と大歓声が。これはもう何というか…ここまで凄いとは思ってなかったというか…あそこまで一瞬にして二人のキャラを演じきれる吉野さん…凄すぎ。

4.罠 / THE BACK HORN (ガンダム00 ED)
公式では参加アーティストに入っていたのですが本人が来てなかったので映像のみ。歌っている映像もありましたが…本人来て欲しかった。

■【声優さんによる生アフレコ】その4■
2期に向けての映像と声優さん達による熱演。この辺ちょっとあやふやです。

5.Ash Like Snow / the brilliant green (ガンダム00 OP)
「こんにちは~…ぶりりあんとぐりーん、です」と何かだるそうだけどかなり癒し系可愛いボイスのTommyが話すMC。「皆様に、残念なおはなしがあります……私たちで出演アーティスト最後です」ということで盛り上がって始まったブリグリライブ。けだるそうな喋りとは打ってかわって歌声は凄い響き渡ってました。盛り上がりは最高潮。歌い終わった後、「ありがとうございましたぁ」とTommyボイスで言った後、「あ~つかれたぁwばいびぃ~」と去るのがかなり可愛くて会場から「かわい~」の声が。

そしてここで一応終了。00は初期OPのラルクが活動休止中、EDのTHE BACK HORNがいなくてかなり曲数的に短かったです。2期もまだですしね。ここでアンコールが会場中に。

【アンコール】
声優陣による感想が言われてました。00からで三木さん→神谷さん→吉野さん→宮野さんでした。00で印象的だったのは、宮野さんが感想は自由に話せるのがいいですねと嬉しそうに話していたら、噛んでしまって自分で自分の頬をたたいてました。か…可愛らしい。「まも~」という声が会場に響きましたね。

ギアスは、櫻井さん→小清水さん→ゆかなさん→福山さんの順でした。櫻井さん大はしゃぎで「してみたかったことあるんでいいですか?」とかけ声をしてお客さんがから「オー」とか「イェーイ」とか言ってました。小清水さんはカレンの黒の騎士団の服を着て宣伝してました。ゆかなさんはまたファンの声が聞こえたのですが、何か本人おっとりほわほわの人で話すとロリ声でかなり話していることは支離滅裂なんだけど可愛らしくて会場を沸かせてました。福山さんは最後に声優やっていて武道館来ることがあるとは思わなかったということであと7本でギアスが終わるという話をして最後はみんなで手をつなぎ頭の上に上げ例をして終了。

そんな1日目でした。2日目は1日目と違ったなと思うところを重点的に書きたいと思います。ひとまず…休憩します。
関連記事

Theme:機動戦士ガンダムOO - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。