Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ UNLIMITED BLADE WORKS…凛ルートクリアTOPGAME ≫ UNLIMITED BLADE WORKS…凛ルートクリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

UNLIMITED BLADE WORKS…凛ルートクリア

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Bestフェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア]
PlayStation 2 the Best

(2009/06/18)
PlayStation2

商品詳細を見る

凛ルートクリアしました。ここのところ引きこもりの毎日だったのでサクサク進んだのですがもうなんつか…自分なんでこんないい作品早くやっておかなかったんだろうと思うくらい日々Fateです。空の境界もCANAANも良かったけど、Fateはまた違った世界観が好きですよ。ということで現在はFateにハマりまくってますね。

好きキャラは、相変わらず遠坂さんは勿論のこと、士郎もセイバーもアーチャーも好きですよ。イリヤはもうロリとしては最上級の可愛さだね。大河は最初正直苦手キャラだったけどもタイガー道場のおかげもあり、今はかなり好きですね。後はサーヴァントではランサーですね。兄貴格好良すぎじゃないかよ!ということで凛ルートで株がやはり上がりっぱなしのランサー。他はバーサーカーもかなりイリヤとの兼ね合いで好きになったというかなんというか。

セイバールートのFateとはまた違った感動があったUNLIMITED BLADE WORKS。凛ルートとかいいながら士郎ルートっぽいですが映画で見た以上にゲームすると胸を抉られるような衝撃を受けましたよ。映画はホント今思うともうちょっとプレイしてから行けば良かったなと思いましたねぇ。いやあれはあれで良かったんだけども。アーチャーの正体を劇場でほぼ知ったも同然でしたし。うんやはりゲーム→劇場にするとわかりやすいかも。早くブルーレイでないかな。是非ゲットしたい!ということど凛ルート以下感想。

セイバールートと違って凛ルートはエンディング二つ。True EndとGood End。Good Endはセイバーも凛の魔力で今の世界で残って、True Endではセイバーは元の世界に戻って、その後、凛がロンドンに行くのに士郎がついていくという話で終わり。大きく違うのはセイバーがどうなるかということだけども、一見普通の話だとやはり現代に残ってくれた方が、いいエンディングって感じだけども、この辺が他作品とは違う所だなと。

Good Endでは、「私は最後まであなたを見届けたい。彼(アーチャー)は私が間違えていると言った。…その答えをいつか、貴方が私に教えてください」という台詞で、まだセイバー自身何が間違えているか分からないが追々探すという感じのEND。True Endでは、行く末を見守りたいけどもそれは凛の役目で自分は元の世界に戻るという内容になってました。True Endではセイバーが自らを犠牲にし、聖杯を使ってでも自分の国を守りたいと願っていた願いが、過ちだったと気づくところが大きい。その辺の描かれ方が胸を打った感じです。ちなみに劇場版はTrue Endでしたね。セイバーが消えるシーンがあまりにも綺麗で息をのんだのを覚えてます。

やっぱり今回見所はアーチャー。士郎と戦うシーンや過去のシーンが被るのはかなり格好いい…生き方が格好いいんだと思う。最初はそういう風に見えなかったけども、最後の笑顔と「遠坂」なんて凛を呼ぶところはやっぱり士郎だなと。あそこがないとホント別人っぽい。いや、気持ちとかの移り変わりは士郎っぽいけど顔とか険しすぎて別人だし(笑)あと、アーチャーの台詞が所々セイバーとかかるところとか、ついついにやけてしまった。そういう繋がりが、にやっときますよ。

あとは…凛のかっこよさ。凛は女の子っぽいところもあるし、わかりやすいツンデレっぽいのかもしれないけどもとにかく男前だなと。セイバーも男前だけどもそれとはまた違った感じの男前。士郎やアーチャーの影響か甘さが出てきていても潔さは捨ててないのはね。諦めることはしないし。そして努力家だし。True Endだと士郎を連れてロンドンって普通なら男の方が「一緒についてきてくれるか」なんていうのは少女漫画とかでよく見るけど、凛は逆に士郎を連れて行くって感じになりますからね。うん…凄いよ、遠坂さん。

話は変わりますが、どうもFateの主要キャラは料理作れる人多いなぁと思いつつテキスト読んでいるうちにお腹すいてくることが多々。士郎やアーチャーは勿論のこと、凛も、桜も料理が作れるし料理当番とかしているし。しかも得意なものがみんなそれぞれ違うし。凛は見た目的に料理はどうかなと思っていたらやっぱりパーフェクトなだけに料理もできるのはなぁ…どこまでパーフェクト(笑)桜は家庭的っぽいイメージで最初っからそれっぽいけどもね。それをいうとセイバーとか騎士王だけに戦う意味では凄いけどもそういう属性はないからヒロインのバランスが取れてるのかもしれない。まあセイバーが作れなくても士郎が何とかしてくれるし。

ところで、今回の話の中でセイバールートでは書かれてなかった過去編が入ってましたね。友人が劇場見に行ったとき「イリヤの話がない!」とか言っていたのが分かった気がしました。イリヤとバーサーカーとの過去は泣けますね。勿論、キャスターやアサシンの過去もあったのですが、個人的にはイリヤとバーサーカーのが一番ぐっときた。あれ映像で見たかったなぁ。しかしイリヤを入れると他もいれないといけなかったから省いたのだろうけども。DVD特典映像でもいいからつかないかなぁ…無理か。

というわけで凛ルートでした。そういえば少し前に、映画版の公式ガイドブック買いました。

劇場版Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 公式ガイドブック劇場版Fate/stay night
UNLIMITED BLADE WORKS
公式ガイドブック

(2010/02/11)
角川書店

商品詳細を見る

凛役の植田さんとアーチャー役の諏訪部さんがセット、士郎役の杉山さんとセイバー役の川澄さんがセットで対談がありました。あとは劇場版のカットやキャラクター紹介等。よくある作りでしたが公式だけに細かく載っててかなり満足。テレビ版のダイジェストもあるので中途半端にしか見ていない私にはちょっとありがたいかも。最初の方に描かれていた版権絵の中に藤井まきさんを発見して嬉しかったのだけども何かすっかり藤井さん画って感じのカラーでした。07-GHOST思い出してしまったよ。Fateに関してはやはり西村さんの絵がしっくりくるかな。でも劇場版Fateのポスターとかのイラストもかなり好きです。この本の裏表紙になるんだけども。好きすぎてファイルも買ったし壁紙も現在それだったりしますね。グッドスマイルカンパニーからフィギュアもでるんだけどもそれに関してはかなり欲しいかもしれない。凛格好良すぎるよ。ということでかなり悩んでます。元は写真等で見たので後は彩色だなぁ…。
関連記事

Theme:Fate/stay night - Genre:ゲーム


Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。