Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 【本感想】大塚明夫『声優論』:読んでなるほど自分には色々足りなかったなと思った本TOPDIARY ≫ 【本感想】大塚明夫『声優論』:読んでなるほど自分には色々足りなかったなと思った本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【本感想】大塚明夫『声優論』:読んでなるほど自分には色々足りなかったなと思った本

声優魂 (星海社新書)声優魂 (星海社新書)
(2015/03/26)
大塚 明夫

商品詳細を見る


試し読みをしてみて何だか結構興味深いなと思い購入。ちなみに帯には黄色地に「声優だけはやめておけ。」と凄く目につくものになってました。この言葉が印象的でこれがタイトルかと思って勘違いして探していたらタイトルは「声優論」なんですよね。元々好きな声優さんであるというのと試し読みでだったので興味があれば、是非試し読みからオススメします。

内容は声優についてのこと、大塚明夫さん自身のこと、そしてこれから声優を目指す人のことなど。読み終わってみて、これほど正直に声優という職業のことを書いてくれてある本は無いんじゃないかと。

というのは私自身高校時代くらいに声優に対して憧れがあり、アニメのキャラクターを演じている人になりたいと思い高校2年途中から演劇部に入りと少し目指したことがあったのですが、その時とか読んだことがあったのは林原めぐみさんのエッセイでした。偶然から声優になれて、なれてから難しかったこと等の話はあったのですが、なるまでは養成所に通って…というサクセスストーリーのようで当時の私には、養成所という所に受かって卒業すればアニメのキャラクターの声をあてられるんだというのを夢見てました。今回の大塚さんの本でも書いてあったのですが林原さんは天才肌の人だったようで特別だったようです。なのでそんなに甘くは無いぞ…ってことなんですよね。本当に今思い返しても勘違いばかりでした。

大塚さんの本の話に戻りますが、この本…各章のタイトルがまた凄い衝撃的なタイトルだったりします。
第一章「声優になりたい」奴はバカである
第二章「演じ続ける」しか私に生きる道はなかった
第三章「声づくり」なんぞに励むボンクラどもへ
第四章「惚れられる役者」だけが知っている世界
第五章「ゴール」よりも先に君が知るべきもの

上の五章で成り立っているのですが、結構これだけ見ると喧嘩腰かもしれないと思われてしまうようなタイトルなのですが、読んでから振り返ると納得してしまいましたね。

少し紹介すると、一章は声優業界の現状について。昔と違って今は声優が多過ぎて椅子の取りあいをしているということや、若い声優が使い捨てにされるということ、声優という職業では食べていけないということやお金の話、(余程の信頼が無いと)普通はローンも組めないということなど、普段は見えていないような華やかに感じていた声優という職業に対しての現状が書かれてます。

二章は大塚さん自身の生い立ちを踏まえての話で、元々父の大塚周夫さんが声優だったということから役者にだけはなるもんかと思っていた少年時代。大学を中退してマグロ漁船に乗ろうと準備していたのですが歯の治療が間に合わず乗れなかった後、芝居の道にいくことになって自分の人生に張りが出て、自分にとって本当にやりたいことを見つけた話や、納谷六朗氏と出会って声優になった話や、父の話や山寺さんとの出会いの話、今まで関わった代表的な作品の話等大塚さんが経験した話でした。

三章は演技のことについての話。沢城みゆきさんの話や芸能人が声優をやることについて等書かれてます。ちなみに大塚さんは芸能人がCVで何が悪いと書かれているので、その辺はよくネットで言われてる声優じゃないと駄目という受け手側からとは違う、役者側からの話でした。四章は大塚さん自身が声優と認められるようになるまでやってきたこと。五章はこれからの話ですね。

声優という職業に興味があってどんな感じの職業なのか、というのともしくは日常生活で何かただ張り合いなく暮らしてる人にもちょっとオススメかもしれません。私の場合は両方の理由だったのですが、読んでからこんな生き方もあるんだなと妙にすっきりした気持ちになりました。

それと同時に当時の自分が大塚さんのように心の底から演じることが好きでどんなことをしてもこれをやっていくしか自分には道が無いなんて思えるかといえばNOだなとも思いましたね。それだけの覚悟が問われるんですがとてもじゃないですが、そこまでの覚悟なんて持ち合わせたことが無いなと。人のせいにせず自分がともなかなかできない。

当時目指そうと思ってからその時点で両親の反対や声優学校の説明会でふらふらして最終的に自分の得意だったパソコン系の専門学校に進むことになって紆余曲折して会社員になったのですが、その道も悪くなかったなぁと今思い返せばありますね。その間に得るものも結構ありましたし。ただ、アニメを見る側だけになってしまったのはちょっと残念ではあるのですが…逆に仕事にすると好きでいられるという自信は無いですね。この本を見てから声優という職業についての印象が大分ガラッと変わりました。

最後に、著者の大塚明夫さんは演技がドシッとしている印象だったけども、演技以上に本人の心もその道を信じてドシッと構えてるからなんだなと思いつつ、今まで以上に大塚さんのファンなってしまった本でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。