Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 献血休暇TOPDIARY ≫ 献血休暇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

献血休暇

どうも母親が血が濃くてよく血が抜ける人なので悔しくて毎回張り合ってしまう感じです。私自身かなり血が濃いと思っていたら夏場入隊して食欲が落ち、しかも生理中だった所為か血が薄くなったらしく正常値ぎりぎりになってしまったようです。体重もグググっと落ちましたが。な、なんってことだ。それで初お断りを受けた私は決意。

――次こそは献血を!\(>x<)

ということで献血の日付を調べ予定休暇としてとりました。仕事は勿論終わるように頑張ってね。すると、母もまた取りたいということで二人で献血へ。いざ献血!まず最初の関門、血圧。毎回かなりの血圧の低さからこの時点で排除されかかるということが多い血圧。ちなみに今までで一番低かったのは上が75でした。まあこの日も心してかかったのですが上85…思わずもう一度計り直しをお願いして106まであがりました。体が反応している…そして次の関門は前回引っかかった比重(血の濃さ=ヘモグロビン量)。今回はバッチリ。ということで献血開始。開始しても安心してはいけないのは血管の細さから途中で血が止まってしまう確率有り。しかもこの日、ちょっと待ち時間が長かったので手は冷え切っている。これはヤバイ。暖かいお湯のパックを持たせて貰ったけどこれで大丈夫かと思いつつ続行。その隙に後から来た母がセット。ちょっとハンデをくれたということで、ここでスタート。どっちが早く抜き終わるか。

そして数分後…

平然と出て行く母。まだ抜き終わらない私。「ありがとうございました~♪」と軽やかな声の元母は献血車を去っていきました。

――Σ(@□@;ま、負けた!!

こっちの方が明らかに早く抜き終わったのにまたそれから数分かかりました。う、くやしい。とりあえず抜けたので良かったのですが、何か少々悔しさが残りました。母曰く「どんなに早く抜けても男の人には負けるのよね、悔しい」と。いったい貴方はどこを目指してるんだ!?そうして帰りにボールペンとリンゴジュースを水ようかんを貰っていきました。水ようかんはありがたい!あまり献血でも貰えない地域なのに水ようかんで上機嫌になりましたよ。次も貰える献血に行きたいな~。ちなみに会社に献血がくるときは仕事間の休憩にはなるけどもそれ以外には何もないというところ。会社から出せばいいかもしれないのにね~。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。