Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 【アニメ感想】ナナリー in ワンダーランド:ピクチャードラマなのですが所々動きましたTOPANIMATION ≫ 【アニメ感想】ナナリー in ワンダーランド:ピクチャードラマなのですが所々動きました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【アニメ感想】ナナリー in ワンダーランド:ピクチャードラマなのですが所々動きました

コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリー in ワンダーランド (初回限定生産) [Blu-ray]コードギアス 反逆のルルーシュ
ナナリー in ワンダーランド
(初回限定生産) [Blu-ray]

(2012/07/27)
福山潤、名塚佳織 他

商品詳細を見る

ナナリーがルルーシュに昔のようにお話を聞かせて!ということから始まったこの話。不思議の国(鏡の国)のアリスをコードギアスのキャラクターを使ってアレンジという感じですね。話はピクチャードラマで殆ど動きませんがたまに動くところもありですね。

という訳で以下感想。ネタばれは多少ありですね。


ルルーシュが語るナナリーがアリスになって進むこの話。所々にギアスの台詞が散りばめられていてギアスを知っていると尚面白い感じの話でした。収録時間は30分で登場キャラクターが多いので、喋る時間は少ないですね。その短い時間の中「その台詞はもしや!」と思われるようなそのキャラ独自の台詞を言うので、面白かったです。シャーリーのセリフはちょっと重かった(笑)

そしてキャラについてですが、何故か女性キャラの衣装がどれもセクシー過ぎ。ギリギリだろうこのライン…。特にシャーリーの衣装はどんな下着を着ているんだろうと思うほど。他にもギリギリラインのスカートのカレンとか、どのキャラも胸が大きいキャラが多い為か胸元開いた服が多いのなんの。女性陣の服に思わず釘づけでした。しかし、男性陣でも凄い人は凄い。ロロとか星刻とか特に。

あとはピクチャードラマなだけに仕方ないのですが、スザクとジノの戦いは凄かった…。アニメじゃないので勿論普通の戦闘シーンではないのですが、これはこれで面白いかも知れないというもの。NHK教育でこういうのありそうだな~と思うような感じの演出でした。ここは是非興味があったら見てほしいと思うほど。私は何か笑みがこぼれました。

最終的にスザクがジノとの戦いに勝ち、白馬のランスロットにナナリーを乗せて元の世界に…という流れだったのですが、ルルーシュの中ではやはりナナリーをエスコートする=スザクなんだなと思いましたね。いや…他に適任はいないけども。話自体がルルーシュの中の話なので(オチを見るともっと分かりますが)、何かもうルルーシュが呆れつつも楽しそうでこういうギアスの話は和むなぁと思いましたね。ピクチャードラマじゃなくてOVAでもいいほど!ルルーシュの最期がアニメ版でああだっただけにこういう話はファンとしては嬉しい感じの話でした。アニメで死んでしまったキャラも総出演でしたし。

余談ですがカノンの存在を忘れていて出てきた時に思い出しました。そういやシュナイゼルのそばに彼いましたね。あんなに存在感のあったキャラなのに忘れていた自分が不思議。そして彼の配役とコーネリアの配役は性別的には真逆でしたね。まあ…本編のキャラ見ていると納得だけども。





コードギアス 亡国のアキト 公式[http://www.geass.jp/akito/

ところで、もうすぐ亡国のアキト公開ですね。プロも見る限り真綾さんのキャラのレイラが気になって仕方ない感じですが、フルCGっぽいナイトメアも気になるので楽しみに見に行こうと思います。(どんな動きをするのが物凄気になる)しかし主人公機のデザインを見ると何故かドロッセルを思い出す…何でだろう。無理だろうけども前作のキャラとか出てくるとテンションあがりそうですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事

Theme:コードギアス 反逆のルルーシュ - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。