Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ Angel Beats!、アンチも見かけるけどそれってやっぱり愛情だろうなぁTOPANIMATION ≫ Angel Beats!、アンチも見かけるけどそれってやっぱり愛情だろうなぁ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

Angel Beats!、アンチも見かけるけどそれってやっぱり愛情だろうなぁ

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Angel Beats! 1
【完全生産限定版】 [Blu-ray]

(2010/06/23)
神谷浩史 櫻井浩美

商品詳細を見る

結構まとめサイトとかであそこのシーンが良くないとかいうアンチを見かけてなんか妙にツンデレっぽい感じに見えてしまう今日この頃。意外にアンチの人のほうが見ているところが細かかったりして「へぇ、そうだったんだ」と感心すること多々。きっと好きすぎて粗が目立つのか、愛情の裏返しか。どれにしたって見終わった後、議論になったり、話題に上がったりするのはそれだけ見る人を引き付ける効果あるんだろうなと。やっぱりそういうファンを持つ麻枝氏はすごいなと思う。

私もちょっと前までは、どの作品に対しても無意識につい粗探しをしてしまうタイプで何分厄介なタイプでした。最近はそれに作り手があってその人の思いが籠っていて続きが気になって視聴したくなるものならいいかなという風になりましたねぇ。引っかかることがあってするのなら視聴しなくてもいいし。

確かに、それはどうなんだろうな~と思う展開がどの作品でもないわけじゃないけども「裏切られた!」とか思うことはなくなりましたよ。なんかそれも形なんだろうなと受け入れるようになってきたというか、その人が描く世界観を共有できるのがいいなと思うところ。

まあ、多分アンチになるにはそれだけ作品に対しての思い入れがすごいということも含めている気もするね。しかし、何かいろいろ話していた昔よりも今のほうが作品に対して楽しめているのでいいかなと思う今日この頃です。
関連記事

Theme:Angel Beats! - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。