Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 【CD感想】 T.M.Revolution 『CLOUD NINE』 A盤、B盤:想像以上に豪華でしたTOPMUSIC ≫ 【CD感想】 T.M.Revolution 『CLOUD NINE』 A盤、B盤:想像以上に豪華でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【CD感想】 T.M.Revolution 『CLOUD NINE』 A盤、B盤:想像以上に豪華でした



フラゲしたCLOUD NINE…B盤買って帰ってくるとA盤が届いていました。Amazonがフラゲ日に届くなんて珍しい…。というわけで早速、B盤をPCに入れて、A盤のDVD鑑賞。通常版はスペシャルフォトブックが特典なのですが3枚買った人もいるんだろうな。

という訳で以下感想。A盤はDVDに関して、曲に関してはB盤が多いのでそっちに合わせます。


CLOUD NINE(初回生産限定盤A)(DVD付)CLOUD NINE(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2011/04/20)
T.M.Revolution

商品詳細を見る

【DVD内容】
01.Naked arms / 02.Save The One, Save The All
(ミュージックビデオ、CM用クリップ、メイキング)

イナヅマロックフェス2010 LIVE 映像
01.Naked arms / 02.蒼い霹靂 / 03.WHITE BREATH / 04.Imaginary Ark / 05.Pearl in the shell / 06.SWORD SUMMIT / 07.crosswise / 08.Zips / 09.魔弾~Der Freischutz~ / 10.LOVE SAVER

片面2層なのでDVDですが画質は綺麗な方でした。その中にビデオクリップ、メイキング、CM…そして60分にも及ぶイナヅマロックフェスの映像と買って良かったという内容でしたね。特にイナヅマロックフェスでは久々に西川さんと大ちゃんのツーショットも見れてその辺りが特ににやにやしてしまいましたね。Pearl in the shellの演奏から参加して、次のSWORD SUMMITの間トークも有。「紹介します、浅倉大介!」という西川さんの紹介に笑顔の大ちゃん。二人の抱擁のシーンはやはりいいなぁ…。

浅「いやあの…友達がさっ、琵琶湖の畔で誕生会やるっていうからさ…なんか4~5人でバーベキューでもするのかなぁって」
西「軽い感じでねっ」
浅「来てみたらこれですよ!」
西「そうなんですよ」
浅「こんな誕生会ありますか!?」
西「いや…ほら、なんかほらなんつーかな、あんまり仰々しくなると来づらいかなぁと」
浅「これ仰々しいっ…(笑)」
<会場に笑い>

ここの掛け合いが面白かったですね。そして二人でSWORD SUMMITですよ。大興奮でした。やはりこの二人でいるのが好きだなぁと再実感しました。他にもライブシーンも素敵だったので1時間あっという間でした。これ特典ではなくて別でも売れそうなクオリティですね。

ミュージッククリップの方は完成版とメイキングがあるので、メイキングのシーンはこういうとなんですが結構シュールだなぁと思う場面もあったのですがそれをあそこまで表現できる西川さんやスタッフは凄いなぁと興味深く見てました。メイキングは特に一見の価値ありです。


CLOUD NINE(初回生産限定盤B)CLOUD NINE(初回生産限定盤B)
(2011/04/20)
T.M.Revolution

商品詳細を見る


アルバム収録曲B盤特典曲で。シングルについては割愛気味で。

01.CLOUD NINE -instrumental-
作曲/編曲:浅倉大介

アルバムの始めには欠かせないインスト。CLOUD NINE=意気揚々を表すかのような段々と気分がのっていくメロディ。テクノ要素が強くてシンセの音が心地よいです。デジタルの音の中に入っていくような感覚になりました。そしてこの後の曲、Pearl in the shellとの繋ぎが絶妙です。

02.Pearl in the shell
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

イナヅマロックフェス2010で初披露のこの曲。透明感あふれるシンセの音と力強い西川さんの歌声が融合しあった曲。音は穏やかな感じなのですが全体的には力強くて聞いていると自然に引き込まれていく曲。歌詞で思ったのは英語の曲名をそのまま歌詞で…というのは珍しいなというのが第一印象でした。(今までは殆どがタイトルは英語でも歌詞で歌うことはなかったので)タイトル通り、貝の中の真珠というのと恋愛を被せてある歌詞。

03.Naked arms
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

23rdシングル。タイアップは「戦国BASARA3」。ハードなデジロックで発売当初から聞いていて心躍るメロディライン。歌詞の内容も和風で野望あふれる武将のような雰囲気が伝わってくる。ちなみにこの曲に関してはシングルの通常版に英語版があるのでそちらの方もまた違った雰囲気で楽しかったです。

04.resonance
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

22ndシングル。タイアップは「ソウルイーター」オープニングテーマソング。最初のチチチチと下で鳴っている音がどうも時限爆弾のカウントダウンに聞こえて緊迫感を感じます。Bメロ→サビの切り変わりが激しいのが特徴で、テンポも速いデジロック。タイトルのresonance=共鳴、歌詞の「繋いだ魂の灯が…」と、タイアップのソウルイーターを彷彿とさせましたね。

05.Imaginary Ark
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

ミニアルバム「X42S-REVOLUTION」の収録曲でタイアップは、ガンプラ30周年公式テーマソング。ガンダムSEED関連のアルバムの曲なのですがどうもメロディラインでTMRのガンダム系だなと思ってしまいましたね。Meteor -ミーティア-系統に似ているなぁとも思ったり。歌詞の内容は箱舟=宇宙艦体(SEEDならアークエンジェル)、「淋しさだけで 抱き締めた人を」はSEEDに出てくるフレイっぽい感じがしましたね。

06.水に映る月
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

今回のアルバム新曲。バラードソングなのですがポップな雰囲気もあり、歌い出しは他の曲より可愛く聞こえる西川さんの声。輪唱のようなのは珍しいですね。こういうバラード曲はシングルには入らない曲なので聞いていて心地よくなりました。切ないんだけども希望が少しずつ見えてくるような曲。

07.Wasteland Lost
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

これもアルバム新曲。出だしからガンっとくるインパクトのある曲でメロディラインも上がったり下がったり…西川さんの声も加工と、とても面白い曲。アニメのOPとかに使われるとかなり盛り上がりそうな、ライブでも盛り上がりそうな感じですね。「Run Forword」とか「"It's my world!"」とかはライブでコールとか。

08.Thousands Morning Refrain
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

アルバム新曲。そして恒例のタイトルTMR曲。ゆったりとしたバラード。段々と光が差し込んでくるような希望が見えてきそうな感じですね。内容的に結婚式ソングにもいけそう。「独りの終わり 君と行く始まり」という歌詞もあるので。

09.SWORD SUMMIT
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

23rdシングル。テレビアニメ「戦国BASARA2」のオープニングテーマ。デジロック+歌詞が和風なだけでなく、面白かったのは「蒼い三日月 昇る 風は紅を纏って」ってそのまんまBASARAを彷彿とさせる歌詞でした。どこもかしこもBASARAですよ。サビ前の「互いの刃が吠える」のリズムがサビに行く前を一層加速させている感じがします。

10.crosswise
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

21stシングルカップリング曲。タイアップは、ゲーム「戦国BASARA」。この曲から戦国BASARA関連に関わったという最初の曲。刀の音が所々に入っている激しいデジロック。最初から最後まで全力疾走で駆け抜けていくような曲ですね。

11.09 (nine) Lives
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

アルバムの曲。初期のTMRを彷彿とさせるメロディ。個人的にはPIN UP LADYを少し思い出したけども懐かしいけど新しい。ここのところには無いメロディですね。しかしタイトルを調べると驚くことが、その意味が「なかなか死なない」とのこと。そう言われると他歌詞にもつながってちょっとゾッとしました。曲自体にもダークさがあるので歌詞と混ざり合って怖さを感じましたね。

12.Fate and Faith
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

アルバムの新曲。裏声を使ってる西川さんのボイスにセクシーさを感じつつ、声の加工に変わったハモリもある箇所もあって独特な感じの曲。サビに入る部分も独特…サビは、「Your fate…」の部分なんだろうけどもそのまま聞いていると分かりにくいですねぇ。前の曲も怪しげだったので怪しげが続きますね。でも何故かこの怪しげな雰囲気が懐かしく感じるんですよね。デジ音も強め。前奏の部分のリズムが面白くて好みです。

13.Reload
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介 ギターアレンジ:柴崎浩

アルバムの新曲。ギターのバラード。やわらかいシンセは入ってますがメインはギター。タンバリンの音も聞こえて哀愁はあるんだけど日常振りかえったりする感じですね。Reload…タイトルの通り、もう一回頑張るぞという気分になる曲。ちょっと応援歌っぽいイメージもあるかもしれない。

14.Fortune Maker
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

アルバムの新曲。初期のころのTMR彷彿させる歌詞と重いデジ音。メロディラインのシンセ音があるのも懐かしさを感じますね。最近なかったなぁ…と思った系統の曲。最後の「その気でかかれ!」のところは音がなくなるのは意外でしたね。

15.soul's crossing
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

22ndシングルカップリング曲。タイアップはWii版ゲーム『ソウルイーター モノトーンプリンセス』テーマソング。テーマソングらしいデジロック。所々にノイズが入ったような演出と所々に早いドラム…サビ直前の電子音は印象的。

16.Lakers
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

配信限定曲。タイアップは第65回びわ湖毎日マラソン大会のイメージソング。今回のアルバム内で一番明るくて元気になる曲。琵琶湖を意識してLakersなんだろうけども、メロディの爽やかさと歌詞の爽やかさがあって西川さん自身も強く歌い上げるよりも弾むように歌っているので気持ちが明るくなりますね。配信版では分からなかった音の細かさが今回のB盤特典でわかったので多分B盤目当ての人はこの曲目当てじゃないかと思ってしまうくらいオススメ曲です。

17.Save The One, Save The All
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

24thシングル。劇場版 BLEACH 主題歌。ロックが強いデジロック。緩やかなサビメロディから入り、ハードになって…という映画を意識した作り。そしてCメロがちゃんとあってその部分だけ声に加工してあります。好きだった箇所はサビ前の1番でいう「時代に熱っせられていく風を 何処まで追い駆けられる?」のところで音が下がって上がる部分ですね。あと井上さん歌詞がBLEACH意識して熱い歌詞。「護る思いは一人じゃない」「護る絆が一つじゃない」というのは主人公の名前、一護に掛けているのかなとか思いましたね。

18.vestige -ヴェスティージ-
作詞:井上秋緒 作曲/編曲:浅倉大介

21stシングル。タイアップはガンダムSEED DESTINY挿入歌等。ドラマティックなバラード曲で相変わらずのガンダムメロディだったなぁと思うのですが、プロモの西川さんの印象が強烈なイメージのありましたね。


全体的に今と昔が交錯するようなアルバムでした。欲を言うなら遊び心があるような面白い曲を期待したのですがそれは残念ながら今回は無しでした。その代わりに過去にあったダークな面がある曲とか明るめな曲もあったのでバランスのいいアルバムだと思いました。シングル曲は、ほぼ網羅してありますし。というわけでもうJOYSOUNDで配信中のようで早速覚えてカラオケ行きたいですね。
関連記事

Theme:T.M.Revolution - Genre:音楽


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。