Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPANIMATION ≫ 【Fate/Zero】第三話 「冬木の地」:とうとうランサー登場…セイバー男装とアイリのデートシーンはツボでした

【Fate/Zero】第三話 「冬木の地」:とうとうランサー登場…セイバー男装とアイリのデートシーンはツボでした

第三話 「冬木の地」
絵コンテ:笹島啓一/演出:恒松 圭/作画監督:須藤友徳・碇谷 敦

前回の言峰がアサシンを遠坂邸に送ったのですが、アーチャーに惨敗。さて、その真意はというので今回の始まり方。元々これは作戦のうちで、言峰がサーヴァントを失ったと見せかけるために遠坂時臣と組んでいたという話。王であるアーチャーは「王の中の王ギルガメッシュ」と時臣の台詞で真名は明かされましたね。しかし、単独行動スキルがあるアーチャーに…というのは分かりづらいかもしれないなと思いつつ。「マスターから魔力供給を断っても短時間自由に動くことができるスキル」ということなのですが…そのうちに説明されるのかなと思いつつ。ちなみにその能力があるゆえに遠坂は自分のサーヴァントに対して頭が上がらないという感じですね。特に王の中でも気位の高い王なので。

アサシンを失った(と見せかけた)言峰は自分の父がいる聖堂教会へ。またその教会内では残りのアサシンが山のようにいて、失ったアサシンに対しての説明があるかなと思いきや、そこは無かったという。多分カットでしょうね。ここで一応失ったアサシンのおかげで他の陣営からは言峰がサーヴァントを失ったと思わせることができたということで有利になったという話をするのですが、その辺はブルーレイにてという感じなのかもしれません。

他のサーヴァントは霊体化で消えることができるのですが、異例に霊体化ができないサーヴァントなセイバーがアイリスフィールと飛行機で冬木の地に降りてその後デートの展開は微笑ましかったですね。騎士と姫という組み合わせでセイバーの方が身長が低いのですが、男装している感じとあの気品からか様になっているという。さり気無い仕草なのだけども、停車した車から降りる時、アイリスフィールの乗っている側のドアを開いた後手袋を外しているセイバーが紳士でかなり惚れました。あと、「姫」と呟くあのシーンも。セイバー自身、男としてやってきたので女性として侮られたり扱われたりするよりも、男性として扱われた方が本人的にもしっくりくる感じがしましたね。Zeroに出てくるどんな男よりも紳士でしたよ。そういえばセイバーといえば男装している服のことについては突っ込まれてなかったですね。そこもカットだったんでしょうか。これはちなみにアイリスフィールの趣味らしいです。

楽しくアイリスフィールがセイバーと冬木の地をまわっている間、旦那である切嗣は久宇舞弥という黒髪おかっぱの美人女性と浮気していたとも取れてしまうそのシーン。本当は部下である彼女に銃を全て預けていてその銃を受け取って確認している時、弾の交換にかかる時間が預ける前よりかかったり、娘の話を持ち出したりして気持ちが緩んでいると判断した彼女が自分の方に気持ちを向けさせることによって、気持ちを引き締めさせたというシーンなのですが舞弥に対しての記述がカットされてましたね。切嗣は舞弥を戦場で拾って自分の協力者として育て上げてきて、今回は衛宮切嗣という機械を動かす補助機械のような役割でそういうことをしただけ…ということが。

それにしても「そこのワルサーよりイリヤの体重は軽いんだ…もう、8歳にもなるのに…」と伏せる切嗣はお父さんという感じが切なすぎる。そういう娘を思う優しさや甘さが命取りになるということで舞弥は気持ちを引き締めさせたんだろうけども、こういうところ見ると優しいお父さんなんですよね…切嗣。イリヤの体重が軽い件の説明もアインツベルンの城の中での会話であったのですがカットされていたのでここも入るといいですね。あのシーンも父と子の別れ前の挨拶という感じで切ないですよ。

アイリスフィールと行動していたセイバーが海岸沿いでサーヴァントの気配に気づき、受けて立つということで行ってみるとそこにはランサーが。マスターである人物は見えていませんが、次回はこの戦いからスタートですね。男装→鎧姿、アイリスフィールの「この私に勝利を」→セイバー「はい、必ずや」と何かセイバーカッコ良過ぎじゃないかと思ってしまった今回。元々カッコいい感じはしていましたが今回のこのくだりで好感度がまた上がりましたね。正直stay nightのセイバーより男前度が高いですよ。

そういえば、書き忘れてましたが相変わらずウェイバー、ライダー陣営は面白い。言峰がアサシンを失ったことを見ていたウェイバーに対してのライダーのデコピンも凄いものだし、その後ランサーとセイバーの戦いを見ようと冬木大橋の上にのぼって見ているのもまた…。あそこは他がピリピリしているだけで癒し枠ですね。

ということで次回…30分が早過ぎる!実は何度か見直ししているのですがカットされているところはボックスで是非追加してほしいです!ボックス予約はまだ始まっていないと思うのですが特典とか付きそうですね。楽しみだったりします。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
↑にほんブログ村
関連記事

Theme:Fate/Zero - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする