Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ DEADLOCKTOPDRAMA CD ≫ DEADLOCK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

DEADLOCK

昨夜結構寝たおかげかかなり楽になりました。でもどこかしら眠たい雰囲気があって、これは何か体ら寝よう寝ようとそっちの方に働いているのかと思うところです。先月から特に酷くなってきていますが、春だから仕方ないかなとそれだけのようなものです。酷かったらまた耳鼻科ですね。

DEADLOCKDEADLOCK
(2007/10/31)
イメージ・アルバム、中村悠一 他

商品詳細を見る

朝起きてちょっと余裕があったのでシヲさんからのCDをiPodに入れて聞いていました。久々にBLCD。内容も深そうな話でした。最初はちょっと刑務所の話と言うことから話聞き始めたとき「ハードだ…何だかかなり」と思っていたのですが続いていくと段々感情移入していました。主人公が中村悠一さんの声でユウトという日系アメリカ人で上ジャケットの左側。同室が安元洋貴さんの声でディックという金髪碧眼な男の人。

他にもイトケンさんや三木さんが出てましたよ。三木さんなんて凄い重要キャラだったし…。他には鈴木千尋さんが見た目が凄く女らしい(いや、ほぼ女の人)シスターの役でした。女しゃべりが凄く上手で、本当の女の人よりある意味女らしかったですよ。お上品だ。

で、話ですが、主人公ユウトと同室のディックの関係はうらやましいほどでした。いや~こういう信頼関係っていいなと思うところ。ユウトに関しては結構痛々しいシーンがあったのですがディックに救われた感じだ…ホント。途中でその辺が痛々しくて痛々しくて仕方なかったので。

三木さんのネイサンは凄くおいしいキャラっぽかった。いろんな意味で。ユウトには接触できるし、ラスト方向おいしいところ全部持って行った感じだし。多分彼が一番のキーパーソン。

イトケンさんのミッキーはやっぱりこういう人がいると明るくなるな~という感じ。リーダー格のネト(声:三宅健太さん)は出てくると威厳があって落ち着いたし…。

しかし、やっぱり主人公組は好きでした。ディックは最後殺人犯を追って脱獄するし、ユウトはその殺人犯の情報を提供するということで釈放されるし…この後どういう風に繋がるかかなり気になる。

小説版も読みたくなった感じです。声優さんの演技もすばらしいし、これ作品としてかなりいいと思いますよ。今まで聞いた作品の中で結構P.B.Bが好きだったんだけどもこれも私的上位に入る感じだ。オススメですね。ただ、ちょっとハードなシーンがあるので(刑務所だけに)そこだけ苦手な人は注意って感じですね。私はホント、ディックの対応とかユウトの強さに救われた感じですよ。


余談ですが、最近やったBL眼鏡ゲームに安元さん出ていた様子。え、誰と思ったら熱血スポーツ系サラリーマンでした。ああ、ナルホド。いい声だと思った!
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。