Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 【雑記】ラブライブ2期だったり、ペルソナQだったり、私がモテてどうするんだ3巻感想だったりTOPDIARY ≫ 【雑記】ラブライブ2期だったり、ペルソナQだったり、私がモテてどうするんだ3巻感想だったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【雑記】ラブライブ2期だったり、ペルソナQだったり、私がモテてどうするんだ3巻感想だったり

ラブライブ!  2nd Season 1 (特装限定版) [Blu-ray]ラブライブ! 2nd Season 1
(特装限定版) [Blu-ray]

(2014/06/20)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る

最近はすっかりスクールアイドルμ’sに夢中な今日この頃です。2期が始まった頃、1期の最後のことりちゃんの話あたりがきつかったのでどうなる事かと思っていたけども、個人回の成長ぶりや皆の絆の深まる所等を見ているとなんだかとても温かい気分になったりしてます。そしてライブがやっぱり最高ですね…スクフェスやっていて曲を覚えたから尚更のこと。

今週のはちょっと今回の大きな転機である「3年生の卒業」について触れていたので胸が痛くなったり…全体的に箱推しなのですがキャラごとに好きなところも出てきて特に最近はのぞえりコンビや、かよちんとりんちゃんとまきちゃんが気になる今日この頃です。(勿論2年生組もにこにーも大好きなんだけどね)特に元々皆を包み込むような温かい女神っぷりに惚れていたんだけども今回の年相応の彼女の一面を見た時にもっともっと気になる存在になったので、のんたんがちょっと自分の中で頭一つ出てる感じです。となるとのんたん推しになるのかなとも思うのですが皆でいる時が一番好きだと…今週それを再実感しました。歌もノリがよかったり、グッと胸に来るバラードだったり…OPEDだけでなく挿入歌も最近売れていてMステのランキング常連で嬉しい所です。



ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンスペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
(2014/06/05)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

ちょっと前までは戦国無双一色だったのですが最近はこのゲームプレイ中です。ペルソナQ…上の画面でプレイして下の画面で地図を描くという私にとってはちょっと変わった感じのゲームです。ちなみにそういうゲームは同じアトラスが出している世界樹というシリーズのものらしいのですが、賛否両論があるなか私は全体的に楽しくプレイしてます。

すれ違い通信でペルソナのデータを貰って買うことができるのですが、中々お金もカツカツでやってます。一番簡単なモードでやっているので全滅してゲームオーバーは無いのですが、敵を倒してアイテムを換金してもらって、武器や防具やアイテム買って…治療して、お金が無くなるという。なのでペルソナにまで正直お金を出してられないんですよね…悲しい。結構シビアですがやるとハマりこむので時間のある時にプレイと言う感じにしてます。すれ違い通信は最初最寄駅で一人いただけて嬉しかったのですが秋葉原が17件と凄かったですね。やはりゲームやっていそうな人の多い所に行かないといけないのか…。

今回オリジナル使用キャラの一人の玲ちゃんという女の子がいるのですがアメリカンドックをずっと持っていておいしそうで結局コンビニで購入して食べました。彼女が食べもの関連の話をよくするのでお腹がすいている時はきつくなってきたり…美味しそうだとついつい思ってしまう(笑)カロリーが怖い…



私がモテてどうすんだ(3) (講談社コミックスフレンド B)私がモテてどうすんだ(3)
(講談社コミックスフレンド B)

(2014/06/13)
ぢゅん子

商品詳細を見る

書店であったので1~2巻は衝動的に面白そう~と買ってしまったのですが個人的にかなり面白かったです。

腐女子でぽっちゃり体系の女子高生・花依(かえ)がある日好きなアニメのキャラクターが死んでしまってショックで痩せてしまってから、その綺麗さにイケメン男子4人にモテるようになってしまう話。タイトルの通り、彼女は自分がモテるよりも彼ら同士が絡んでいた方がいいという感じなので、このタイトルですね(笑)彼女を好きなあまり興味のないアニメや漫画やはてまたコミケにまでいくイケメン組なのですが今回イケメン王子様系女子の登場で急展開な感じでした。主人公がときめくこともあるのですが、それよりも男同士で絡んでいる時の輝きには劣るという生粋の腐女子。

ところどころ自分もそうだな~というところもあり主人公にも好感持てるし話としてもなかなか面白い。恋愛ものというよりも、腐女子の話がメインで恋愛はこれから発展していく感じですね。ただ、ちょっと今回の巻で残念だったのは1~2巻で出ていた花依の同類である腐女子の女の子の友人があまり出てこなかったこと。(よく見たら少しだけ出てましたが、前の巻まで程ではないかな)…多分王子様系女子の志麻(しま)の影響かなと思ったのですが、友人は友人でそのポジションでいると面白いと思うのでまた次巻にはもう少し出てくるといいなと思ってます。次は9月とペースが速いので嬉しい限りです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。