Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 黒執事Ⅱ 第3話「女郎(めろ)執事」感想:グレル再登場か…アロイスまた無。TOPANIMATION ≫ 黒執事Ⅱ 第3話「女郎(めろ)執事」感想:グレル再登場か…アロイスまた無。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

黒執事Ⅱ 第3話「女郎(めろ)執事」感想:グレル再登場か…アロイスまた無。

第3話「女郎(めろ)執事」

1期であったマダムレッドの話と掛けているのかなと思った今回の話。出てくるのもグレルでしたが犯人は違いましたね。犯人は写真屋の妻だし、前回はマダムレッドとグレルだったし。

「女性が女性に嫉妬」→「殺人事件」の流れとその事件を解くために葬儀屋にいくところまで掛けてましたね。ただ、何かシエルの記憶が喪失しているのか元々今のシエルには無いものなのかわかりませんが、葬儀屋のことも覚えていないようだし、グレルのことも覚えていない様子。

全体的に1期であったシエルの黒いところが薄れて思うがままに行動している感じですね…気高さはあるけども。確かに自分がされたことに対しての憎しみというのは忘れていないみたいだけども、何かもっとどす黒い部分はシエルにはあると思うのですが…感じられないな、今のシエルのは。

今回のセバスチャンの「未来を捨て夢をなくし、絶望に穢されながらも、過去を振り払い…現実に抗う。決して気高さを失わない。それですよ、坊ちゃん…私が喰らいたい魂は」という台詞で1期の最後のところで魂を喰らわなかった理由をここでもってきているのかなと思いましたね。つまりセバスチャンからしてみれば「もう後は好きにしろ」というシエルの魂を喰らうも、こうやて気高さを失わないシエルの魂を喰らいたいってことじゃないかと推測。まあそれは後々答えが出てくるんだろうけどもね。

グレル登場しましたね。葬儀屋も。グレルは1期以上のハイテンションで凄かった気が…あそこまで派手なキャラだったかな。確かに地味ではないとは思うけども…セバスチャンに対してのドMぶりとオカマぶりがパワーアップしているよ、あれは絶対。(笑)

あと不思議なシーン。セバスチャンギャップ萌えというやつなんだろうか。猫にときめいているセバスチャンには吃驚した。確かに猫好きなのはあったけどもあそこまでとは…!1期以上にパワーアップしている要素かもしれない。あのきらきら目と猫に対してのデレデレはホントいつもの彼からは考えられないですね。シエルも呆れてるし。その呆れ顔のシエルが可愛いというのもあるけども。

今回タイトルの女郎(めろ)執事ですが、女郎(めろう)という言葉を調べてみたところ、以下3つが出てきました。
(1)女を卑しめていう語。
(2)少女。女の子。
(3)人に使われる身分の低い女。
多分今回は1か3でしょうね。写真屋の妻を皮肉った言葉なのか、それとも写真屋の妻が人に使われる身分の低い女という風にかけるか。どちらにしてもあまりいい言葉じゃなさそうな今回の言葉。

で、3回目にして初めて気づいたのですがタイトルが「○ロ執事」にしているということ。
1話目:クロ執事、2話目:単(そろ)執事、3話目:女郎(めろ)執事、4話目:テロ執事
タイトルつける人も大変ですね。ちなみに1期は「その執事、○○」でしたね。そっちの方がつけやすいような…(笑)

OP&EDは2話と変わらず。1話のOPは完璧釣り状態のようです。なんだかそれも複雑だなと思わずにはいられないなぁ。アロイスとクロードで2期です!と宣伝していたにも関わらずこの感じ。当て馬じゃないと聞くけども、今回の話のラストでセバスチャンの調査の結果と共にテーブルにクロスをかけるクロードの映像が映ったのと予告で映ったのとくらいですね。

「以前の人体発火事件の際、女王陛下直属の実行機関としてファントムハイヴとは別に、後始末を専門として行う貴族が動いていたようです。3年前に当主が亡くなられたのですが、今はご子息が跡を継がれていたと。名をトランシー伯爵家と」というセバスチャンの言葉から次回どうやらシエルとセバスチャンがトランシー家を尋ねに行くようです。汽車に乗っているのが予告であったので。クロードの姿は確認できたけどもアロイスは見えず。どうやらセバスチャンやシエル視点からクロードと接触という形らしい進み方。

ここからは個人的な考えだったりしますが、やっぱり黒執事Ⅱで主人公変わったならばせめて2期二人視点から1期の二人を見るという形の方が良かったんじゃないかと思わずにはいられませんね。まだ最後まで放送されていないのでまた1期のようなどんでん返しがあるかもと思いますが。現在、3話まで放送した中で、彼らが主役として活動していたのは1話のAパートからBパート少々って感じなのでなんだかこれだと捨て駒とか当て馬とかに見えてしまいますよ。別に彼らが動いた後にシエルがやってくる1話の話がきて、アロイスの方からどう動くか、その動きによってシエルはどう動いているかというお互いがうまく見えるようなスタンスだと良かったなと今の時点では思いますよ。何か複雑だね…。これだと確実にシエルとセバスチャン視点なので。

というわけで来週クロードの出方が楽しみだったりします。折角2期だから何か1期とはまた違ったカラーを期待してしまう今日この頃です。
関連記事

Theme:黒執事 - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。