Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 【漫画感想】久々にジャンプを読んだら銀魂がとんでもないことになっていたTOPCOMIC ≫ 【漫画感想】久々にジャンプを読んだら銀魂がとんでもないことになっていた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【漫画感想】久々にジャンプを読んだら銀魂がとんでもないことになっていた

少年ジャンプ 2015年2月2日号(8号)少年ジャンプ 2015年2月2日号(8号)
(2015)
集英社

商品詳細を見る

原作:西尾維新先生&漫画:河下水希先生の読み切り「僕らは雑には学ばない」が気になって買ったのですが、それ以上に銀魂が急展開で凄過ぎて読み切りの内容が霞んでしまうほど…それくらい衝撃でした。ということでネタバレ含むので以下折り畳み。


【銀魂525訓 3杯の盃(さかずき)】
何か、茂々公(将軍)暗殺という新聞と葬儀…ちなみに前の号どころかここ最近全く読んで無かったのでどうして将軍がこんなことになっているかはわからないけども、真選組屯所に銀さんがやってきて、そこにいた近藤さんから他隊士が葬儀に出払っていると伝えられ彼に酒を飲むことを誘われて一緒に飲む。盃は3つあって近藤さん、銀さん…そして将軍。一緒に酒を酌み交わして語りあう…そこに信女がやってきて近藤さんに手錠をつけ連行する準備を。喜々公(新将軍)の命令により、松平片栗虎とその部下である真選組局長近藤勲は斬首、真選組は本日をもって解散と言い渡されて次号。

いつの間にか凄い展開になってました。銀魂が元はギャグ漫画だとは思っているけども結構シビアな面もあって、それを感じたのは前の伊東鴨太郎が出てきた真選組動乱篇くらいで彼が息を引き取った場面を見て特にそう思ったり。来週どうなっているか…ちょっとネタバレをうっかりみてしまったのですがまだ確定とは思いたくないなぁ…でも銀魂はギャグ漫画というところもあるからそれこそいつもの銀魂の詐欺だと思いたいなと友人とかにこの話をしつつ思ったり。近藤さんというと銀魂の中で一番好きなキャラなのでこれからさきどうなるか心配ですね。史実通りだと…そろそろな気もするけども。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。