Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPCOMIC ≫ とりあえず新刊買ってきて堪能した闇末12巻…主人公都筑は空気ですよ

とりあえず新刊買ってきて堪能した闇末12巻…主人公都筑は空気ですよ

闇の末裔 12 (花とゆめCOMICS)闇の末裔 12 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/19)
松下 容子

商品詳細を見る

実は発売日に届くかな~っとAmazonで予約してやっぱり駄目だったのでキャンセルしてマジマジと見ると品切れ。それなら地元で買おうと思って買いに行くと残り2冊。これ明らかに何冊も積んであった後の気がする…。

表紙は倶利伽羅でした。中身の絵は11巻までとはまた違って別漫画っぽかったけどこれはこれでありかな。中の絵柄よりも次回の花とゆめにつくという最新の付録はこれまた別漫画のようだった。この際絵柄は突っ込まないとしても中身の話。

主人公は密か亘理か巽っぽい感じになってますね。密ルートでは幻想界の話になっているし、亘理と巽は同じ場所にいながら巽は密の実家関連の話で密の父である黒崎家当主に接触しているし、亘理はそれに関してのデータを十王庁スーパーコンピューターAkasyaから取ってくると巽に手を借りながら繋がったのを失敗したと嘘をついて隠してるし…。亘理は普段結構明るくて変わっているキャラってだけだったから今回のそのAkasyaと脳が繋がっていて端末だとか少し過去が垣間見えるとかなり重い過去だと思う。

現在出てきている話では都筑は死ねない苦しさと精神的におかしくて何も摂取せず、睡眠も取らずで8年生き続けて最終的には自殺し、巽は実の母親を殺して、密は実家もとんでもなく複雑な旧家で本人は邑輝に呪殺されているし…死神になっているような者は未練を残したものの集まり…とかいう話があったけども重いよ…かなり。

幻想界の方も現世の方もイマイチ進んでいる感じはなかったけどもその繋ぎとしては面白かったですね。主人公都筑の出番が今回は少なかったのでかなり空気でしたけども。好きだから少し残念だな。

というわけで、次回いつになるんだろう。とりあえず…今年中にもう一冊とかになるとかなり嬉しいかもしれない。絵柄とかもう問わないのでとりあえず続きが見たい今日この頃です。
関連記事

Theme:闇の末裔 - Genre:アニメ・コミック


Comment













非公開コメントにする