Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 【CD感想】「cosmic cuune(コズミックキューン)」:素敵なクリスマスアルバムでしたTOPMUSIC ≫ 【CD感想】「cosmic cuune(コズミックキューン)」:素敵なクリスマスアルバムでした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【CD感想】「cosmic cuune(コズミックキューン)」:素敵なクリスマスアルバムでした

マクロスF cosmic cuuneマクロスF cosmic cuune
(2010/11/24)
TVサントラ、ランカ・リー=中島愛 他

商品詳細を見る

昨日フラゲ日だったマクロスF コンセプトアルバム「cosmic cuune」。早速聞きました。全体的にクリスマスソングを入れたアルバムという感じでした。なのでロックとかいう感じの激しい系は無し。マクロスFのクリスマスって感じで今度のライブにはピッタリのナンバーでした。

以下、レビュー混じりの感想です。長くなるので折りたたみます。


1.Songbird 
 作詞:銀色夏生 作曲・編曲:菅野よう子 歌:ランカ・リー=中島愛

しっとりとした感じの優しいバラード曲。ピアノから始まって、菅野さんのバラードらしいメロディで今までのランカ曲よりも高めな感じがしました。今まではチャレンジするような感じの曲は愛ちゃんには、あまり無かった感じがするので、段々とここまで成長したという感じが伝わってきます。1番はピアノだけですが、2番からは他の音も入って段々と明るくなっていくので、もしかしてこれ劇場版ED曲なのかなとか思ってしまいましたね。

余談ですが、何かこういう曲となると真綾さんがふっと浮かんでしまいますねぇ。どうも菅野さんのこれ系の曲は真綾さんっていうイメージがあったからかもしれません。

2.サイレントでなんかいられない
 作詞:一倉宏 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:シェリル・ノームstarring May'n/ランカ・リー=中島愛

クリスマス全開のシェリルとランカの曲。手拍子とか入っていてクリスマスソングって感じです。最初の「take take take…」と弾むように歌っているので今から始まるパーティにわくわくしているような感じが表れてて全体的に可愛らしい歌です。歌詞も歌詞カードを見ないとわかりにくいのですが1番は「サイレントでなんかいられない」で2番は「Silent でなんかいられ Night」とちょっと面白い作りになってます。

3.星間イヴ (星間飛行クリスマスver.)
 作詞:松本隆 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:ランカ・リー=中島愛/シェリル・ノームstarring May'n

視聴の際でも思ったのですが、ランカの歌声にシェリルが基本ハモりでそのハモリの被せ方が独特。あと、最初聞いたときなんかハモりとしてあってないんじゃないかと思う面もあったのですが、聴いていくと案外しっくりくるのが不思議でしたね。原曲、星間飛行の見せ場とも言える「キラッ」はシェリルの英語になってます。「…the stars」というのは聞こえるのですが、それより前の部分がちょっと早くて聞き取れなかったですね。歌詞カードにも載ってないですよ。静かな星間飛行という感じで間の取り方が面白いのですが、まさか星間飛行がここまで変化するとは思わなかったですね。

4. ランカの「くつしたのうた。」
 作詞:Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:ランカ・リー=中島愛

後半には鈴の音が聞こえたり、合唱のハモりが聞こえたり、歌詞に「merry merry merry Christmas day」とあるように言うまでもなく、くつしたはクリスマスの「くつした」モチーフですね。実際はそこまで単調な曲作りではないのですがまるでオルガンで弾いているところで歌っているような気になるこの曲。この歌詞に出てくる「君」はアルトかなぁと思うのですが、場所によってはシェリルとも聞こえるし、何も知らない子供に向けてかもしれない…誰とも取れる歌詞な気がしましたねぇ。ちょっと意味深でした。

5. リーベ~幻の光
 作詞:岩里祐穂 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:シェリル・ノームstarring May'n

ピアノから始まるのですが、音が困惑するような雰囲気に聞こえました。歌詞もダークな感じですし。追いつめられたシェリルが強くいると自分に言い聞かせるような(一部諦めているような)歌にも聞こえて、シェリルはこういう系多いので劇場版が不安になりましたよ。歌詞に否定系が多いんですよね。「~しない(ない)」っていうのが。この曲は確実にアルトに向けて…ですね。May'nの歌い方が特に哀愁漂ってます。

6. ふなのり
 作詞:Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:シェリル・ノームstarring May'n

今回ピアノから始まる曲多いですね。リーベとは違ってこの曲はしっとり落ち着いた感じのバラード。歌詞の内容は寂しげですが希望がある感じがします。「旅を続けましょう 命果てる日まで」、「青く大きな星を漕ぐ」という歌詞はフロンティアで旅を続けるということなのかなとか思いましたね。

7. Merry Christmas without You
 作詞:山田稔明 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:シェリル・ノームstarring May'n/ランカ・リー=中島愛/
 frontier stars<アルト、ランカ、シェリル、ミシェル、クラン、ボビー、モニカ、ラム> 

今まではあまりこういうコンセプトアルバムで歌っていなかった声優さんも参加している珍しいパターンの曲。しかもダブルシェリル(笑)最初っから鈴の音が聞こえるリズムで最初はMay'nと愛ちゃんが歌って後から声優陣追加。しかしなかなか聴き分けは難しいですね。

最後の部分のMay'nの歌パート「Wishing well Kiss & tell 抱きしめたい~♪」から遠藤さんの「銀河にあふれる…」の台詞が入って「Happy Merry Christmas for You~」の部分はホント最初聞いたとき吃驚しました。「ダブルシェリルだよ!」という感じで。frontier starsという名前でみんなで歌っているので賑やかわいわいパーティな感じで聞いていて楽しくなる曲です。

8. タブレット
 作詞:Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子
 歌:シェリル・ノームstarring May'n/ランカ・リー=中島愛

シェリルとランカが二人で歌うということで、三角関係そのまま歌っているような歌詞になってました。ライバル同士のお互いがお互いの痛いほどの気持ちを知っているからどこかそのライバル相手を思いやっているような感じの歌詞で今まででは珍しい感じがします。曲は、R&Bっぽい曲調でキーボードの優しい音色と混ざりあっていて曲調も今までになかった感じで心地よいです。これ聞くと、ホントアルト鈍感過ぎだよとか思わずにはいられない。



というわけでレビュー混じりの感想でした。1月下旬には放課後オーバーフロウがでるのでそれも実は楽しみにしてます。今回はクリスマスアルバムで今までにないマクロスFの雰囲気が聞けて良かったですね。しかし、どうしてもノリ系も欲しくなってしまったのでその辺はこのシングルに期待しようと思います。

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ ランカ・リー2ndシングル 放課後オーバーフロウ劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~
ランカ・リー2ndシングル
放課後オーバーフロウ

(2011/01/26)
ランカ・リー=中島愛

商品詳細を見る


カップリングはなんとシェリルとのデュエット『Get it on―flying rock 』!
この豪華盤シングルの内容の詳細は、後報を待て!!


と公式で書いてあるので、ライオンに続くような熱い曲だといいですねぇ。ところで余談ですが、丁度ユニバーサル・バニーがでたのが去年、2009.11.25でした。久々に感想書くので、見返してみて気付いたのですがもう1年も経つんですね…全然そんな感じがしませんね。1年ぶりのアルバム。まだチケット当たっていませんが武道館夢見て歌詞、曲を覚えようと思います。

そして、最後になりましたが、本日シェリル・ノーム誕生日ですね!今更ながらに気づきました…。毎年この時期はバタバタしてしまいます。いい日にレビューが書けて良かったです。
関連記事

Theme:マクロスF - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。