Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 映画 MWを初めて見る…久々にわくわくしながら映画鑑賞TOPMOVIE ≫ 映画 MWを初めて見る…久々にわくわくしながら映画鑑賞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

映画 MWを初めて見る…久々にわくわくしながら映画鑑賞

MW‐ムウ‐ [DVD]MW‐ムウ‐ [DVD]
(2009/11/06)
玉木宏 山田孝之

商品詳細を見る

突然友人に「MW見る?」と言われ借りたのがきっかけ。妹が映画を見に行っていてちょっと話には聞いていたけども実際見てみるのと大違いだった…かなり面白い。

完全犯罪という感じの緊迫した雰囲気に釘付けになってました。玉木さん演じる主人公の結城と沢木刑事とのやりとりが最後まで結城の勝利という感じだったのは吃驚だったけど個人的に一人の犯罪人を追う刑事というシチュエーションは面白いので好きですね。

最初の事件で髭をつけた玉木さんは初めて見たのでそれにサングラスで印象がかなり変わるなぁと思いつつ見てました。その変装は凄く似合っていたのですが、他に変装するところは無かったので色々見てみたかったと思うところ…あ、でも変装ではないけども神父の服着ていたなぁ。

とにかく鍛えられた身体で筋肉が綺麗。タングトップで両腕出てるとつい三角筋から上腕二頭筋あたりのラインを見てしまった…MWの役のために玉木さんが鍛えたという話を聞いたのでこの絞り具合は凄く綺麗。ただ、ちょっと痩せすぎ感がするかなぁと思っていたけどもそれはMWにかかっているという関係上仕方ないね。役作りが凄い。


そして結城と対になる神父の賀来。山田さんは厳ついイメージがポスター等で見た時はあったけども実際役としてみてみると可愛らしいというか、表情が儚く美麗な感じというか。なんかもう全体的に賀来がとにかく結城を必死に止めているので抑え役で女性っぽい感じでした。

そんなことを思っていたらwikiで「原作における澄子の言動が取り入れられており、賀来が(精神的に)女性的なキャラクターになっている」と書いてあって納得。原作を調べたらおじさんだったんですね…賀来。

山田さんは全体的に出てくる度にドキドキしてました。多分映画の賀来の役と結城を抑えるため絡みがあるからだろうけども、自分の所為でおかしくなってしまった友人を止められない苦悩っていうのがホント伝わってきて演技力が凄い役者さんだなと山田孝之さんの名前をガッチリ覚えましたよ。しかし…調べていると、映画版、電車男やっていたらしいのですが同一人物とは思えない…。


妹が先に見ていたので少し話に聞いていたのは、原作では結城と賀来は同性愛の設定があるけど映画ではそういうのが駄目になったみたいだから雰囲気だけそうらしいよと聞いていたのですが、結城と賀来の二人のシーンは確かになんか怪しげな雰囲気がありましたね。倒れた結城を解放する賀来とか、賀来に刑事を殺させた後の結城とか。全体的に玉木さんの目の動きや表情がセクシーすぎで、のだめのイメージで見ていたら別人ですよ。役者さんは流石ですよ。


そんなこんなで色々楽しく見れました。今度大奥で男性と絡みのある役を玉木さんが演じるのですがどうも綺麗な男の人は男性と…というのが多いですね。なんか自分も腐女子(貴腐人? )な部分がないわけでもないのでつい今回もドキドキしてしまった。のだめのときはどれかっていうとあまりにのだめと千秋の可愛さにときめいたんだけどもそういうほわほわした感じとは違う危険な感じがまた、たまらなかったですね。ということでこれをきっかけにまた映画館行ってきたいですねぇ。MWは劇場で見たかったなあ…。
関連記事

Theme:映画DVD - Genre:映画


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。