Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 銀幕ヘタリア見に行く…行く前に酷評とか見ていたので思ったより大丈夫でしたTOPMOVIE ≫ 銀幕ヘタリア見に行く…行く前に酷評とか見ていたので思ったより大丈夫でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

銀幕ヘタリア見に行く…行く前に酷評とか見ていたので思ったより大丈夫でした

銀幕ヘタリア Axis Powers 主題歌「WA!輪!!ワールド音頭」銀幕ヘタリア Axis Powers
主題歌「WA!輪!!ワールド音頭」

(2010/06/09)
ワールド8(イタリア・ドイツ・日本・
イギリス・フランス・アメリカ・ロシア・中国)
プロイセン(高坂篤志)

商品詳細を見る

元々友人レイヤちゃんと行く約束だった銀幕ヘタリア。本日京都で見てきました。結構若い女の子がぞーろぞろと入っていくのを見てなんだか場違いかもしれないな~なんて思いつつ入っていきましたよ。もう公開三週目で流石にそんなに人も多くないだろうと見ていたけども思ったよりいましたよ。

というわけで以下酷評、ネタバレも含む感想なので伏せときます。

元々そんな過度な期待をしない状態でいたので結構楽しめました。いやでも見た感想あんなもんだろうと思ったのは正直な感想。ネットで流すか劇場で流すかっていう差くらいで他に何か銀幕とかつく程のお楽しみ企画はなくて、普段あまり接点がないかもしれないファン同士が集う場って感じでは良かったのかな…。

ちょっと気になった点は、ヘタリアが元々そういうアニメだからかもしれないけども場面のブツ切りがとにかく多い。今回の本編「白くぬれ」で世界が白く塗られたのに、また違うエピソード(主に今までの使い回しの部分)では普通に戻っているとかいうそういうのがあり、話が交互に来るので見る人が見たら混乱するかも。私は何か違和感を感じましたよ。それならいっそ最初総集編、あとの方に新作!とかすれば良かった気がする。それならややこしくはないし。

そういえば、その総集編の内容…人気の高いアメリカとイギリスの話かと思えばそうじゃなくて小ネタでいっぱいキャラを出す感じでした。その中でもファンサービスなのか、フランスのイギリスに「結婚してくれ」の話とか、ウクライナの胸が大きくて肩が凝るというのとか…そういう話のチョイスでした。

あと、今まで映画化したどのアニメよりも一見様お断りかもしれない。もし主要キャラが全然知らなかったりすると結構厳しいかも。主要の7人が知っていたから良かったけど他のキャラが誰か分からないのが何人かいました。その中でアイスランドだけ名乗っていたのでわかったという。しかし出番は最初と最後のみ。大人気キャラのプロイセンとかも最初に何か出てきて終わりでしたね。本編に全く関係のないところで出てきてたし。

今回新作部分のストーリーのあらすじを言うと、のっぺら星人という白くて触覚が一つある彼らに仲間が白くされていき、最後絶体絶命の時にローマが現れてイタリアに油性マジックを渡し、のっぺら星人やそのようにされた仲間の所を回って顔を描いていって、それが面白くて笑ったイタリアの笑顔が世界を救ったという話。最後のっぺら星人にマジックをあげてめでたしめでたしかな…多分こういう話だったと思う。とにかくイタリアを主人公にしたかっただろうね。
そういやそんな中でもスイスとリヒテンシュタインのところはホント平和という設定だった。

そんなわけで個人的には大画面でイギリスな杉山さんが魔術っぽいのを実践中に違うキャラを想像してしまってその辺美味しかったという結局、中の人のネタに収まって終わりました。同じアニメ制作会社なのにこうも変わるなんてなぁ…。
関連記事

Theme:ヘタリア - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。