Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 【アニメ感想】Free! 1~3話:水の描写が綺麗で泳ぎたくなる程、水泳に関しての情熱が凄い(追記有)TOPANIMATION ≫ 【アニメ感想】Free! 1~3話:水の描写が綺麗で泳ぎたくなる程、水泳に関しての情熱が凄い(追記有)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【アニメ感想】Free! 1~3話:水の描写が綺麗で泳ぎたくなる程、水泳に関しての情熱が凄い(追記有)

【1Fr 再会のスターティングブロック!】
脚本:横谷昌宏 絵コンテ・演出:内海紘子 作画監督:西屋太志

泳ぐのが大好きであまり感情を表情に出さない主人公・遙と幼馴染の真琴の前に後輩の渚が現れるところから話が動くFree!。そして取り壊しが決まったスイミングスクールでのタイムカプセル(昔4人で優勝したトロフィーが入っているもの)を掘りに…と3人で行くとそこには同じスイミングスクールに通っていて海外留学をしていたはずの凛と再会で、遙VS凛という展開になるのですがそこには水がなし…後日凛が通っている学校に無断でプールに入り勝負することに――…

どんな時でも水着着用…そのまま水着エプロンという遙には吃驚だった。確かに私も泳ぎに行く日は水着を着ている時もあるタイプなので、水着でも許容範囲だけれども、流石に一度水に浸かった後でもまだ水着姿だとは彼は水着以外下着持ってないのかよ!とか突っ込んでしまう位の水着率です。いやはや…替えの水着とか沢山持っているんだろうな…

スイミングスクールでの再会の時に遙VS凛の状態になり、「よし、勝負か!?」と思いきやもうすぐ取り壊すようなスイミングスクールのプールに水ないよね。しかしその時の二人の脱衣はやたらにスタイリッシュだった(笑)まるでそこまでやるとシュールなギャグ漫画の様だよ。

しっかし、渚は無邪気なんだろうけども水着着ていないからといって全裸で飛びこむのは吃驚した。しかも制服のまま真琴突き落とすし…。そんな真琴は、遙のフォロー等しっかりした面もあるのになんか全体的にやられキャラ。真っ暗なスイミングスクールに怖がる真琴に対しての渚の入る前の怖い話とか空き缶蹴っ飛ばして尚怖がらせるとか…。渚はなんか小悪魔っぽくあざといイメージがついてしまった(勿論いい意味で)

OP&EDはどんなのか想像もしてなかったけども、OPはスタイリッシュでカッコいい、EDは踊っていてコンセプトが砂漠で水を求めるというのはそうきたかという感じだった。EDの踊りが泳ぎにかかっているという考察があってなるほどな~と思ったのだけど、個人的にはそれを確認している時に各キャラが切り替わる前の目つきが渚と真琴がちょっと鋭くなってたのは気になった。普段明るかったりおっとりしているキャラだけに。

【2Fr 追憶のディスタンス!】
脚本:横谷昌宏 絵コンテ:河浪栄作 演出:河浪栄作・太田里香 作画監督:引山佳代

水泳部作ろうという渚の提案に遙と真琴がのって、顧問は遙と真琴の担任のあまちゃん先生。部としてはすぐ承認は出たのだが交換条件で使われていないプールの掃除・修復をすることに…。凛の妹である江も協力して、彼女はマネージャーになってくれることになる。そんな中真琴は夕食中、スイミングスクールの取り壊しを父に聞き、見に行くとそこには以前コーチだった笹部から凛が留学先から帰ってきた際、遙とスイミングスクールで勝負した話を聞く。結果、遙が勝って凛がショックを隠しきれずにいたらしく…真琴は、凛に電話し留守電に「水泳部を作ることにしたんだ。凛も(鮫柄学園の)水泳部入れよ」と入れておく。

遙が中学一年の終わりに水泳部を退部したという話を江に話すのだけども、その後の凛が負けた話を聞いてそれで彼を傷つけたから辞めたんだということを知る真琴。家族のシーンもあるけども真琴のできる男度は半端無い!おかずの取りあいで喧嘩する妹と弟に自分のをあげるからとかあの年齢で凄いな。他にも遙と凛の仲を修復も兼ねて凛に水泳部に入れよというメッセージとか細かな気遣いがホント凄い。

渚が周りを引っ張っていくタイプなら、真琴は縁の下の力持ちって感じだな。最初見る前から思っていたのですが真琴やっぱり好きな感じです。

今回の遙はプール修復の為道具購入に訪れたホームセンターの水槽に服を脱いで入ろうとしてました…どれだけ水好きなんだよ!(笑)その割に手先器用で美術センスが抜群。遙は日に日に不思議度が上がっていく。今回は水着Tシャツエプロンでした。(前回は水着エプロン)

今回の話で分かったのですが凛はホント努力のタイプなんだなと。遙が水泳が好きで天才肌ならば、凛は好きで努力家の方。ちょっと余談だけども、何か宮野さんのキャラクターにイケメンの努力家タイプが多いイメージがある。丁度最近だとこの間までやっていたちはやふるの太一とか。凛はイケメンなのですがギザギザの歯が気になるけどもあれは話の中で明かされるのかな?

そして、唯一の女の子江ちゃん大活躍。一話はちょい役っぽかったのですがグイグイ入ってきますね。筋肉フェチということなので私も筋肉フェチなので激しく共感。可愛いしやるときゃバッチリだし本当にいてよかったなと。

【3Fr 理論のドルフィンキック!】
脚本:横谷昌宏 絵コンテ・演出:小川太一 作画監督:丸木宣明

リレーに出る為に必要な4人にするため、勧誘を続ける渚。追々探すつもりだったが、江が取りつけてきた鮫柄との合同練習には4人必要と言われ、陸上部で棒高跳びをしている怜を執拗に勧誘するが断られ続ける。そんな中でもめげずに、毎日学校に行く前ひと駅分走る怜と一緒に渚が走ってついていき勧誘。その時に遙の泳ぎが綺麗な話をすると少し興味を持ったらしく、仮入部だけなら…ということで練習試合に参加することになるが――…

眼鏡キャラのデータマンって結構多いのかな(笑)スポーツ関係漫画とかアニメではよく見る気がする。ちなみに怜もそのタイプだと思う。そして、水泳に対しては知識だけで、全く泳げないカナヅチだったという…これは合同合宿で露わになるんだけども。何か最初っから泳げるキャラばかりなので共感してしまった…

今回は追いかけまわした渚は凄かった。そして、そんな風に勧誘していた渚に最後デレる怜もいてエンドカードがこの二人で、すっかり1年生組として仲良くなりそうな予感。

エンドカードと言えば、1話「凛と遙(少年時代)」2話「凛と遙(現在)」と大きくなったのですが今回は渚と怜。真琴だけまだ出てないな…とふと思ったのでちょっと寂しくなったり。このまま真琴が縁の下の力持ちになってしまうのは心配だな。



ハイ☆スピード!(KAエスマ文庫)ハイ☆スピード!(KAエスマ文庫)
(2013)
おおじこうじ

商品詳細を見る

そういえば原作本買いました。まだ読んでないです。設定集も同じく…どうやら過去の彼らの経緯がわかるようなので出来るだけ早めに読みたいなと思います。

追記:Amazonのリンクを貼ってありますが、表紙確認くらいで他の場所で買うのをオススメします。元々販売している場所じゃないので、転売なのか定価より高くなっているという。京アニのハイ☆スピードの特設サイトでご確認ください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事

Theme:Free! - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。