Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPDRAMA CD ≫ 【ドラマCD感想】 「岩鳶高校水泳部 活動日誌1」:ドラマCDならではの凄い破壊力でした(笑)

【ドラマCD感想】 「岩鳶高校水泳部 活動日誌1」:ドラマCDならではの凄い破壊力でした(笑)

TVアニメ Free!ドラマCD 岩鳶高校水泳部 活動日誌1TVアニメ Free!ドラマCD
岩鳶高校水泳部 活動日誌1

(2013/08/21)
ドラマ、島﨑信長 他

商品詳細を見る

実は発売日前日(フラゲ日)にしっかり届いていたのですが、少し時間が経ってしまいました。なかなか内容が濃くて面白かったです。ジャケットの話なのですが、真琴&遙←凛と渚と怜の図で相変わらずの真琴の優しい表情に真琴好きとしては顔がにやけました。絵の違和感が気になったのは凛ですね。何か普段のアップになった時のようなイケメンさが足りないというかなんというか。そして遙の視線が真琴の方に向いているのでボッチ感が否めないですよ。次はもう少し距離が近いといいんだけども。江ちゃんじゃないけども昔みたいにできたらいいんだけどなとつい思ってしまう。

タイトルは岩鳶高校水泳部活動日誌ですが、鮫柄の話もしっかりあるドラマCD。盛り沢山でした。以下ネタバレ含む感想です。


01. とある日常の一コマ (脚本:西岡麻衣子)
遙、渚、真琴のタイムは日々上り調子だったが、怜は伸び悩んでいた。現在フォームを改良しているそうだが、「そういう時は伸びない」と言う真琴を遮り、渚は「体毛を剃ればいい」という話を持ちかけ怜を強引に更衣室に連れ込んでしまう。残った遙と真琴と江の会話。「高校生で剃ってるヤツはいないんじゃないか」という話で江は「お兄ちゃんは剃ってますよ」と平然と話す。

体毛を剃ればいいときたかと吃驚したドラマCDのスタート。水の抵抗を考えて体毛を剃るというのは水泳選手というと普通の考え方なのかもしれないけども、初めて聞くと少し過激な内容に聞こえるのは何でだろう(笑)多分、怜の悲鳴があったのもあるかもしれないけども。意外にそれを止めない真琴と遙と江っていうのは吃驚でしたが。遙はすっかり渚の押しに負けていたけども、真琴は止めると思っていたけどな…微笑ましげに見ている感じでした。公式WEBラジオ「イワトビちゃんねる10回放送」で試聴できたので興味があれば是非!

02. 水着開発 (脚本:西岡麻衣子)
テレビで魚のぬるぬるを表面に付けた水着が開発されたというのを見たと言う渚が、表面がぬるぬるならばいいということでスライム状のものを真琴と怜につける。遙はそれで入るとプールが汚れると言うが、結局プールサイドでぬるぬる滑って三人はプールに落ちてしまう。

ぬるぬるですか。前にそういう関係のを別の作品ドラマCDで見たことがあるのですが、ここでもか(笑)買うといっても高いから自分で何とか代用して似たようなものを作っちゃおうとやるのは学生時代によくやったものですが、そんな感じが妙に共感しました。しかし、これに関しては水マジで汚れそう…。水好きな遙にとってはこのドラマCD内で唯一不快な感じがあからさまに出てるくらいですよ。怜だけでなく真琴も渚の餌食になってしまう今回。真琴がそんな状況でもやはり遙はマイペースだったという。水>真琴なのかもしれない。逆の立場だったら助けそうだけども。

さて、今回出てきた水着。そういう水着があるとは知らなかったので調べてみると、ジェル加工された「ミズノアクセルスーツ」についての記事がひっかかりました。ちなみに2008年の4月の記事でのことなので、渚が言ってた最近発売された…とのことでこの作品自体が2008年のことなんだなということが意外なところからわかりました。そう考えると凛や真琴の着用している水着が現在禁止されている水着なのも納得。

(2010年から男性は、臍(へそ)から膝(ひざ)までだそうなので、あと布地も「繊維を織る・編む・紡ぐという工程でのみ加工した素材」らしいです。wiki「レーザー・レーサー」の記事より

03. もし彼氏にするなら? ~岩鳶編~ (脚本:西岡麻衣子)
遙と怜が自分でお弁当を作ってきていて、真琴が母親のお弁当というところからヒントを得て、渚はもしも女の子だったら誰を選ぶかという話を聞く。怜は自分自身といい、真琴はみんなそれぞれにいい所があるから選べないといい、遙は真琴が楽そうだからと選ぶが、その後渚の鯖につられ結局渚に…がっくりくる真琴。

彼氏にするなら?なんていう話題なので江ちゃんかあまちゃん先生が言っている関連の話かと思いきや、何と岩鳶水泳部の男子4人の話でした!全体的に渚が話題提供して周りがそれに対して…という話なのですがこれもそんな感じで、お弁当を持ってきた怜から発展させてその話になるという高度な話転換(笑)こういう話に乗らないのかなと思いきや皆結構食い付きがいい。しかし、何かこの話の真琴は少し黒い気がする。いくら怜が自分のセールスポイントを暴走して語るからって、真琴「あ、ハル。今怜のことテレビ通販みたいって思ったろ?」遙「何でわかる?」真琴「俺も思ったからね」なんてやりとりを本人の目の前でするかなと。一応怜は渚に対して盛り上がってるから直接聞こえてるかは不明だけども、個人的には何かひっかかってしまった。みんないいところがあるから選べないと言った真琴はそんな感じはしていたけどもね。

しかし、その後の遙の「真琴」と即答したにもかかわらず鯖につられるところはお約束かもしれませんが好きでしたね。やはり最後落とさないと(笑)

04. もし彼氏にするなら? ~鮫柄編~ (脚本:西岡麻衣子)
凛の面倒見の良さに対して褒める似鳥と御子柴部長。似鳥に「しっかりした方がいい」とアドバイスする凛に対して、「俺はしっかりしてるぞ」と自画自賛する御子柴部長に対して「部長なんだからしっかりしてないと駄目だろう」という話から似鳥が「松岡先輩もしっかりしてる人がいいんですか?もし先輩が女の子だったら僕と部長どっち選びますか?」という質問を凛に投げかける。凛は嫌がるが部長が悪ノリした為、凛は二人と出かけた場合を想像してみるが選べなくてお手上げ。

凛の妄想が絶好調だったこの話。自分が女の子で彼氏が御子柴か似鳥どちらかというのを想像して、時間に遅れてきてかなりアバウトな感じの御子柴部長と、時間よりかなり早く来て綿密な計画の元、動く似鳥にどっちも嫌だとの結論だったのですが、男同士のデートを妄想できる凛が凄いなと。こういうところを見ると口では反発しながらも素直でまっすぐなんですよね、凛。妄想内での二人の反応が現実にありそうな感じで確かにどちらにしても凛は苦労するかも…と思ってしまいました。友だちとしても苦労しそう…(笑)

05. 合宿 (脚本:西岡麻衣子)
海岸にテントを貼って…という5話~6話の合宿内で書かれなかったお風呂の話。旅館のお風呂を借りれることになり、皆でお風呂を借りることに。筋肉がつきやすい真琴の筋肉に渚が触れて筋肉の話になり、筋肉をつけたい渚に怜がトレーニングメニューを組む約束をしたり…後は各々のイメージ動物について遙が考えて話す。

合宿中は怜が溺れたりとバーベキューシーン以外は緊迫したシーンのイメージがあったのですがこんな話があったのだよという補足。各々のイメージ動物について話している途中に、渚&怜が二人の会話になったので真琴と遙が二人で話していたというラストのところ。ハルの思っていることは何でも分かるという真琴に心の中を当てられて何度も質問し返すとかたまに子供な面が出る遙。お風呂に入る前に渚に注意するところとか真琴、この中のお母さん的役割だなと。弟妹いる影響かやはり面倒見がいいんでしょうね。

06. 渚と遙の出逢いの思い出 (脚本:横谷昌宏)
怜に「渚君が何故遙先輩に懐いているか」という話を聞かれ、渚は皆にどうしてだと思うかヒントを出して答えてもらおうとするが結局誰も当たらず。自分で話し出すがそれが思いもよらぬ理由で…

渚が低学年の頃女っぽい名前で虐められていて、三人いるお姉さんに無理やり女ものの服とか着せられていてそれを学校の子に目撃されて尚それも原因になっていたのだけども、渚の父親にもっと強くなれと言われてスイミングスクールに入って、遙と出会う。自己紹介をして遙の名前も女っぽい名前だと思い親近感を覚えて自分の話をするが遙はいつものクールな対応。水着に着替えようという話になって渚は中を見ると姉の悪戯で姉の水着が入っていてこんなんじゃ泳げないと大泣きしてしまう。そんな渚を見て自分の水着と交換すればいいと遙が女の子の水着を着て、渚が遙の水着を着ることに。周りは遙の水着姿に驚いたけど遙は全く気にしてなかった…こんな遙に渚は懐いている…ということでした。

しかし…小学生の遙が女ものの水着。昔から泳ぐことになると泳げたらいいという感じだったという…。真琴も知らなかった話だったので真琴がお休みの日の話だったのか。どれにしてもショッキングな出来事だな。それを救ってくれた遙に対して渚が憧れを抱くというのは分かる気がする。

ちなみに脚本はこの話だけ本編の1~5と7話の脚本を担当された横谷さんだったりします。ちなみに他の話は日常と氷菓の一部の話の脚本を担当された西岡さんで二人ともちょっと作風が違って面白いなと思いつつ聞いていました。何というか、女の子の水着を何とも思わず男の子が着たというのが女性目線では、なかなか思いつかないところをコミカルに描くところが面白い横谷さんと、女性がこういう話してほしい、こういうシチュエーションが好きというのを押さえている西岡さんと。どちらも魅力的でした!

07. 鮫柄学園文化祭 ~伝統の冥土喫茶~ (脚本:西岡麻衣子)
鮫柄の文化祭でテニス部はメイド服を着てメイド喫茶が伝統だと言われ凛は拒否するが結局似鳥と着ることに。しかし、御子柴部長は執事服なので問うと「1~2年はメイド服、3年が執事服」ということらしい。小柄の似鳥が似合うのは勿論のこと、凛の筋肉をうまくカバーしたメイド姿は、御子柴曰くチョモランマ級(笑)そんな時、江がやってきて…

江ちゃんの兄貴が女装しているのにかかわらずそっちよりも筋肉に目がいくところが流石かなりの筋肉フェチ!どうも凛は江ちゃんを大事にしたいという気持ちが強いのは、4の「もし彼氏にするなら」で御子柴部長が江を「江くん」と下の名前で呼ぶのが気に入らないというのにも表れているかなと。そしてあまり彼女には強く言えないという。やはりいい兄貴なんですよね。チョモランマ級の女装も見てみたいですね。あの綺麗な顔ならきっと似合うはず。まあいい筋肉ついているのでメイド服でカバーしたとしても多少は厳つい感じなんでしょうが。岩鳶水泳部でもやってほしいようなネタでしたね。似鳥はいうまでもなく可愛いのが想像できますね。声も高いしマジ女の子ってかんじなんだろうなと。


というわけで以下感想でした。イワトビちゃんねるの10回によるドラマCD2枚目のが先行で試聴できるので聞いてみるとそれもかなり面白くて予約しておいてよかったなと思いましたよ。似鳥が凛と同室になった際のベッドで上か下かで悩むところとか、凛の英語の発音の話とか…本編ではあと半分切ってしまいましたが、ドラマCDもあると思うと楽しみが増えて嬉しいですね。

TVアニメ Free!ドラマCD 岩鳶高校水泳部 活動日誌2TVアニメ Free!ドラマCD
岩鳶高校水泳部 活動日誌2

(2013/09/25)


商品詳細を見る

今回、ドラマCDもラジオCDも売り切れも続出らしくて、私は購入していなかったラジオCDが試聴したら思いの外面白そうなので、注文すると二次出荷待ちのようです。興味があれば是非。思ったより本編リンクが面白いのですっかり楽しみになってしまいました。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事

Theme:Free! - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする