Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 今更ながらシド『レイン』感想…カップリング曲『cut』がかなり好みTOPMUSIC ≫ 今更ながらシド『レイン』感想…カップリング曲『cut』がかなり好み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

今更ながらシド『レイン』感想…カップリング曲『cut』がかなり好み

レインレイン
(2010/06/02)
シド

商品詳細を見る

いつものように音楽目当てな私は通常版で。今回鋼の錬金術師のOP絵コンテがついていて、作品ファンにはこの通常版って感じの内容でした。今回のアニメの方は全部は見てないけど見たかんじ綺麗だわ。

1. レイン 作詞 マオ / 作曲 ゆうや
最初聞いたのは鋼の錬金術師OPでテレビに食いついてみていたのですが思いの外アニメのOPにしてはおとなしい曲だな~というのが第一印象。ただ、これフルとそうでないのとでは歌詞の内容がかなり変わってしまう。OPに使われているのは結構ツギハギのものでしかもそのバランスが絶妙で鋼の錬金術師の作品に合っている感じになってる。だけど実際聞いてみると歌詞の意味は全然違うという。嘘以上にギャップのあるフルでした。どっちもいいけど最初聞いたら吃驚するよね。しかし、フルにはフルの良さがありますよ。曲調はバラードでもサビではドラムが目立つ好みのタイプです。シドのバラード+ロックはホント好みだ。

2. cut 作詞 マオ / 作曲 御恵明希
そしてカップリング。レインもいいけどcutを推したいそんな感じでした。明希が作るノリのいいテンポの速いロック。購入前から言っていたけどもこの曲OPにした方が…なんて思ってしまうくらいアニメとかのOPに疾走感があって良さそう。でも意外性でレインなのかもしれないけどもね。カップリングというとつい光が当たらない感じになりがちだけどこの曲もそうだけどもシドはカップリングが尚いいと思う。表題曲って結構取っつきがいいのでよく聞くんだけど
ね。cutは未来をぶち破っていくように掴み取っていく感じで、聞いていると元気でますね。「選ばれるよりも、選ぶ方が辛く」という歌詞は意味深だと思いましたよ。個人的には未来をかなと思ったのですが、それは多分聞く本人それぞれでしょうねぇ。

3. chapter 1(Live from 『いちばん好きな場所2010』) 作詞 マオ / 作曲 御恵明希
実は原曲聞いたことないのですが今回聞いて原曲も気になりましたよ。始まり方的にいつも通りのシドの毒気のあるあの怪しげな雰囲気かなと思いきや、サビ周辺になると爽やかになりかなり爽やかで前向きな歌でした…ば、化けるね…この歌。毎度思うけどもライブでもぶれない歌唱力の持ち主だと思いますよ。そしてメンバーも演奏ぶれないし。こうやって毎度Live versionがつけられるのはそれだけ凄いってことなんだろうけども。


そんなシドCD感想でした。次の新譜情報はないけども『one way』、『sleep』、『レイン』とくるとそろそろアルバムかなぁと期待せずにはいられない。
関連記事

Theme:シド - Genre:音楽


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。