Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 【CD感想】 コタニキンヤ.『This is GRAVITATION Vol.1』:カバーマキシで凄い完成度高くて聞き入りますTOPMUSIC ≫ 【CD感想】 コタニキンヤ.『This is GRAVITATION Vol.1』:カバーマキシで凄い完成度高くて聞き入ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【CD感想】 コタニキンヤ.『This is GRAVITATION Vol.1』:カバーマキシで凄い完成度高くて聞き入ります



今回のアルバムはセルフカバー+カバーのマキシシングル4曲入りです。楽曲はまだVol.1でここまで出していいのか思うようなものばかり。原曲のCDは全部持っているのですが、アレンジも変わっているし、何よりカバー曲はキンヤさんが歌っていたキャラの愁一の憧れである竜一の曲で、キンヤさんにとっても大先輩にあたるIcemanやThe Seeker(K-ITO+D.K)の曲をカバーするというのは胸が熱くなりますね。(キンヤさんもインストアライブで「胸アツでしょ!?」と言っていたけどホントそんな感じ。)当時からキンヤさんがこの曲のカバーしないかなぁとか密かに望んでいたのでかなり嬉しかったですよ!

ジャケットはグラビテーション作者村上真紀先生書き下ろしジャケット。これをキンヤさん本人が村上先生にお願いして書いてもらったというもので、この愁一が着ている服はキンヤさんのライブの衣装なんですよ。それに気付かなくてインストアライブのトークの時に聞いて初めて気付いたという。この衣装、上着羽織っている姿もかっこいいんですが、脱いだ後シャツのノースリブになるのもいい感じでした。キンヤさんいい具合に腕鍛えてるなぁと思いつつ見ていましたよ。ちなみにこの竜一と手を合わせてるのはキンヤさん(愁一)がNITTLE GRASPER楽曲(竜一)をカバーするということでこういう構図だそうです。衣装も色違いというのもまたいい!

という訳で曲感想(レビュー)です。

1.『Blind Game again』
作詞・作曲:Mad Soldiers 編曲:岡ナオキ

全曲浅倉大介さん監修入っていますが編曲はこの曲とSpicy Marmaladeは岡ナオキさん、カバー曲の2曲はTomo.さんがやられています。この曲は最初聞いた時、昔聞いた時より音が多く感じる…ちょっと賑やか過ぎるかなとは思っていたのですが何度か聞いていくとそのリニューアル感がまたいいなと思うようになっていきました。昔のアレンジも今のアレンジもどっちもいいです。決して元の音を壊しているアレンジという訳ではないのでそういう心配は無用。そして、キンヤさんの歌声も昔よりまた進化しています。声の伸びと安定感がプラスされてて昔の良さもまた生かされてるなぁ…この曲の明るさとノリの良さはグラビテーションでの楽曲で初めて聞いた時、一番印象に残っていた曲だったので今回のカバーアルバムに入っていて嬉しかったり。

この曲とSpicy MarmaladeというBAD LUCK系の曲のコーラスが川村ゆみさんで原曲とはまた違ったかっこいいハーモニーが聴けます。ちなみに川村ゆみさんは最近だとペルソナ3の劇場版の主題歌をゲーム版に引き続き歌われてます。力強く伸びがある素敵な声で歌唱力が素晴らしい方です。

2.『Sleepless beauty』
作詞:井上秋緒 作曲:浅倉大介 編曲:Tomo.

この曲は特に好きな楽曲で原曲もこれでもかというくらい聞きまくったものなのでこれをキンヤさんVer.で聞けるってだけでも感激ですよ。NITTLE GRASPER楽曲のデジロックに合わせて、いつもキンヤさんの声ってどの楽曲もいい意味の甘さがあるイメージなのですがこの曲に関してはその部分を取り払って、力強さとハードさを出していて楽曲に合わせて雰囲気大分変えてきたなぁと思った所です。本当にカッコいい。とにかくこのカバーは大成功だと思いましたよ。こんなにこの曲とキンヤさんが合うとは思わなかったなぁ…原曲より少しテンポあげてあるアレンジなのも心地よいです。

3..『Shining Collection』
作詞:Iceman 作曲:浅倉大介 編曲:Tomo.

これもカバー曲ですが、これは楽曲のイメージが変わる感じでしたね。キンヤさん風にアレンジされてます。この曲は前のSleepless…よりは普段の声のトーンに近い感じですが、やっぱりNITTLE GRASPER楽曲って全体的にロック部分が強いんですよね。その曲の強さに負けないような力強さな歌声なので…聞き入ります。個人的にこの曲の上がって下がって…とデジ音が忙しく上下して聞こえるのも元から好きなのですが、今回聞きつつやっぱりいいなぁと再確認!

4.『Spicy Marmalade』
作詞・作曲:Mad Soldiers 編曲:岡ナオキ

初めて聞いた時からアレンジが面白いなと思いましたね。出だしの音から「あれ…こんなリズムの取り方だっけ?」と思うほど。そして、コーラスの川村ゆみさんの声がかなり強めなのでキンヤさんと二人のハモりはそれも独特でいいなぁと。原曲より大分重い音ですね…で、原曲久々に聞いてみるとキンヤさんの歌い方が全然違う…ことに気付く。この曲が初めての曲だったようなのですが、結構原曲の歌い方は波打ってるんですよね。

元々楽曲のメロディもそういう音と言えばそうなのですが、それに必死に合わせようとしている感じなのが昔、今は安定感抜群で逆に曲を自分のペースに引っ張っていくような感じで、成長が凄い分かる曲だと思いましたよ。(歌い方が違うという話をこの辺インストアライブでキンヤさん御本人も言っていた話なのですがイマイチその場ではそうなのかな…程度だったけども聞き比べてみると全然違ったという)是非、昔のと聞き比べてみることオススメです。勿論昔の方も好きなのですが、このカバーアルバムホントいいなと思えた曲でした。


【インストアライブでのこと】
2015年2月22日土曜日…アニメイト池袋でインストアライブに行ってきました。レビューの中でちょこちょこインストアライブのことを触れてますが、これはいい経験させてもらったなぁと思いましたよ。豊島区のヒーロー『トシマッハ』を司会に迎えてのトークショー&ミニライブ&サイン会&握手会。かなり豪華…最初はこのミニライブ目当てにCDだったのですがそれ以上にCDの完成度が高くて再燃しましたし、これにサインと握手とか、昔テレビの中で見てCDを聞いているだけだった遠い人を目の前にするこの気持ち…高ぶりまくってました。

トークショーはこのCDについての話でジャケットの話(上のジャケットの所に書いた話)と次の楽曲のジャケットの話と。次の楽曲のジャケットはBAD LUCKになるそうなのであの3人がどんな風に描かれてるのかも気になりますね。ちなみにVol.2は5月発売…今のところ3までですが、その後はその時の売れ行き次第なので私はその後の展開も気になるので買い続けたいなと思う所です。1も大満足だったので。

後はちょっと切ない話も出ていましたね。何か公式HPで告知してもTwitterで呟いてもこうやってアルバム出すよ、活動してるっていうのをどうやって伝えたらいいんだろうって悩んでてTwitterセルフサーチされてたりしてたらしい。皆懐かしがるけどそこで終わっちゃっててそれ以上、今の活動を知ってほしいのはどうしたらいいんだろうと言われていたのですが、確かに難しいですよね…私も考え込んでしまいました。でも、キンヤさんが「もう一度DA王国を広めたい」という発言が出ていたのはかなり共感したので実現するのに微力ながら応援したいです。

あと、CDに対しても今音楽配信があるからこうやって出してもどうかなと、楽曲を作る側では日々葛藤してる…便利な音楽配信なのはわかるけどもやはりこうやって形にして出していかないと、こうやってインストアライブとかそういうのも出来ないとかいう話は時代の流れ的にどのアーティストも悩んでるんだろうなと思いつつ…。そんな話もありましたが全体的に元気で可愛らしい雰囲気のキンヤさんで見ていて和みましたね。

ミニライブは『Sleepless beauty』と『Spicy Marmalade』。手を振ってノリまくってました。最近ペンライトを持つようなライブが主だったのですが何か感覚が昔に戻ったみたいなちょっとノスタルジーというか、そういやライブってこういう何かわくわくするような感じだったよと思いつつ聞きいってました。今のライブがダメとかというのじゃなくてライブの感じも日々変わってきてるんじゃないかなって初めて気付いたという感じ。生歌本当に安定していましたね。もっと聞いていたかった…4曲全部歌うかと思っていたら時間の関係なのか何か事情なのか…今度はライブで聞いてみたいなと思いました。

後は、握手会とサイン会…もう上がりまくってしまってなんだけども少しお話しできて嬉しかった!あの当時の可愛さのまま年齢だけ重ねた感じがしましたよ。可愛カッコイイというかなんというか。ネットでインストアライブはプレゼント持っていくといいなんてみたので丁度バレンタイン近かったので池袋駅付近で買ってチョコレート持参しました。食べてくれてるといいなぁ…というわけでインストアライブ感想でした。今回ぼっち参戦でしたが、お隣のキンヤさんファンの方のお姉さんとも話せたり、他にもサインの時にここに書くといいよと、CDの下の面にあるところを教えてくれたお姉さんだったり皆親切な人ばかりでした。そして男性ファンもいましたよ。

ちなみにお隣に座っていたキンヤさんファンのお姉さん曰く、ライブも誕生日(7月)とデビュー時期(1月)には必ずやるし、キンヤバーというキンヤさんがマスターのバーイベント(これは日が指定されてるのと座席が少ないらしいので公式サイトで申し込み)とかでお話できたりとかするというお話を聞いたり、後はちょこちょこライブやっているから公式サイトチェックというのを教えてもらいました。私もライブ聞いてみたいなと思ったり…あとバーも一度でもいいから行ってみたいなぁ。


This is GRAVITATION Vol.1This is GRAVITATION Vol.1
(2015/02/10)
コタニキンヤ.

商品詳細を見る


今回Amazonのリンク貼りましたがAmazon売り切れなんですよね。元々Amazonで販売してなかったような感じもするのですが、Amazonの中でHMVのリンクがありますがこれも送料ありなのでこことか送料込でいいかもしれない。4曲入りマキシなので1,944円とシングルより高め、ミニアルバムくらいなのですが個人的にはお値段以上でした。しかし販売しているところがホント少ないのは難点なので今度はせめて全国アニメショップ+Amazonくらいは販売があるといいなと思ったり。

ちなみにこのマキシですが、oriconインディーズランキング11位でした。



oricon 週間インディーズシングルランキングより
http://www.oricon.co.jp/rank/is/w/2015-02-23/p/2/

これを機に2も3もまた賑わうといいなぁと思いつつ5月の発売日を楽しみに待ちたいなと思います。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。