Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 【ゲーム】戦国無双4を先月買ってからかなりプレイ中…采配のゆくえもゲットTOPGAME ≫ 【ゲーム】戦国無双4を先月買ってからかなりプレイ中…采配のゆくえもゲット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【ゲーム】戦国無双4を先月買ってからかなりプレイ中…采配のゆくえもゲット

戦国無双4 (通常版)戦国無双4 (通常版)
(2014/03/20)
PlayStation 3

商品詳細を見る

最近、アクションゲームにハマっていたのですが戦国無双4が出るということで少し前から注目していたこの作品。こういう雰囲気のゲームは戦国BASARAシリーズが主題歌がT.M.Revolutionという切っ掛けでプレイしたことがあったのですが、どうも無双シリーズは難しいのかなとか勝手に思っていたのですがプレイしてみるとそんな先入観吹っ飛ぶくらい面白い。2Pプレイもしてみたくてコントローラーも買いましたね。ミッションが最初は煩わしいかなと思ったのですがやっていくうちのハマるんですよね。不思議と!△ボタンの新速アクションがバッサバッサ斬れて爽快感で、わらわらと敵の兵がいる中を斬り進んでいくのは格好いいしやはり爽快です。

そんな戦国無双4にどっぷりハマっている今日この頃なのですが、昔BASARA3での大谷吉継さんが出ると知ったときの嬉しかったのですが、情報が明かされると妹と「あれはないだろう…」という内容だったので今回の無双の大谷さんは公式サイトを見る限りそんな感じでもなく、その辺が今回戦国無双4をやってみたいと思ったのが切っ掛けだったりします。

ここのところちょっとストレスがあって、どうもこの手のゲームがしたくなり、少し前に友達に三国無双6を借りたりして、その後BASARAのトリプルパックを買ってしまったのですが、「あの時は苦手だったけど実際やってみると大谷さんも違うかな~」と思って3やってみたら「人が苦しむ姿が見たい」なんてことをいう大谷さんに愕然としてしまってそのままプレイやめてしまいました。もともとはっちゃけたゲームだからいいという考えの人もいるかもだけども、個人的には昔と同じく苦手でしたね。

ところで、なぜここまで大谷吉継さんに拘るのかというと、出身地の城主というので思い入れが強かったりします。母方祖母の近所にゆかりのお寺があったりとかもするんですよね…恥ずかしながら学生時代歴史が苦手であまり日本史も教科書で出てくるような人しか知らなかったくらい無知な私だったのですが、会社に入った後歴史に詳しい人に大谷さんの話を聞いてからそんなすごい人が城主だったんだとわくわくして調べたものでした。そんな最中のBASARA3に参戦という情報を聞いて当時は嬉しかったのですが…ね。

ちなみに無双4の大谷さんはかなり落ち着いた感じの男性で友想いでした。キャラクターとしての見せ場もしっかりあって、史実をしっかり踏んでいるところは流石だなと。それで好きになりすぎて地元のツアーに申し込みしようかとか見ていました。戦国武将 敦賀城主 大谷吉継ゆかりの地を訪ねて(新しいウィンドウが開きます)たまに帰郷すると地元の活気が年々なくなってきているので、これを機にでも大谷さんにハマった方々や歴史好きの方が行ってくれるといいなと思いつつ募集サイト見ていました。ここにこのツアーで回る聖地巡礼以外のお勧めは、魚介類が美味しいのとヨーロッパ軒という名物ソースかつ丼のお店があること、北陸道の総鎮守 気比神宮や日本三大松原の気比の松原が地元では有名かなと。後は忘れちゃいけない金ヶ崎跡ですね、無双でも金ヶ崎撤退戦というのがありましたし。桜の季節になると昔よくお花見しましたね。ああ…帰りたくなってきました。

あとは、采配のゆくえもいい感じだということで探して購入しました。2008年のソフトなのでちょっと探したのですが、やってみたらこれもまたハマりこんで他のゲームそっちのけでクリアしてしまったり…

采配のゆくえ采配のゆくえ
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る

↑石田三成になって関ヶ原の合戦を采配を振るストーリーなのですが、レビューなどから逆歳と似ているところもあるかなと思ったのですがやってみるとまったく別物だったという。アニメ風のイラストの動きや相手を説得していくというところの雰囲気は似てるんですけどね。しっかりアレンジされてる感じでしたね。この大谷さんも無双とは違っていい雰囲気でした。

というわけで最近はひたすら無双です。ちょうど「信玄公祭り」に行く機会があり、松平健さんの信玄公に惚れ惚れでした。山本勘助役の真砂皓太さんは今回初めて見た俳優さんだったのですが渋くて格好良かったです。ラッキーなことに当日にキャンセルが出て特別観覧の出陣式を見ることができました。こんな前日に決めて決行してしまった旅行だったのですが予想以上に得るものが多かったですね。最近はすっかり戦国時代の書籍やテレビ番組をみるのにもハマっている今日この頃です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Theme:無双シリーズ - Genre:ゲーム


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。