Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ FATE/Zero 文庫版:発売日に買ったけどもどうも装丁が気になったTOPBOOK ≫ FATE/Zero 文庫版:発売日に買ったけどもどうも装丁が気になった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

FATE/Zero 文庫版:発売日に買ったけどもどうも装丁が気になった

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫 ウ 1-1)Fate/Zero(1)
第四次聖杯戦争秘話
(星海社文庫 ウ 1-1)

(2011/01/12)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る

実は発売日(1/11)にはしっかり買っていたFate/ZERO。

元も持っているけども文庫版が欲しくて購入。発売されてからあちこちで装丁が凝っている…紙の質がいいという感想を見かけ、Amazonのレビューを見ると、元と文庫になるときに切れるところが違うので3行追加されている…とかいろいろ細かい考察見たけども、意外にも私が気になった装丁には触れられて無かったですね。ちなみに気になったのは…



本の上の部分…このラインです。凄いガタガタなんですよね。紙がいいからなんだろうか?それともこれはデフォなのか…最寄駅の有隣堂で買った時そこにあった本は全てそんな感じだったので、他でも探すとどこもこの状態。これ…仕様かもと思って買って帰るけど何か気になる。ちなみに閉じてみるとこんな感じです。



横から見た図です。やはりガタガタしてますね…。意外にも下の部分は綺麗なんですよね。不思議だ…。しおりがついてたりカラー挿絵(背景)があったりするのでその影響かなと思いますが次回から綺麗だといいなと思ったところです。このガタガタはちょっと気になる!

ところで、Amazonレビューではカラーな挿絵が背景であることについて触れられてるけども、これはこの仕様で良かった気がする。元々のファンからしてみたら武内さんの新規イラスト期待っていうのも分からないこともないけども、初めて読むという観点から行くとこれからアニメ化もあるのでその前に挿絵なしにして脳内で話を展開させたのち、アニメ化はこうなんだよ~みたいな楽しみができるんじゃないかなと思ったりしたので。確かに元は挿絵もあり、巻頭にカラーでキャラ紹介ありの至れり尽くせりだったので挿絵等色々見たいって人はそっちの方がいいかもしれませんね。

私自身があまり文庫本の挿絵にそこまで必要性を感じていないのでそこを重要視するかどうか~というところで変わってくるんだろうけどね。あと、気になったのはちょっとフォントが古風な感じのフォント(仕様)でしたね。そこは好みが分かれるところですが、昔に母の本を読んだ時と同じ感覚がしました。古風な雰囲気は出せてるけども文字小さく感じるんですよね。読み始めると違うのかもしれないけどもぱらっと見た感じ読みづらい気がする。あとは読んでみてからだなぁ…。

しかし、文庫版になったことで持ち運びやすくなったので早速今日出かけるときに持参して行こうと思います。外でも簡単に持って行けて読めるっていうのは文庫版、凄く魅力的だと思います。というわけで次回以降も期待ですね。
関連記事

Theme:TYPE-MOON - Genre:ゲーム


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。