Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 咎狗の血1話「虚無/LOST」:これはひどい(--;TOPANIMATION ≫ 咎狗の血1話「虚無/LOST」:これはひどい(--;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

咎狗の血1話「虚無/LOST」:これはひどい(--;

咎狗の血 True Blood Portable(限定版:ねんどろいどぷちアキラ他同梱)咎狗の血 True Blood Portable
(限定版:ねんどろいどぷちアキラ他同梱)

(2010/12/23)
Sony PSP

商品詳細を見る

前の日に初回放送のMBSで微妙評価で…だったのですが、放送後…なんつかもう、1話でこれじゃあ誰も釣れないと思ってしまった、1話でした。良かった点…OP、EDの歌と声優陣ですね。

あとは脚本、演出、作画…どこをとってもイマイチとかそういうレベルのものじゃなくて…厳しいなと思わせてくれる1話。期待してたかどうかといわれると少しはいい点があるんじゃないかと思ってました。あのイラストをそのまま生かせるんじゃなくても、作画が悪かろうともストーリー面は生かすとかそういう風に…しかし1話があれじゃあ厳しい。どこか良ければ擁護使用があるのに擁護する箇所が無い…これは一体。

今回の話は、身に覚えのない殺人により罪を着せられ、トシマに行く取引に応じた主人公のアキラと幼馴染のケイスケ…トシマに入り、日本刀を操る黒いコートの男(シキ)に出会うってところまでですね。アキラがトシマに向かう際の案内人は無しでした。案内人はケイスケ的な伏線でいると思うのですがそこ削ったのは何ででしょうかね。まあ今回はアキラが荒廃した都市トシマに入った…それくらいですね。

咎狗の面白いところは確かに元がBLゲームであるというのはあるのですが、そういうシーン以上に熱いバトルシーンだと思うんですよね。(ニトロ系独特の)

殺伐とした雰囲気の中で、アキラの生き抜いていく様と周りの人間の気持の揺れ動きやバトルシーン…そして、タイトルの通り血だと思うんですよね。だからあからさまにホモホモしい…これがファンにはいいんだろ?と見せつけるようなOPはちょっとドン引きでした。別にアキラの裸出てこなくてもいいと思いますし。そういう描写もスレスレのところでやってほしいくらいで、寧ろマジで元はBLゲーなのか!?と思うくらい無い方がいい気がするのですが…。

とにかくバトルシーンが一番重要だと思うのですがそのバトルシーンがかなりガッカリだったので2話目以降考えているところです。とりあえず次回は全員集合…3話目くらいまで見てこの調子だったら流石にやめておこうかなと思います。
関連記事

Theme:咎狗の血 - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。