Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ガンダム00 22話TOPANIMATION ≫ ガンダム00 22話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

ガンダム00 22話

丁度本日外出中でリアルタイムで見ることはできず、出先で続きがやたらに気になってました。どこいっても浮かぶのはロックオンの安否…(一種自分…病気)いや、死んでないのは分かって居るんだけど怪我の容態とか…そこまでロックオンのことばかり考えていて今更ながらに気づく。ああ、自分ロックオン好きだ。最近ティエに傾いてて勿論ティエは大好きだけどそれ以上にそのティエを庇ったロックオンが気になって仕方ない感じ。

見れなかったため、家に帰ってニコ動で探す私。 いつもは結構早く見つけられるのに今回は全く。そして探し続けて19時にやっと発見。その間は劇場版CLANNADをすさみながら見ていたけども発見してからはそっちに釘付け。ロックオンはやっぱり目やられてしまっていたか…という感じ。何となく右目じゃないかなという推測はしていたんだけども、まさかホントだとは。しかも治療カプセルに3週間入ったら治るっていうのにティエのためか戦争のためか(ほぼ前者だろうけども)拒否するし。格好いいけどそこはかっこつけている場合じゃないよと思いつつも確かにマイスター一人でなかったら現実問題きついよなとアニメの心配をしてしまった感じ。そういやあの眼帯見ると伊達政宗(戦国BASARAVer.)を思い出した感じ。黒眼帯かぁ…そういやhydeもしていたなぁ。

ティエは泣いていたり、弱気になっていたりでそこをロックオンが励ましていたからどうやら立ち直った感じ。あのシーンやたらにBLだって流れていたけどもあのレベルでそう言われるともっとそういうのじゃなくて凄くBLチックなのとかどうするんだろうと思いつつ見続ける。まあそういう風に見える人には見えるのか。ティエに刹那をお手本になんてロックオン励ますのは分かるけど無理難題ふっかける。いやそれはちょっと駄目かもしれない。あそこまでのガンダム馬鹿(イイ意味で)なれないよ。むしろティエのガンダム馬鹿は怖すぎる。しばらくして刹那出撃後立ち直ったのかロックオン(とアレルヤ…ほぼ空気だったような…)に向かって「貴方は愚かだ」なんて強気モードになっていましたがやっぱりツンデレチック(いやツンデレか)なティエリア。可愛くて仕方ない。最初の時ホントどうでもいい寧ろあまり好きでない部類だったティエリアが今は見るたび可愛くって仕方ない。

刹那やっと最近主人公らしくなってきた感じ。最初の頃はガンダム馬鹿ぶりが理解不能で表情も少ないことからヒイロっぽいなと思った面もあったけども最近は違う。主人公オーラが出て尚無鉄砲さは有るけどもなんかいい感じになってる気がする。今回しっかりとトランザムでアリー・アル・サーシェス追いつめてたし…

アレルヤ…いるはずなのに蚊帳の外。ロックオンが刹那とティエをフォローすればするほど何かアレルヤだけハブられてるイメージ。意見すれば何事もなかったかのようにスメラギがロックオンや刹那に賛同しているし。気の毒すぎる。いても何だかあそこにいたねという感じがしない空気っぷり。いや、きっと空気は人気があるよ。電王もそうだったよ!きっと…

そういや沙慈が恐ろしいことになっていた。病んでたよ。あれは病まずには居られないのは分かるけども顔がかなり怖かった…あのやつれ具合は凄すぎ。

ハム。今回も迷台詞。「私は我慢弱い」それに対してビリー「分かってるよ」自然なようで不自然だよ、この台詞(笑)我慢弱いって!ビリーさりげなく流してるし!何か喋るたびに迷台詞。ハム人気分かる気がする。

トリニティとうとう兄二人、アリー・アル・サーシェスに殺される。はぁ…一番上の兄貴結構好きだったのになぁ。結局利用されて終わってしまうのは見ていて寂しい。ネーナ…も流石に目の前で兄を殺されたのは気の毒だったな…でもかなりのことしているといえばそうだし…複雑だ。

次回予告。ロックオン出撃…大丈夫なんだろうか?片目で射撃って…。
関連記事

Theme:機動戦士ガンダムOO - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。