Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ローゼンメイデン 4巻:蒼星石表紙…綺麗すぎる!TOPCOMIC ≫ ローゼンメイデン 4巻:蒼星石表紙…綺麗すぎる!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

ローゼンメイデン 4巻:蒼星石表紙…綺麗すぎる!

ローゼンメイデン 4 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 4
(ヤングジャンプコミックス)

(2010/09/17)
PEACH-PIT

商品詳細を見る


毎度美麗ですが特に美麗な表紙の蒼星石な4巻。毎度ローゼンとなるとコミックスは買ってはいるのですが、特に続きは気になるけど感想までは…とは思わなかったのが前の巻までの話。今回は読み終わった後から新展開でとにかく感想書きたくて仕方なくなったので以下感想です。未読の人もいるかもしれないので少し閉じておきます。



真紅のゼンマイを「まかなかった世界」のジュン視点で話が進んでいましたが今回で完結。前回の時点で翠星石のローザミスティカで動いていた蒼星石でまかなかったジュン(金糸雀曰くビックジュン)が契約者という形になってました。その時の上目遣いな蒼星石も可愛かったですねぇ。(ここは3巻の話)

今回、水銀燈が一時的に蒼星石にローザミスティカを返したので、双子の庭師で脱出することができたのですが予定では蒼星石のローザミスティカを水銀燈に返すはずだったけどもアリスゲームについて疑問を抱いた水銀燈は返して貰うのを保留にすることに。水銀燈が思った疑問は『横合いから奪った蒼星石のローザミスティカは水銀燈の体を拒み苛んだのに関わらず、自分からローザミスティカを差し出した雛苺のローザミスティカと人工精霊が真紅の体を守っていた』というその差について。結局奪えばいいわけではなく、それ以外の方法ではないといけないということを水銀燈は気づいた今回でしたが、何がともあれ一時的であれ蒼星石復活ですね。まあ、めぐを取り戻すまでという制約付きといえばそうだけども…。

今回蒼星石の復活も嬉しかったのですが、まかなかった世界のジュンが自分なりの道を見つけていこうという風に前向きに成長した姿が描かれていたからっていうのが大きかったですね。うちに籠もっていた彼が斉藤さんとの会話や劇団員との会話…という風に段々と打ち解けていく姿は1巻の最初のウジウジさを吹っ飛ばすくらいの内容でした。

話はまいたジュンの話に戻りますが、まかないのも選択でまくのも選択…どっちの話も見ることができたので最初は同一人物でも主人公交代っぽくて複雑でしたが、かなり面白かったです。アリスゲームは勿論主体だけどもそれに関わって成長していくジュンも見物だなぁと思った今回の巻でした。
関連記事

Theme:ローゼンメイデン(Rozen Maiden) - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。