Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 夏といえばひんやりと冷えた葛きりを毎年食べたくなりますよTOPFOOD ≫ 夏といえばひんやりと冷えた葛きりを毎年食べたくなりますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

夏といえばひんやりと冷えた葛きりを毎年食べたくなりますよ



葛きりで有名な鍵善良房に行ってきました。京都の老舗ですね。もう何度も行ったことあるのですが夏場になると食べに行きたくなる感じです。最初に干菓子とお茶が出てきてそれが黒蜜の味で口の中で溶かし、熱いほうじ茶が出てきて葛きりがやってきて食べる。店内も趣溢れるところでBGMと共に癒しの空間ですよ。観光客等で毎度沢山の人がいるのですが、オススメはやはり葛きりです。葛きりは最初お弁当箱のようなこの入れ物に重ねてやってきます。



あけるとこんな感じになるのですがとにかく葛きりの方に冷やしてある、かち割り氷が透明で綺麗でひんやりして…水も澄んでいて吸い込まれるような感じです。蜜は黒蜜と白蜜を選べますが勿論黒蜜派ですね、私は。箸で右側の葛を掬って左の黒い容器に入っている蜜に入れて食べるのですが口の中に入っていくひんやり感とほどよい甘さは絶品。

やっぱり夏は葛きりだね~。(あと葛まんじゅう)こうやってゆったりしていると時間とか忘れそうになりますよ。また食べに行きたいですね。ただ、お値段はちょっと凄い。1セット900円。グルメでお金は大丈夫よって人向きかもしれない。
関連記事

Theme:四季の和菓子達 - Genre:グルメ


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。