Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ マクロスF 小説番外編 「フロンティア・メモリーズ」:今までの再録でしたTOPBOOK ≫ マクロスF 小説番外編 「フロンティア・メモリーズ」:今までの再録でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

マクロスF 小説番外編 「フロンティア・メモリーズ」:今までの再録でした

マクロスF  フロンティア・メモリーズ (角川スニーカー文庫)マクロスF
フロンティア・メモリーズ
(角川スニーカー文庫)

(2010/09/30)
小太刀 右京

商品詳細を見る

最後に書き下ろしの話がありますが殆ど再録で雑誌のマクロスエースやザ・スニーカー、シェリルの写真集であった小説等を一つにまとめたものって感じですね。なので全部追いかけていた人には最後の書き下ろしと挿絵くらいですね。目新しいのは。挿絵はちなみに漫画の「S.M.S☆物語」を描いていた氷堂涼二さんでした。

何か細かく感想書いていたら大分時間がかかってしまいました(^-^;

以下ネタバレ含む感想です。



「ワイヤード・ウォーリア」
ブレラの話でブレラの周りがわかるこの話。

ブレラというとインプラントの体の為、グレイスの言いなりになっていたところが多々ありましたが今回もそんな感じでの任務でしたね。ただ、いつもと大幅に違ったのは、試されていたのは誰かということ。

ブレラはグレイスの指令通り惑星ネバーに行き、コードネーム“蒼い風”ことグリニッジ・メリディアンという現地工作員にしてギャラクシー情報部監察官に接触して、共にシェリルのコンサート会場の警備でバルキリーに乗り戦うというものだった。その戦いの最中、メリディアンはブレラを庇って命を落とし、彼女をブレラがハーモニカで「アイモ」を吹いて弔っていたので、ブレラの優しさが垣間見れる話かと思いきや、それもありますがそれ以上のオチがあったという。

というのは、この監察官。試作バイオロイドというもので、『クローン培養された肉体に戦死した優秀な士官の脳を埋め込みギャラクシーに都合の良い人格を与えられた女性』で、ブレラの任務は警備だけでなく、その中での彼女の働きをテストするというものだったという話で…途中まで読んでいると、ブレラにも面倒見のいい年上の女性がいたのね~という気になるんだけど実は試されていたのはメリディアン本人だったという…。

彼女は歌が好きで生身のシェリルに憧れを抱いていたということ。そういう気持ちは作られたものじゃないと言い切りたいけども、結構ギャラクシーではフロンティアではやらないような非人間的なエグいことをやっていたという例の話でしたね。グレイスがインプラントになったというシーンもそういう感じだったのでホントギャラクシーって恐ろしい。

「インフィニティ」
シェリル写真集という名前の本に載っていたものだったので既読でした。以下は前の感想の加筆。

シェリルが病気に冒されていて…ランカがフロンティアから出て行って、ミシェルが亡くなって…の時に荒廃したアイランド1にてヴァイオリンを弾く老人と出会って同じ音楽に携わる者という感覚で話しかけたそんな話。

確かにこの老人との会話も印象的でしたが、この話の中でランカがマオとして出演していた映画『鳥の人』のサラを演じたミランダ・メリンの行動が特に心に残ったというか…お金もあって他の移民船に逃げれたのに本人はそうなってしまうとシェリルと対等に並ぶこともできないのでフロンティアに残ることにしたというのはアニメの高飛車で…という彼女のイメージがちょっと変わったかもしれない。

シェリルは相変わらず病気に冒されても格好良かったです。内心アルトに依存してしまう自分を分かっているところも弱さを認めつつ、それでも音楽に対してのめり込んでいく様はやはり彼女は、どんな時でもシェリル・ノームであり続けようと努力する努力家な人だなと思いますよ。そう考えるとランカってホント天才肌ですよねぇ。

「カブキ・ウォーバード」
マクロスプラスに出てくる主人公、イサム・ダイソン視点で描かれた、早乙女アルトの父、嵐蔵との物語。ちなみに嵐蔵がまだ青年くらいの頃の話。

惑星セフィーラにて、街でよれよれの軍服を着て耳障りな歌と強制的な募金をしていた集団を、イサムが目にしてあまりの歌声と態度に苛立って、手を出そうとしたところ、それより先にそんな彼らに「そんなものが、芸であるはずがない」と言い、嵐蔵が現れる。そして本当の芸ということで嵐蔵が演じて見せ、それに圧倒されるイサム…やはり嵐蔵も中世的でかなり綺麗のようです。イサムのポジションはアルトにとってのミハエルのような感じですね。

その後周りの人間は嵐蔵の芸に見惚れていたがその集団はまだ懲りないようで、嵐蔵に襲いかかってきたところをイサムが守って走って逃げてそこから二人が話すという。この話の見どころはやはり、嵐蔵の過去の悩みですね。アニメではアルトの厳格な父という感じでそれ以上はあまり描かれなかった(ラストでちょっと出たくらいかな)でしたが、嵐蔵にはどんな過去があったかというのが分かると尚いい。

ちなみにどんな悩みかというと、「歌舞伎役者は世襲制で、昔から言いかわした許嫁がいる。今現在廃れつつある歌舞伎をもう一度再興し銀河に広めるのが嵐蔵の夢であるが、その許嫁は体が弱く、外宇宙の旅ができるかわからない。そんな中、地球でこの歌舞伎の芸を無形文化財として保護したいという話をしてきている…地球には本当の歌舞伎役者は残っていないし、自分が宇宙で死ねばその伝統は受け継がれなくなってしまう。そういう気持ちでいたら自分が舞台であがる意味がわからなくなってしまったという」もの。

これを聞いてのイサムが言ったのは鳥に例えて、空を飛ぶためには鳥はいろんなものを犠牲にしているからそれだけいい景色が見れるんだという話をする。つまり、「やりたいことをやるためなら犠牲も必要だ」ということ。その後イサムがバルキリーに嵐蔵を乗せ、空から初めて地上を見下ろした嵐蔵は世界の中で自分がどれほど小さいかと実感する。イサムが嵐蔵をバルキリーに乗せたことが嵐蔵の世界を広げた感じでしたね。ただ、その後大型移民船落下を二人で力を合わせて防ぎ無事帰還した後、嵐蔵は自分の夢の為に移民船団(フロンティア)に乗り込むことを決意して地球行きのシャトルに乗り込んでましたね。今更ですがここで嵐蔵が惑星セフィーラまで、地球から出てきていたんだなというのが繋がる。

この話を見て、父(嵐蔵)がアルトに厳格だった理由がわかりますね。父の覚悟とアルトの覚悟じゃあ天と地の差。後々アルトも経験して少しは変わっていきますが…まだまだ父には敵いそうにない感じですね。演技でも経験でも。ただ、アニメでは厳格な父としてしか描かれてないのでこういうスピンオフは大歓迎ですね。

「グッド・フライディ」
前の嵐蔵の話とは打って変わってアルト視点の話。厳格な嵐蔵に女として育てられた彼は昔の夢を見ていて、目覚めると喉が痛くて熱がある等の風邪の症状が出ていた。というのは前日にランカの飛ばされたレポートを追いかけた際にプールに転落していたからだった。もう一度寝なおすと、昔父が病にかかったことを気付いたアルトにそのことは「誰にも言うな」といいつつ芸をしていたのを夢でみてしまう。そこにミハエルがやってきて…。

風邪の所為か艶っぽく女っぽいアルトに、戸惑うミハエル。お見舞いに来たのはいいが、夢見つつ泣いているアルトを見て挙動不審になってるし…最終的にはミハエルがシェリルやランカ等を呼んで最終的にはそばに誰かいてくれるということで凄く安心したアルトというので終わりだけども、ミハエルのアルトに対しての反応はちょいとBLテイストにも見えてしまうかも。(笑)ミハエルのアルト好きは友達以上恋人未満くらい毎度吃驚するレベル。読みつつちょっとにやけてしまいまいた。

「アクターズ・スカイ」
鳥の人の主演男優、アキラ神島がS.M.Sにバルキリーの訓練の為やってきてアルトが教える話。結果的に実践も出て…という感じでしたが、神島の気持ちの移り変わりが分かりますね。訓練の為に来ていたのに最終的に実践を余儀なくされて「契約違反だ」なんていうのだけども、戦っているうちにミハエルが射撃で助けてくれた際、アルトが神島に足りないものは『仲間へ信じて任せる心、それができないから硬い』ということを伝えて、神島は実感したのかその後の演技は大絶賛されるほどになったらしい。

今回の話はメインは神島でそれに対して世話を焼くアルトなのですが、どうもミハエルが前回の話に引き続きアルトが気になって仕方ない様子。ルカに呆れられてましたね。あと、キャシーが神島の大ファンでやたら細かく彼の事を語ってました。こんなにミーハーだとは思わなかった…。ミーナとかならまだしも。

機体の話になりますが、今回神島とアルトが乗ったのはVF-19F。マクロス7時代の機体ですね。

「ミュートスノート・オルゴール」
ブレラとランカがVF-27γ(ルシファー)に乗ってフロンティアを出て行った頃の話。とある惑星に緊急着陸したところは雪原だった。テントを張って休んでいたのだがブレラが目を離した隙(眠いっているうち)にランカが何かに呼ばれているといなくなってしまう。向かった先にはプロトカルチャーの遺跡でランカはその中心に当たる大型コンピューターに呼び出されて彼の為に歌を歌っていた…という話。プロトカルチャーの遺跡は大昔の船だったという話もあって、相変わらずランカの歌の力の影響は大きいですね。最終話直前に、こういうのもありましたっていう補足のようでしたね。

シェリルの話、「インフィニティ」と同じ時期なので歌姫の特徴が表れてるなぁと思いましたね。シェリルは自分から切り開くタイプ、ランカは誰か(何か)から引き寄せられるタイプな気がします。

「デンジャラス・ジャーニー」
修学旅行へ行こう!な今回の話。今回の小説の書き下ろしですが、青春有、戦うシーン有、勿論歌も有な盛りだくさんでしたね。アルトがシェリル、ナナセ、ランカの着付けを伝授したり、ミハエルの顔見て「脱げ」なんていうので何かと思えば着物の着方が違うという意味合いでだったり…左前は確かにダメだわ。(笑)クランも教師としてついてきてまた面白いことになってましたよ。ミハエルの暴走振りも凄かったし…アルトの風呂入っているのでドキドキっておい…突っ込みどころ満載でまた楽しかったです。特に本編にかかわってくるエピソードもなかったので割愛で。



今回の巻は番外編だけに読みにくい話とか無かったですね。かなり面白かったです。今までの中で一番お勧めかもしれない。ほぼ再録でしたが、読んでない話が多かったので良かったですね。個人的にはカブキ・ウォーバードが意外性があって一番面白かったです。

●今までの感想まとめ●
・マクロスフロンティア Vol.1『クロース・エンカウンター』
・マクロスフロンティア Vol.2『ブレイク・ダウン』
・マクロスフロンティア Vol.3『アナタノオト』
・マクロスフロンティア Vol.4『トライアングラー』
関連記事

Theme:マクロスF - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。