Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ キララの星 3巻感想:戦隊物ネタを引っ張っていたけども面白くて笑ってしまったTOPCOMIC ≫ キララの星 3巻感想:戦隊物ネタを引っ張っていたけども面白くて笑ってしまった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

キララの星 3巻感想:戦隊物ネタを引っ張っていたけども面白くて笑ってしまった

キララの星(3) (講談社コミックスフレンド B)キララの星(3) (講談社コミックスフレンド B)
(2011/04/13)
森永 あい

商品詳細を見る

キララの星 3巻…弱小芸能事務所のマネージャーで頑張る女子高生雲母亜弓と彼女に眼鏡を取った写真を撮られた為無理やり芸能活動させられてる星輝(芸名:内山田きよし)の話。前巻は戦隊物「猛虎戦隊ニャオファイブ」のオーディションに行き見事悪役、豹牙役をゲットして撮影を開始したところだったので今回はその続きでした。

クラスの女子達にも人気が出てきた内山田きよし。学校では地味に徹しているけども輝も話題が出るたび気が気でない様子。ある日、ニャオファイブの撮影にマネージャーとして亜弓がついて行くと、他俳優と挨拶する機会があり、その中のメイン俳優の遠山潤が亜弓が秋月瑤子の娘で頑張っているというのを聞いているうちに彼女に惹かれていく。それゆえに、亜弓の輝に対する「一番目立ってた」なんていう褒め言葉だけで、輝と敵対し、一方的につっかかってくる。

ニャオファイブは亜弓のクラスの女子にも大好評で嬉しく思っていたのもつかの間、遠山が同じ学校に転校してくる。まさかの臨海学校までやってきて、輝はバレないように必死。一方亜弓は遠山に好印象だったので面白くない輝は、遠山にキララ企画に移籍してもらえといい、とどめに「おまえ相手に遠山が気の毒だ」といって喧嘩になる。翌日、カヌーに乗っていた亜弓をイノシシが襲い、そのイノシシを輝が抑えにかかえっている間に眼鏡が取れ…その素顔をばれないように防護服を脱ぎ捨て眼鏡を必死に取りに行くとそんな彼女を輝が助けて仲直り。

その夜の肝試しでひょんなことから一緒になった遠山と輝は話しているうちに実は遠山は輝と同じ、美貌ゆえに苦労してきたタイプということに気づき仲良くなれるのかと思ったのもつかの間遠山が輝が内山田とは知らず、内山田の悪口を言ってしまった為、険悪なムードからは変化なし。

BL映画(2巻で撮影があった)の試写会があり舞台挨拶をするのだがあまりのファンの激しさに恐怖する。ニャオファイブのショーも怖がっていたがファンの子供のイラストを見て出ることを決意…しかし今度は見に来た母親や若い女性のファンが彼に群がって大惨事になる。

もう出るもんか思っていた大阪でのBL映画の試写会兼舞台挨拶を亜弓の猫「マリリン」で釣られて行くことに。内山田(輝)が出ている映画の監督が好きだったのと、周りが演技大絶賛だったからか遠山は亜弓に電話し試写会の席を一つ空けてもらうように交渉する。輝は亜弓と遠山の仲がどことなく気に食わなくて喧嘩に。舞台あいさつに行くとこっそり亜弓が呼んだ輝の両親が質問する場面も。帰りに出待ちが凄く亜弓とは別行動になった輝は遠山とタクシーに乗るがそれがファンにとってBL認識をされてしまいネットで祭り状態に。それを見たニャオファイブプロデューサーは輝と遠山が一緒に歌うのを提案して…


亜弓に遠山が好意的なのが気に食わないというのが出てきた輝は見ていて楽しいです。当の亜弓自身は遠山が自分に好意的なのは自分の母親のファンだからと思っているし仕事上の関係でそれ以上でもない様子。相変わらず亜弓は仕事として輝を見ているのでお互い喧嘩しつつもうまくやっていってるのがいいかもしれない。

今回面白かったのは小ネタが多く感じられたこと。特に試写会時の亜弓のTシャツが、ストロベリーちゃんだったのは嬉しかったですね。
ストロベリーちゃんの超華麗な生活 (ゼロコミックス)ストロベリーちゃんの
超華麗な生活 (ゼロコミックス)

(2007/11/01)
森永 あい

商品詳細を見る

↑これに出てくるカエルですね。他にも映画館の前のカットがあるのですが、さりげなく「俺とアイツのXXX(僕と彼女のXXXで出てきた同人誌のタイトル)」とか「園芸少年(春KC発売と書いてある)」「温泉…ア…部(…は人が前を通っているので見えませんが極楽温泉ホッケー部のパロっぽい)」というのがポスターに。

あと相変わらず、森永先生オタク描くのがうますぎる。内山田きよし宛てに着たファンレターが前世厨(いわゆるあなたと私は前世でこんな関係があってと妄想する人)の手紙だったり、ファンの行動とか服装の絶妙な感じがよくぞここまでという感じ。いやファンタジーじゃなくてマジでこういう人いるよなと納得してしまいましたよ。自分もその一人かもしれないけども(笑)他にも、2chスレが出てきて「アッ―!」とか書き込みがそのスレの中身も興味深かったですよ。

まさか今回BL映画の話と戦隊物でここまで盛り上がるとは思っていなかったので始終笑いっぱなしでした。新キャラ遠山の出番のおかげで恋愛面や芸能面にスパイスが出ただけでなく、他にも映画でお世話になった山中監督とBL小説原作のルル子先生が結婚していたりと脇の方まで再登場していて面白かったです。

次はCDデビューという展開…戦隊物のキャラソンだと思うのですが、どういう風に持っていくか考えるだけでわくわくさせて次巻ですね。そういえば番外編に亜弓の愛猫マリリンと輝の話がありましたのでそれも面白かったです。

【過去感想リンクはこちら】
キララの星 1巻感想
キララの星 2巻感想
関連記事

Theme:漫画の感想 - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。