Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 【漫画感想】ちはやふる24巻、キララの星11巻、吹雪がんばります!2巻:どれも違った面白さがあってオススメTOPCOMIC ≫ 【漫画感想】ちはやふる24巻、キララの星11巻、吹雪がんばります!2巻:どれも違った面白さがあってオススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【漫画感想】ちはやふる24巻、キララの星11巻、吹雪がんばります!2巻:どれも違った面白さがあってオススメ

ちはやふる(24) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(24)
(Be・Loveコミックス)

(2014/04/11)
末次 由紀

商品詳細を見る

名人位・クイーン位決定戦…真っ只中で主人公はちはやというよりも、その周りの人々というここ数巻。これまでは元クイーンで2児の母、猪熊さん側のエピソードが強かった感じがしましたが、今回の巻は表紙通り現クイーン・若宮詩暢(千早が彼女をライバルと言って仲良くしている詩暢ちゃん)のエピソードですね。今まで少しにおわせていた彼女の孤独が今回の巻でしっかりと描かれてました。

元々かるたが友だちというエピソードはあったのですが試合中に出てきたかるたが話す描写は見ていて面白かったです。ただその描写にいくまでの苦悩は半端なものじゃなかったという。最初は挑戦者である猪熊さんのかるたの楽しさを感じていた詩暢だったが、かるたに不向きな重い大振袖を着て、控室で祖母が市議会委員なのでその看板と母に言われ…そこに千早が入ってきて差し入れをくれたのだけどもその時の「修学旅行で東日本予選出れなくて」ということを知り、気分が荒れて初の黒星。普段の彼女にはない冷静さを欠いた感じだったのですが、神社でのお参りでちはやと会ったことや、彼女のたすき掛けの影響も有り気持ちを取り戻して猪熊さんに向きあうシーンは心から応援したい気分になってきました。私的には年齢がちょっと猪熊さんの方が近くわかる感じがするので、もうどっちが勝ってもおかしくない展開だなと思います。決着はつかないといけないんだけども、どっちも勝ってほしいし応援したい複雑な感じですね。

そして、忘れちゃいけない名人位決定戦。新に勝って勝ち進んだ挑戦者・原田先生と現名人周防との試合。今は原田先生のエピソードと勝ちたいという気持ちが全面に出ている感じですが所々周防の方にも事情がありそうな感じが伺えます。詳しくは次巻になるみたいですがこの辺のエピソード…勝敗の行方、今回もいいところで次の巻です。

今回の巻は詩暢ちゃん側の掘り下げが本当に良かったなぁと思いました。22巻になってここまで掘り下げたのは初めてというミステリアスぶりでしたしね。太ったり痩せて戻したりとその時にも少し出てましたが、こうやってみると天才だけではなく努力かな彼女に今まで以上に好感が持てる感じです。千早に見せる年頃の女の子の表情もたまらない。これから先千早が上がってくることでもっともっと魅力的な感じになるんだろうなと期待してます。



キララの星(11) (講談社コミックスフレンド B)キララの星(11)
(講談社コミックスフレンド B)

(2014/04/11)
森永 あい

商品詳細を見る

ここのところ感想書けなかったキララの星ですが、主人公亜弓が自主映画の主演女優に抜擢され相手役が星という状態だったのですが、神経太い宇宙人(星)と地味でがめつい同居する女性とのコメディの話でゴキブリ対峙のシーンがあるなどなかなか斬新な映画。自分の演技の下手具合に試写会では目を覆う亜弓だったが、「次はもっとうまくなりたい」と演技について前向きな感じなのはやはり彼女自身演技が好きなんだろうな…自覚しているかはまだわからないけども。

そんな自主製作映画が、過去亜弓や星が怒らせてしまった吉川文次が審査委員長ということで見ても貰えず落選だったのではと少し責任を感じる亜弓でしたが、そんな最中モナコからの父の電話で母にゆかりがあった(飲み仲間だった)伊東プロの伊東会長が、借金を肩代わりしてもいいがその代わりに星の移籍が条件という話を聞く。自分で育てたかった星を手放すか悩むのですが、彼が移籍してくれれば立て替えではなく5億払ってもいいという条件になり、結局事務所の為とこのままここにいてもまともな仕事が貰ないだろう星のために亜弓は彼に井上プロにいくようにいう。

星の為ということを結局出ていく時に言わなかったので、彼にはお金の為だろうということになってしまってましたが、その真実を商店街の握手会の裏口で話していて和解。そのはずみでキスしようとしたところをファンにスマホで取られてしまった所で次巻。なんというか最近スマホ関係で隠し撮り多いので今に沿ってる話題だなあと。心配なのはTwitterで拡散されないかなとか思ったのですが。うーん、このままいくと星よりも亜弓の方が何かなりそうで怖いような。結局自主製作映画の審査委員長だった吉川さんは海外で会えないそうなのでこの話も次回絡んできそうです。



艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(2) (ファミ通クリアコミックス)艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック
吹雪、がんばります!(2)
(ファミ通クリアコミックス)

(2014/04/14)
桃井涼太

商品詳細を見る

艦これの中で一番オススメしたいこの漫画。いろいろアンソロとか出ていますがこの漫画はファミ通で無料で読める4コマで4コマの元となった史実等や新規書き下ろしの加筆分を加えてのコミックスです。興味をもたれた方は是非ネット公開のをまず読んでみることオススメ。

他の作品だとやはり出張っているのは金剛四姉妹か赤城、そして天龍&龍田、あと島風というイメージがありますがこれは吹雪を主人公にして色んなキャラがたくさん出てくるのが特に好きです。(それに史実に合わせたギャグもなかなかですし)特に扶桑や山城の頭につけてる艦橋アクセサリーが季節に合わせて色んな物に変わってるところとか可愛くて好み…普段は不幸キャラで影を背負っているような二人なので。後は伊勢・日向の二人のキャラ付けや追加された家具や新艦について触れるところも毎度面白い。毎度ネットの方も楽しみになりながら見てます。ちなみに、今回書き下ろしは皆のアイドル那珂ちゃんと艦娘のお部屋訪問でした。

ところで余談ですが、少し前に大洗磯前神社にこの漫画の作者の桃井涼太さんの絵馬を見かけて吃驚しました。ここは艦隊のアイドル那珂ちゃんの元となった軽巡洋艦那珂の慰霊碑があるところだったりします。大ヒット祈願と書いてありましたが、こういうコミックスの中では発売日が楽しみになるくらい好きなので是非お手に取ってもらう人が増えたらなぁと思います。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Theme:漫画の感想 - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。