Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 【TIGER & BUNNY】『正義の声が聞こえるかい』レビュー兼感想:アニメイトでフラゲ…ミニクリアファイル付TOPMUSIC ≫ 【TIGER & BUNNY】『正義の声が聞こえるかい』レビュー兼感想:アニメイトでフラゲ…ミニクリアファイル付

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【TIGER & BUNNY】『正義の声が聞こえるかい』レビュー兼感想:アニメイトでフラゲ…ミニクリアファイル付



という訳で昨日アニメイトで買ってきました。丁度アニメイトのタイバニイベントの時にキャラソンの話になって森田さんが「完売してましたよ」っぽい話をしていたのを聞いてそのまま勢いで買ってしまいましたね。

とりあえず、モノローグトークが楽しみかなぁと思っていたのですが思ったより短かったのと、歌もそれほどキャラソンと違和感のない普通な感じでしたね。これならカラオケで知らない友人の前で歌っても大丈夫レベルですかね。以下レビュー兼感想。

【ジャケット】
羽山賢二氏のジャケットイラスト。虎徹とバーナビーの持つマイクの種類が違ったりどことなく同じ場所に立っていながらアンバランスな二人という感じがしました。しかし、バーナビーのポーズは自分に酔ってる感じが…。

1.ヒーローユニット「T&B」誕生!?(モノローグトーク1)
モノローグトークの脚本は全て西田氏でした。まだツンツンの頃のバーナビー(13話までの)。会社命令でCDを出せと言われたが、お互い納得してない様子。相変わらずの掛け合いが続いていましたねぇ。そしてオジサン呼びが顕在(笑)

2.タイガー&バーナビー キャラクターソング
「正義の声が聞こえるかい」
 作詞:こだまさおり 作・編曲:山本佑介
始まり方の電子音でポップな曲かと思いきや、デジロックで爽やかさがあるような曲でした。曲の内容は応援ソング。かなり前向きの歌詞なので聞いていると不思議と元気が出てきますね。最初キャラソンと聞いてもっとアニソンチックなのかと思ったのですがそんな先入観が吹き飛ぶくらい普通に聞くことができましたね。これ、キャラソン?ってくらいでしたよ。英語パートが森田氏でピッタリでした。予告時と同じ流暢な感じでしたね。

ところで、作詞のこだまさおりさんというと、最近だとSTAR DRIVER 輝きのタクトで巫女の作詞していたのが特に印象的でしたね。他にもアニメ系に多数提供されている方です。作・編曲の山本佑介さんは調べてみると、劇場版Fateの主題歌の「Voice~辿りつく場所~」の作曲をされている方でした。他にもAKBとか声優関連に提供されてますね。

3.虎徹、ヒーローの維持(モノローグトーク2)
虎徹の歌い方にダメだしするバーナビー。彼曰く「暑苦しい」らしい。結局反論できなくなった虎徹は「俺だけに歌わせろ!」と次の曲へ。相変わらずの凸凹具合。

4.タイガーキャラクターソング
「はみだし者賛歌」
 作詞:こだまさおり 作・編曲:渡辺拓也
ギターミュージックから入ってハーモニカ…まるでゆず風なのかと思ってしまったのですが、始まってみるとまるで、こち亀のような曲調でどこか懐かしい感じでした。いい意味でオジサンっぽさが出てる曲で、虎徹のキャラクターと合っているなぁと思いましたね。

作詞は同じく、こだまさおりさん。作・編曲の渡辺拓也さんは超電磁砲EDのELISAの「Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-」の作曲されてる方でした。他にもブラスレイターのEDのいとうかなこさんの「A Wish For The Stars」もでしたがこれも好きでしたよ。

5.バーナビーの逆襲(モノローグトーク3)
「何が魂の歌ですか?」「僕がこれからヒーローの真のカッコよさを歌で証明します。貴方こそ僕の歌で感動したりしないでくださいよ」…相変わらずのバーナビー節。

6.バーナビーキャラクターソング
「POWER OF JUSTICE」
 作詞:こだまさおり 作・編曲:藤末 樹
始まり方終わりまで、ロックミュージックという感じですね。個人的にビジュアル系のロックを連想してしまいましたね。森田さんの歌い方が独特な感じでロックに合っていました。こうやってキャラソン聞いていても思ったのですが、虎徹の歌は余裕が感じられるのですが、バーナビーの歌は全力投球という感じだなと。その辺は大人の余裕なんでしょうけども。

作詞はこだまさおりさん。作・編曲の藤末 樹さんは玉置成実さんの『D.Gray-man』OP、「Brightdown」の作詞作曲や、『劇場版グレンラガン』の中川翔子さんの『続く世界』の作曲とかされている方でした。他に作曲されている曲見ても、バーナビーのロックミュージック納得してしまいましたね。

7.決裂…そして?(モノローグトーク4)
バーナビーが歌っている時もガラス越しに笑わそうとしていたのに怒ったバーナビーはそのまま帰ってしまう…その後を虎徹が追いつつフェールドアウト。


後から歌詞を見直していて思ったのですが、バーナビーがいる曲のところには所々に英語ですが、虎徹だけだと全部日本語になっているという…これって次回予告のアレにかけているのか?!とか思ってしまうほどでした。でも確かに虎徹が英語で歌うのはなんかアンバランスに思えてしまうあの次回予告効果。

聞いていてなかなか楽しめたので今度は友人とカラオケに行った時でもそっと歌ってみようかなと思います。

追記:キャラソンオリコンデイリーで6位だそうです。(尾崎EP Twitter情報で聞いて見に行きました)凄い人気ですね。

正義の声が聞こえるかい正義の声が聞こえるかい
(2011/08/24)
タイガー(平田広明) バーナビー(森田成一)

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事

Theme:TIGER & BUNNY - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。