Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 【雑記】近況、神田明神のお花見と型月の話、最近楽しい今日この頃TOPDIARY ≫ 【雑記】近況、神田明神のお花見と型月の話、最近楽しい今日この頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【雑記】近況、神田明神のお花見と型月の話、最近楽しい今日この頃



新年度からちょっとだけ画像サイズを大きくしてみました。今までは300px×300pxでしたが、今回から350px×350px…そんなに変わらないのですが、ちょっと大きくしてみようかなと。まとめにくかったら戻すかもしれないですが。

3月30日月曜日にお花見に神田明神に行ってきました。都内では桜が満開でその週には天候が悪くなるぞ-~とか言われていたので行ってみたのですが4月4日土曜日の本日現在…確かに天候は悪くなりましたが、まだ少し桜は楽しめるようです。この時期に天候とか悪くならないといいのになと思っていたりしますね…あと春の嵐とかとか。仕方ないんだけども桜を楽しみたいと思うと勿体ない感じがするなぁと。その春の嵐も春の風物詩なんだろうけども。



神田明神のお隣には屋上庭園があるのですが16時までなので中には入れず。ロープをまたいで入っている人とかいましたが個人的には時間にこれなかったのは仕方ないのでとりあえず撮れる所から。2011年2012年とほぼ同じアングルから…今住んでる所にずっと住むということもなさそうなのでこうやって見に行ける日を大切にしたいなと思う今日この頃です。


最近先行上映会に二つ行きました。一つは「血界戦線」もう一つは「Fate/stay night Unlimited Blade Works」。

前者の「血界戦線」は、友人が物凄くファンだったのと元々作者の内藤先生がトライガンという作品の時から好きだったというので行ったのですが、大画面で見るあの世界観は迫力半端無かったですね。個人的には1話も導入部分としては好きだったのですが2話がとにかく面白かったので、その辺オススメしておきたいです。

特殊能力を使うメンバーがいたり変わりもの集まりのメインメンバーで、やるときゃやるタイプのキャラばかりなのでその辺が見ていて気持ちがいい。久々に見終わった後スカッとする爽快感のある作品でした。後から漫画でその話を確認したのですが漫画とはまた違った表現方法もあってアニメであることを最大限に利用してあるなあともうべた褒めです(笑)見終わった後、友人に誘ってくれてありがとう!って感じでしたから。本当にいいもの見た!オリジナルキャラクターも出てくるのでそのうちオリジナル展開にもいきそうな予感がしますが、この感じがいくとそこまで不安は無いかも。逆にオリキャラの子が可愛いので結構気に入っていたりします。

後者の「Fate/stay night Unlimited Blade Works」は2期ですね。ゲストにイリヤ役の門脇舞以さんがくると聞いて上映会のライブビューイングに行くことにしました。もう大のイリヤ好きなもので…。こっちは3話先行で、13話~15話だったのですが、思った以上に良かったです。というのは元々ゲームや前の劇場版等やZeroと色々見ているとどうもFateに期待し過ぎてしまうところがあって実際思った感じじゃないとちょっと落胆してしまう面もあったので、ここはFateという作品を制作であるufotableがどんな風にやるのかなと楽しみにしつついくことにしました。

で、見てきたのですが…BD-BOXの下巻欲しくなりました(笑)

追加部分の奈須さんの頑張りが凄過ぎてこれ、UBWだけどゲームとはまた別物だよと思える様な場面多々ありました。あと監督のFate愛が伝わってきて奈須さんと士郎について語りあってるとかいいなと。なので、友人で「もうFateはどうなるかゲームで分かっているので…ちょっと楽しみにくい」と言っていた子がいたのでその子にでも報告したいなと思った上映会でした。ちょっと話すと、とあるキャラの過去の話が出てきますってところでしょうか。劇場版UBWでは時間の制約があり描き切れなかった主人公に敵対する側のキャラの心情も伝わってきてそこはアニメで丁寧にやっているからもあるんだろうなと思ったりしてます。劇場版もせめて何部作かになればまた違ったUBWが見れたんじゃないかなと思うと残念だけど当時は許可が下りなかったんだよな…時代の差かな。


ところで、TYPE-MOONの作品が色々知識ありじゃないと人によっては楽しめないというイメージがあるので、簡単にオススメしにくいジャンルに感じるんですよね…個人的にはそこまで知らなくても面白いよ~と言いたいものだけども。

「七人の魔術師が七つの種類に当てはまる英霊(サーヴァント)を呼び出してペアになって、聖杯というなんでも望みが叶えられるものの為に戦う」っていうのが物語の主軸だからそこに細かなルールやイレギュラーが加わるけども、そこは出てきたときに何でだろうと思って調べたら出てくるし…気になるなら調べればいいし、そういうもんなんだと思えばそういうもので軽く流してみればいいし…。stay nightはちょっとコミカルなところとアクションのカッコよさが見どころかもしれないなと思うところ。

だから新参者でもいいとは思うんだけど…どうなんだろう。でも私も古参ではないのでそこはどうとも言えない…6年ほど前、UBW劇場版公開周辺にPS2版プレイしてた新参の部類だからなぁ。未だに自分でも昔私にFateを教えてくれて最近Fate再燃している友人に「ここの設定ってこうだからこうなるよね」とか言われても「そうだったっけ?」という程の知識だね。一時期必死に好きゆえに覚えていたけども、結局TYPE-MOONの世界自体がディズニーランドのアトラクションみたいに新しい設定とかが新しい作品がアップデートされていく設定ものだから設定とか好きな人じゃないとついていけなくなるし、間違っていた時のことを考えるとちょっと怖い。Fate/EXTRAの時とか必死でしたね…調べたりして間違いが無いかとか思いつつやっていたけども結局結構間違いがあって指摘して下さった方もちらほらいてありがたかったです。ただ、難しいんだよな…と。設定以外にも英霊になる英雄関係のことも分かっていた方が面白いし。といいつつもFate記事書くかな…私。大変なジャンルではあると思うんだよね。今の自分は大分Fateの初期の設定も抜けてきているのでvita版でやり直そうかなと考え中です。

最近そのハマってる友人が書いてた小説の影響もあって停滞していたhollowフルコンプしました。カプサバはリンのをもう少し。シロウはクリア。あの清々しいまでに明るいカプサバのシロウは災害に巻き込まれていないシロウと友人に聞いてなるほどなと。

そんなミニゲームの本編のhollowはstay nightのどのルートでもないけども、全てのルートのいいとこ取りしたような世界の後の話なのでシナリオフルコンプの少し前の後日談で、不明だったランサーのマスターであるあの人とかの話がうまくまとまって本当に終わったなぁと思う実感はありますね。やりきった。もうPC版で二回クリアした後の今回だけども。合計三回。三回目にして初めてストーリーが好きなのを選んで読めることを知り、驚いたのは数日前の話。実は今までまた見たい話は選択肢に行くように頑張っていましたね。…システム知らないにも程があるよ、自分。さて、あとはstay nightまたやろうかな。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。