Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 黒執事Ⅱ 第6話「夜露(よろ)執事」 第7話「殺(ころ)執事」感想TOPANIMATION ≫ 黒執事Ⅱ 第6話「夜露(よろ)執事」 第7話「殺(ころ)執事」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

黒執事Ⅱ 第6話「夜露(よろ)執事」 第7話「殺(ころ)執事」感想

第6話「夜露(よろ)執事」

クロードとセバスチャンが水の中で絡むってなんか狙っている的な感じでしたよ。いや、綺麗だったけどね…。アロイスは相変わらずの横暴ぶりでしたね…。しかしアロイスは段々と蚊帳の外になっていく感じ。

どうやらクロードがセバスチャンが魂を喰らおうとしたときに魂を持って行ってしまったという経緯があるよう。今回セバスチャンから持ち出した取引ということでセバスチャンからは「クロードとアロイスをシエルの復讐相手にさせてもらう」というものでクロードからは「復讐を遂げたシエルを頂戴する」とのこと。白い薔薇に自分の血で染めたり、手袋外す時も口でしたりと突っ込みどころ満載。

セバスチャン的には復讐に燃えつつも尚気高く純粋なシエルの魂を喰らいたいからその為の細工としてこの二人に復讐相手になってもらうという策だけどもこの話、一番被害を被るのは誰かというとアロイス。メインの主人という設定でありながらアロイスの扱いがこの時からなんか酷いだろうと思わずにはいられなかった感じ。クロードはいいんだよ、シエルをゲットできるから。


第7話「殺(ころ)執事」

前回の舞踏会のお詫びという名目でシエルとセバスチャンを呼んだのでまたトランシー家に行くという話。執事同士の戦いはそれでよかったけども、なんか主人同士の時アロイスがあまりにも可哀想過ぎる展開になってしまい、なんだかなぁと思わずにはいられない。どうやらクロードはシエルの血が自分の顔についたのを舐めてしまいすっかりシエルに惚れこんでしまったという感じになってしまったので。血まみれで倒れている主人を放置して放心状態に陥って…何しているんだよ、クロード。

というわけでシエル争奪戦になるようです。

シエルは確かに大好きだけど、ここまでアロイスというキャラを滅茶苦茶にする必要はあったんだろうかと思わずにはいられない。最初の残酷さとか妙に我儘だったりとか、コロコロ変わる性格とかもっと好感度あげるような感じにできなかったのだろうかと思ってしまう。次回取ってつけたようなアロイスの過去編みたいだけどもこれでアロイスの好感度を上げるってことには難しいような…。同情はするけどこの方法じゃ好感度はあがらないなぁ。かといって今回の話の(2期に入ってからもそうだけど)シエルもなんか微妙な感じだったしなぁ。騙す側であっても騙されるとかシエルそんな頭の悪い子じゃなかったはずだけどな。

個人的にはアロイスも二面性があるキャラというのはいいと思うので、出来ないように見えて出来る子の方がよかったような…この辺ホントおしくてたまらない。アニメ情報誌で発表されてから、アロイス可愛いとずっと思っていたのでこの落され方にはイマイチ納得いかない感じですね。

どう終わるんだろう…このままいくと2期がなかったことになってしまいそうだわ…。
関連記事

Theme:黒執事 - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。