Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 【旅行】友人と青梅へ:なかなかいい感じにレトロな街でしたTOPTRAVEL ≫ 【旅行】友人と青梅へ:なかなかいい感じにレトロな街でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【旅行】友人と青梅へ:なかなかいい感じにレトロな街でした



今年は18切符を沢山買って使ったのですが、回数が余ってしまったので「どこかいくところない?」なんて友人に持ちかけると、悩んだ結果ガイドブックに載っていた“青梅(おうめ)”に行ってみたいということでやってきました。早速青梅駅でバカボンのパパのお出迎え。赤塚不二夫会館という赤塚不二夫さんの美術館が青梅にあるのでその関連ですね。



街全体がとにかくレトロな雰囲気で駅もそうでしたし、道行く電話ボックスもこの通り。なんか昭和な感じなのかな…。昭和レトロ商品博物館とかいくと私も昭和生まれなだけに懐かしいものも結構ありましたね。瓶のカルピスとかダイヤル式電話とか。鉛筆削り等文房具系もとにかく懐かしかったり。



そんなレトロな中。到着してお腹すいたねということでガイドブックにも載っていたお洒落なカフェ、繭蔵(マユグラ)。自然派の食事が楽しめるところのようで、地元の人も沢山きててほぼ満席状態でした。



これにマンゴーゼリー+黒豆茶がついたのですがお値段1,600円。都心と似たようなランチの価格ですが内容が濃いので仕方ないかなと食べていて思いました。健康になりそう…どれも凝った創作料理で家に帰ったら作ってみたいと思うほどでした。うーん、ホントいい感じだな。

全体的に散策という感じなので歩いている時間も多く帰りは友人とヘトヘトだったわけですが、また日常とは離れた体験でいい時間を過ごせました。東京というと都会なイメージあるけども少し離れてみると懐かしい風景も広がっているなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。