Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 劇場版 魔法少女リリカルなのははかなり面白くてブルーレイ買って得した気分でしたTOPMOVIE ≫ 劇場版 魔法少女リリカルなのははかなり面白くてブルーレイ買って得した気分でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

劇場版 魔法少女リリカルなのははかなり面白くてブルーレイ買って得した気分でした

魔法少女リリカルなのは The MOVIE  1st<初回限定版> [Blu-ray]魔法少女リリカルなのは
The MOVIE 1st
<初回限定版> [Blu-ray]

(2010/11/26)
田村ゆかり(高町なのは)、
水樹奈々(フェイト・テスタロッサ) 他

商品詳細を見る

劇場で見れなかったのでブルーレイは見たい!と思っていて、年末くらいに思い切って購入しました。見終わってみると買って良かったですよ。これは何度も見てしまうものですね。というわけで以下感想。

普通の小学三年生、高町なのはがフェレットの格好をしたユーノという少年に関わることをきっかけに魔法少女になり、ジュエルシードという異世界に存在した高度な魔法技術の遺産(ロストギアという)を封印していく話。元々ユーノがそのロストギアを発掘してそれを輸送している際に輸送機が事故に遭い地球に散らばってしまったから…というのがあってだけども…ユーノの力だけじゃ無理だったのでなのはに力を借りた形ですね。魔法少女の王道でやっぱりきっかけはこれですねぇ。マスコットキャラクターが少女に助けを求めるっていう。

魔法少女となるとそれに敵対する敵がいてその敵もその回収するアイテムが欲しくてバトルになるというのが多いですが、今回はそれがなのはに対になる女の子、フェイトで訳ありでした。話の大筋は二人が戦って最後に分かりあって終わりというのだけ言えばそうなのかもしれないけども、フェイトを操っていた黒幕やフェイトへの虐待は見ていて痛々しいし、なによりバトルが魔法っぽくないハードさで、これ…魔法少女だよね?と思うほどでした。

魔法少女となると呪文を唱えて戦うっていう何か可愛らしいイメージありましたが、もうこれは変身してボロボロになっても戦うという…こんな可愛らしいキャラクターからは想像もつかない激しいバトルでした。フェイトのなのはとの戦っているときの服装はかなりボロボロでしたしね。

劇場版見に行った友人の感想が「なのは、やめてあげて。フェイトちゃんのHPはゼロよ!」だったのでどれのことかと思いきや、お互いジュエルシードをかけての戦いの際のなのはのスターライトブレイカ―だったんですね。「受けてみて、これが私の全力全開!」いや…相手もうボロボロで戦意なさそうなんだけど…それでも全力で突き進むなのは。そうか…管理局の白い悪魔とか言われるのはこれか。純粋なのかそれとも黒いのかわからないけどもこのシーンには鳥肌が立った。これ、主人公だよね…無駄に破壊してるけど、いいのかこれ。(笑)しかも友達になりたい相手にそこまでやっちゃって恐ろしい子。

まあ紆余曲折あったけど最終的にはなのはとフェイトがリボン交換して「友達になりたいんだ」というなのはの言葉の通り友達になったわけですが、もうこのころから友達以上な気がしてたまらない。いや恋人っぽい演出だ。しかしこのリボン。フェイトは毎度黒リボンだったから良かったけど、なのはは普通は緑リボンだったのでもし緑のリボンだったらそれを交換だったんだろうか?それだと何か似合わない気がするなぁ。なのはの黒リボンは違和感あったけど、フェイトの白リボンは可愛らしかった。なのはは元気で可愛らしい子って感じだけどフェイトは何でも似合う美少女って感じだな。対っていいよね。白と黒の対は最高に好きです。

なのはの家のアットホームな感じとか、逆にフェイトの家の冷めきった感じとかも対だったのかなと思ったりしましたね。なのはの家に住みたい(笑)そんなお宅で育ったなのはの元気いっぱいな子っていうのはかなり好きです。逆にフェイトは護ってあげたくなるような子。彼女は母を笑顔にしてあげたいっていうけども寧ろ、あなたを笑顔にしてあげたいよと思うほど。友人とか出てくるけどアリサちゃんが可愛すぎて見てしまった。おマセだけど思考回路がホント子供っぽい。お嬢様設定と釘宮さんボイスでそれだけでこのキャラクター変身してくれないかなと思ったくらいだけど脇役なんだよなぁ。

全体的に男っていってもなのはの父と兄くらいで、主体で出てくるユーノとかクロノは男の子だからか知らないけども華があっていいなぁなんて和んでしまった。でも女だけの争いってある意味凄くえげつない感じがする。どんな時でも同性だと容赦ないもんな女性って。

というわけで支離滅裂な感想でした。劇場版見てから↓なねんぷちが欲しくなってしまった。このりぼん交換のシーンは確かに名シーンだと思う。あの橋のセット(笑)もついてくるみたいなので再現可能ですよ。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st ねんどろいどぷち なのは&フェイトセット ラストシーンVer.(ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st
ねんどろいどぷち なのは&フェイトセット
ラストシーンVer.
(ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

(2011/02/25)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る

しっかし、なのは見てから改めてPHANTOM MINDSを聞くともうフェイトがなのはに向けて歌っているようにしか聞こえないですね。劇場版から初めてだったので元になっているTV版の主題歌の「innocent starter」とかもホントそんな感じだと気付く。実は作品より水樹さん好きからカラオケとかで歌っていたけどもここまでだとは思わなかった。「僕の名前を呼んで~」なんてそのまんまだわ。というわけで主題歌もしっかり合わせてあったんだなぁとか感動。DAMで映像つきで歌えるしまた歌いに行こうかな。この間も歌ってきましたがちょっと最近歌う回数が減ってきたから練習せねば。
関連記事

Theme:魔法少女リリカルなのは - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。