Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
      

≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

【グルメ】スタバのヨーグルトフラペチーノ食べてきました:いろんな味が楽しめるのにあっさり系



念願のスタバのメニュー、【フルーツ-オン-トップ-ヨーグルト フラぺチーノ® with クラッシュ ナッツ】飲んできました。元々冷たいメニューは体を冷やすのであまり飲まないのですがこれはかなり好評だったので飲んでみたいということで気になって!見た目はカロリー高そうだし濃い感じなんだろうなと飲んでみると思いの外あっさり系ですっと飲めるので、甘いのにが手な人にもいつものよりはまだ飲みやすいかも。

中のジェリーも「オレンジ、ストロベリー、黄桃、白桃の果肉」とあったのですが個人的にはストロベリーしか気づかなかったですが美味しかったです。しかしストローで吸いにくい(汗)アーモンドも香ばしくて美味しかったですがやっぱりストローで…フラペチーノを普段食べないので食べるとなるとこういうのはよくあることなのかな。

ちなみに大きさはTallサイズで630円(+税)なのでお値段的には個人的にはちょっと高めなんだなと思ったのですが、他のフラペチーノを食べたことがないのでお値段のことはこんなものなのかな。私はいつもショートサイズで500円前後なので。



フラペチーノだからか顔が書いてあってこういうの初めてで嬉しくなったり。まあ普段は温かい飲み物で陶器のカップでお願いすることも多いからなんだろうけども。コレ可愛いっと写真撮ってしまいました。こういうの嬉しい。

のんびりとスタバでくつろぎつつ友人にはがき書いてました。ちなみにこのスタバはTSUTAYAと提携していて、どうも買う前の本を2冊まで持ってきて自由に読んでもいいというのがあるらしいです、凄い。私は今回他にはがき書こうと思ったのでしなかったのですが周りは結構くつろいで読んでましたね。ちなみに有楽町マルイのところでした。座席数多いのですがやはり本を読んでいるお客さん多いので座席いっぱいいっぱいでしたね。でも確かにくつろげる空間だったのでまた行けたら行きたいなと。

そういえばこの日スタバ以外にランチに「はし本のおばんざい」に行ってきました。1,000円ランチだったのですが、赤魚の焼き物が美味しくて久々にいいお魚食べましたよ。ちなみに、他にもお肉(角煮)とか普通のおばんざいとかありました。お客さんいっぱいでしたね。こちらも。最近、ちょっと時間が合ったらたまに行ってみたいなと思うこの頃です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【雑記】Twitterのアカウントの話:多趣味すぎてわけようか考え中

好きなものが多数あって、多趣味なのは決して悪いことじゃないけども全部同じアカウントでしているので結構厄介な感じかなとふと見ていて思った今日この頃。アニメの実況や漫画の感想、その他アニメ・ゲーム関係の情報も喜んで書くし、相撲の季節になると相撲の実況、NHKの番組や歴史番組、旅行番組のツイートやら食べ物のツイートやら。流石にアニメとかと他のものを分けようかと考えたのですが、それだととてもじゃないけども管理できずどっちか放置になってしまうと思ったのでそのままですね。実はこのタイトルをつけたときには分けようかと思っていたのですが…多分このままになりそうですね。

最近はTYPE-MOON関連再燃してるのでフォローしたい人も多いけども勇気がないな。どうも型月関連はうろ覚えで書いて間違えていたりするといけないとおもって身構えてしまうので、そういうのはしっかり設定理解した人じゃないと無理なんじゃないかなと怖じ気づいてしまう豆腐メンタルですね。好きなもの好きだけど仲間も欲しいけど難しいんだよな…今はオフでも仲がいい友人と話すくらいのものです。

そういえばスマホで今無料配信しているFate/stay nightのFateルート(セイバールート)ですが最近そっちもプレイしています。Vitaもやっているのに二重にはなって周りにどっちかにしたら~というアドバイスを受けつつも両方ともやっている感じなのですが、Vitaは基本スキップとかも快適なのでルート確認しつつやってスマホ版は興味のある文章をキャプチャして自分で楽しむようにしています。個人的にまだFateルートやっていない人とか昔やっててまたやりたい人にはホントスマホお勧めしたいです。目茶苦茶面白い。久しく本編のほうというとhollowくらいしかやっていなかったのですが、本編ってこんなのだっけと面白さを再確認しましたね。

そして、奈須先生の語彙が豊富なので、わからない単語がちょこちょこ出てくるので調べつつやっていたり。まさかこんなところで役立つとは思わなかった岩波国語辞典。読んでいた当時はわからない単語は調べずニュアンスで大体こんな感じなんだろうなという風に読み飛ばしていたけども、調べてみるとなるほどなと思うことがあって面白さが倍増したので時間がある人にはお勧めしたいかも。これで私も少しは語彙が豊富になるといいんだけども…(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【アニメ感想】Fate/stay night UBW 15話:イリヤ…やっぱりUBWのは切ないな(追記)

アニメの感想毎度書こうかなと先行に行ったときは思っていたのですが、結構ズボラになりつつあるのでとにかく好きな話だけ感想書くかなんていう今回です。13話はアーチャー離脱と凛と士郎の会話でしたし(あとセクシーなセイバー?)、14話はキャスター過去編が過酷だったにもかかわらず、ギルガメッシュと慎二がアインツベルン城に現れて、セラリズを滅多刺ししちゃってそっちのインパクトが残ってしまったっていう…。オリジナルバージョンではキャスター過去編がもっと長くて明確になっててかなりいいのでBlu-ray版また出たら見たいかも。見る機会があればオリジナルを是非推したい気分です。セラリズのもちょっとグロ規制入っててだったけども、そこはそのままでもいいかな。劇場で見たときは心の中では悲鳴ものだったし。あと、13話のセクシーなセイバーがキャスターに触られてるところもカットされてたのでそこが見たい人にはオリジナルバージョンですね。手つきがいやらしかったよ、キャスター(笑)

そんなこんなで15話ですがイリヤの目の前でギルガメッシュにセラリズを殺されてバーサーカー&イリヤVSギルガメッシュ(と慎二)の戦いになったわけなのですが、制作陣…慎二好き!?と思われるくらい慎二が存在感あった。いや14話の時から兆候あったけどさ。空から降ってきたり、サーヴァントくらいの力あるリズに斧のような武器突きつけられて防いでいたり…小物っぽいのにちゃんと出てくるし。今回も存在感ある慎二さん…神谷さんの演技が毎度この小物っぽさを出すのがうまいなと思って聞いてる。余談だけど神谷さんがうますぎて他作品でも慎二が浮かぶから神谷さんのキャラ見るのつらいとかいう友人もいたくらいなので、芸達者すぎるよ神谷さん。

で、ギルガメッシュVSバーサーカーなのですが回想前の戦闘はかなりカットされてます。オリジナルバージョンだともう少し長いし結構いい戦いしている面もあるのですがそこはオリジナルでってことなんでしょうね。今回はほぼばっさりなくなってました。回想のイリヤはZeroの時にも、におわせていたり、あちらこちらに本編やhollowとかに散りばめられてたものを原作者である奈須きのこ先生が繋げ合わせたような話。だから元々のUBWにはこのシーンはないのですが、追加したことでイリヤが孤独で心を閉ざしていてバーサーカーとの絆はどういう風に築かれていったのかというのが明確になってましたね。だんだんと黒くなっていく過程が描かれていて賛否両論かもしれないけど個人的にはこのエピソード好きでした。捨てられたホムンクルスを見たときのイリヤとか、体の70%が魔術刻印で痛むイリヤとか…辛いんだけどバーサーカーとのエピソードは先行で大画面で見れて良かったなと思ったり。でも先行よりまた200カット以上差し替えしたらしい放送版…ど、どんだけだ。

バーサーカーとの絆の話もあったところで、ギル戦に戻るのですが…イリヤを守りながら戦うバーサーカーにやっぱり強いなぁと思ったり。イリヤが足手纏い的な話もあったみたいだけども、いやイリヤとバーサーカーは二人だからあそこまで強いんだと思うんだけどもその辺はどうなんだろうなぁ。あとやっぱりヘラクレスはバーサーカーじゃない方がいいらしいからなぁ…敗因はいろいろあるけどもギルガメシュと戦うというのはいくら慢心した状態といえども分が悪い…多分ギル以外のサーヴァントならみんなバーサーカー(ヘラクレス)で苦戦するんだろうけども。イリヤが魔術を使えば良かった気もするけども、あの状況下でだとなぁ…ギルには効かないだろうし慎二さん隠れてるし。仮に慎二を殺したところでギルガメッシュは痛くもないしなぁ。受肉しているので(Zeroのラストのアレ)。どう考えても目の前のギルガメッシュに対応するのでいっぱいいっぱいか…。

バーサーカーは十二の試練を使い果たして天の鎖(エルキドゥ)で拘束されてしまってイリヤ絶体絶命…。イリヤの中にサーヴァントであるバーサーカーを戻そうとしても結局その鎖の影響で戻せず。その後、ギルガメッシュにイリヤの目を剣で斬って潰して倒れ込んで、彼女は見えない目でバーサーカーを探し彼の左足に触れて存在を確認して安心したようにいたけども…このシーン胸が痛くなる。その後イリヤにとどめをさそうとかギルガメッシュが手を構えたところで天の鎖(エルキドゥ)を破ってギルガメッシュに襲いかかるバーサーカーをスレスレで躱してバーサーカーにとどめをさす。かなり追い詰められたギルガメッシュ。それ故にその後の言葉。

「呆れた男よ。最後の最後で己(おの)が神話を乗り越えたか…」

このシーン自体が追加シーンなので(かれこれバーサーカーがギルガメッシュに迫るとかは本編ではない)先行の時にこの台詞を奈須さんが追加したときに監督がギルガメッシュに対しての好感度が上がったらしい。ここの演出はまた賛否両論っぽいけど個人的には好きだなと。ちょっとギルガメッシュ慢心してるよというのもわかりやすいシーンでもあるし。ラストへの伏線になるかなと。しかし…悔しいくらいいい台詞だな。イリヤ好きとしては辛いが。

この後に、ずっと凛に押さえつけられていた士郎が「やめろ…てめぇ!」叫んでたけどタイミング…遅くないか、士郎さん。先行で見たときはいい感じだと思って、こんなに遅かったとは思わなかったんだけどもなんかあったんだろうか。構成変わってる!?渾身の演技でイリヤの門脇さんもすごくびっくりしたっていうくらいだったんだけど…今見ると浮いてるな。なぜだろう。

EDは特殊ED。これも急遽依頼したらしいとか聞いたけども鎮魂歌っぽいアレンジにされているらしい。イリヤはホントUBWが一番報われないので最初アニメ化するときからこのシーンは覚悟していたけど、かなり厳しかったですよ。先行の時も厳しくて上映後言葉にならなかったし。うん…厳しいな。

この後はこれほどは辛いシーンはないけども、次回イリヤの心臓を…なのか。規制入りそう。とにかくアニメの映像でイリヤの過去とバーサーカーとの絆が見れただけで大満足の15話でした。

追記:いつも放送が終わると友人と話してたりしてて、その時に友人が指摘してたのですが、EDの仕上げにシルバーリンクがいるんですね。ちなみにプリズマイリヤを作っている会社です。こんなところまで!プリヤのイリヤとSNのイリヤは元はイリヤで同じですがキャラ的には別物だけど、ひろやま先生があまりのイリヤ好きのために彼女の救済のような形で書いたものがプリヤなのでまさかこんなところで奇跡のコラボですよ。ひろやま先生はTwitterで「一問一答で奈須さんがあんなこと言ってるけど、正式なイリヤルートはいつか何らかの形でお目見えするって俺は信じてる。信じてるし、方々に適度なプレッシャーをかけていく。」とのことなのでちょっと期待したいかも。イリヤルートは桜ルートに組み込まれてるらしいけども単独ルート…見てみたい。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

【グルメ】池袋に行ったのでHearthのランチで初ガレット:こんな美味しいものがあるとは

池袋にあるHearth(ハース)というお店で、この間丁度ランチを探していたときにガレットというそば粉を使ったクレープ生地のものがあるというのを知り食べたくなり入店。最初に1号店で満席だったのでこちら(2号店)の方に来たのですが、最初っからこっちの方に来ておけば良かったなと思う程でした。

ランチタイムで結構人がいたのですが、空いている席をと案内されたのが4人席。4人席を1人で使う贅沢さ…ほんといいの!?と思ってしまうくらい。そんな中、店員のお兄さんがものすごく丁寧で親切で気持ちがいいなと思っていたら、よく見ると、制服もおしゃれでしかも端整な顔立ちの方なのでこれはどんなレベルの高さだと驚いてしまいましたよ。東京の中でもトップクラスじゃないだろうか。ここのところ出会ったことないくらいすごい接客が気持ちのいいお店で、しかもその人だけじゃないんですよね。どの店員さんも感じがいい。これだけでもまた来たいと思いましたよ。

ところでメニューですが、私が頼んだのはガレット+ランチセット。ちなみに他にランチセットのは結構お手頃で1,000円までのとか1,200円程度なのですが、ガレットは結構値段張ります。私の頼んだガレットのセットは1,590円でした。かなり贅沢だな。(もちろんごくたまにしかできない贅沢ですよ)



さて、注文してからすぐやってきたスープとサラダです。ランチなのでここは共通なんだろうなぁ。スープの中にキュウリを発見してびっくりしたものですが、口の中でほどよく溶けて美味しいのなんの。え?普段サラダでしか食べないよって感じなのですが、温めるのもありだな。角切り野菜が柔らかくてスープと一緒に口の中に入れたときの食感が好きでした。サラダのドレッシングも上品で美味しい。酸っぱくなくあっさりしてて。全体的にお上品な印象。このお店に入るとまるで海外に来たみたいな気分になりましたよ。



さて、メインのガレット。結構大きいです。直径15cmはあるかな。ピザとか普段乗せるような木のお皿にのってやってきました。は…はみ出てるよ。どうも一番人気のサーモンのガレット。表面のぱりぱり感あるのかなと思ったのですが、かりかりしっとりという不思議な食感。ナイフで切って食べるのですが、これは美味しいわ。初ガレットですっかりハマってしまっていたのですが、中にはチーズが入っていてピザっぽいというのも少し感じたかも。最初はこれで足りるかなと思ったのですが思いの外、量の多さにお腹いっぱいになりました。食べ応え十分だ。もし友達と来たんだったら違う味と半分ずつとかしたい!



そしてデザート+紅茶です。紅茶以外にもドリンク変更可です。デザートは上は少し酸味のある木イチゴのソースに下はパンナコッタかな。紅茶は普通のホットのものですが、このデザートが目茶苦茶美味しくて今度はデザート目当てで来てもいいかもと思う程。紅茶も飲みやすくて美味しいものでした。

最後まで店員さんは気持ちがいい感じで帰るときに「またいらっしゃってくださいね」なんて言われたらまた行くしかないじゃないか!とか意気込んでしまったお店でした。今度はガレット以外のランチも食べてみたいなぁ。周りの人はその方が多かったのですが、きっと美味しいんだろうなぁ。流石東京らしいレベル高いお店でした。東京って都会だからお店が全体的にレベル高いんだろうなと住むまでは思っていたけども実際そんなことないんですよね。ネットで評判のいいお店でも、もう行きたくないなとかイマイチとかしょっちゅうだったのでここまでのお店は珍しいかも。また行きたいですわ~。これは食べログの評判通りのお店でした。たまにこうやっていいお店に行くとテンション上がりますよ。オススメだけど今の時点で人気あるのでもっと人気になると行けないんじゃあ…とか思ってしまうけど個人的にはやはりオススメしたいお店です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【雑記】辞書購入&Fateやり直しプレイ中:見返すとなるほどと思うところあり(追記)

岩波 国語辞典 第7版 新版岩波 国語辞典 第7版 新版
(2011/11/18)
西尾 実、 他

商品詳細を見る

前回の記事で久々に辞書引きたいし欲しいという話をしていたのですが本屋で見ているとどうも、新年度始まったところだし使いたいなと思い購入。ちょっと重たかったのですが持って帰ってきました。いろいろとわからない単語を調べては手帳に書いているのですがなかなか学生時代を思い出して楽しい作業です。

最近どうもアナログにまた戻したいなと思っています。元々アナログに戻ったものは手帳で、子供の頃電子手帳なり持っていたりした時期もあったのですが、それを普通の手帳に変えました。とも辞書もこれから紙の方に慣れていきたいなと思うのですがどうなることやら…とりあえずわからない単語はこまめに調べようかなと思います。買った分、活用しないと!

Fate/stay night [Realta Nua] PlayStation Vita the BestFate/stay night [Realta Nua]
PlayStation Vita the Best

(2014/09/18)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

さて話は変わりますが、大体hollow ataraxiaの方はほぼクリアしたので(ちょっとカプさばがのこっているけども、またそっちは息抜きの時でも)再び忘れているところの多いFateの元の stay nightプレイ開始しました。前買ったときは一度プレイしているものだったのでしてなかったのですが、新たな気持ちで!Fateルートからなのですが、改めてクリアして別のFateを見てからのこれだと読んでて「なるほど、これか」というネタがあってなかなかいいなと思ったり。

この間先行上映の時に見てきたテレビ未放送オリジナル版の話なので、ちょっと折りたたんでおきます。

【雑記】最近ちょっと欲しいなと思っている気になっているもの

最近舟を編むを読んでいるからか、最近久しく触っていない辞書が欲しいなと思っている今日この頃です。電子辞書ではなくて、紙の太い辞書ですよ。ちなみに候補は岩波国語辞典ですね。今人気がある辞書でランキングでも売れ行きが好調なのは新明解国語辞典なのですが、レビューを読んで気になったのはお堅いイメージのある岩波国語辞典でした。近々書店見てこようかな。それか、実家にあるのを持ってこようかなと。

後は、今のパソコンに変えてから、ずっとIMEを使ってきましたが昔のようにATOKにしたいなぁと。今回試用版入れてみたのですが、先月までiosと同時購入なら三ヶ月無料キャンペーンとかやっていて、本当にその時に気づいてやれば良かったと思ってしまう程ですよ。まあでも今欲しいものなので、仕方ないということもあるのですが。月額支払いのATOK Passportいいなぁと現在検討中です。

ところで、PC版ブログデザイン戻しました。どうもフッターのところが見えなくなっていたので。簡単に直るのならばそうしたのですが、どうもうまく直らなかったのでとりあえずちゃんと表示されている過去のデザインに直すことにしました。個人的にこのチョコミント加減もなかなか気に入っていたりします。

明日友人と連絡が取れたので出かけることにしました。久々に遊びにいく子なので楽しみだなと。楽しんできます。

【雑記】皇居ランに初めて行ってきました。思いの外一週は長かったです

以前から皇居ランに興味があったのですが、今日初めて行ってきました。これも、何か思い付きで。思い付きでいけるものなのかと思ったのですが、友人からオススメされた本(以下のAmazonリンクのマラソン1年生という本)で読んだりとか、ネットでかねてから行きたいと調べていたことも有り、行ってみることにしました。

マラソン1年生マラソン1年生
(2009/09/30)
たかぎ なおこ

商品詳細を見る


とにかく、精神的に不安定だったのでここのところイルカが大量座礁してこれは地震の予兆に違いが無いなんていう話も有り、何か不安でいっぱいだったのですがそういう落ち込んだ気持ちの気分転換も兼ねて。行きたいと言い出したのは私ではなくて家族だったんですが、まあ便乗ですね。

私服で荷物にジムで使っているジャージや靴下やタオル。そして忘れちゃいけない着替え(特に下着とか…他のは着ていった私服を着るとしても)。メイク落としのシートに化粧品とスポーツドリンクを詰め、足にはランニング用シューズを履いて、いざ出発。電車でランステ(ランナーズステーションの略で荷物を預けたり着替えたりシャワーを浴びれたりする場所)のある駅に向かい荷物を預ける前に、そこのランステは買い物をしたポイントカード+使用料で施設が使えるということだったので、ショートパンツ(家族用)と、ウェストポーチ(共用)を購入。買った後、着替えて外で合流して皇居ランの為に皇居に向かいました。

どうも、色んな人の体験を見ていると皇居周辺のランナーで首タオルは無くリストバンド、荷物はコンパクトなのが多いというのも調べて行ったのですが本当にそうでした。一列で反時計回りに走るのですが、休日の観光客に相まって道は少し混雑気味でした。海外の観光客多かったですね。足元を見ていると日本全国の県花のタイルがあって探しつつ走ってました。段々と北から南へ行くので見ていて楽しい。一週走り終わってストレッチをしてランステに行ってシャワー浴びて着替えて、帰りはご飯を食べて本屋に寄って電車乗って帰宅というスケジュールだったのですが大変でしたが凄くためになりました。滅茶苦茶初心者の格好で走ってましたけどね(笑)また色々ウェアとか走りながら聞ける音楽プレーヤーとか揃えて行きたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【映画】コードギアス3章公開前に発売情報…4/26の先行行きたいと思いつつ見る今日この頃

コードギアス 亡国のアキト 第3章 (初回限定版) [Blu-ray]コードギアス 亡国のアキト
第3章 (初回限定版) [Blu-ray]

(2015/06/26)
入野自由、坂本真綾 他

商品詳細を見る

昨日くらいに情報が出てもう発売かと喜ぶような劇場公開まだだよ!と複雑に思うような感じですが、何分早いのは嬉しいかも。表はジュリアスですが裏のスザクも堪りません。もうギアスの1期は9年近く前になりますが未だに好きで関連商品買っている作品って本当に珍しいですね。他の作品は物によっては買ったり買わなかったりになってきてますよ。やっぱり特別だな、コードギアス。

どうやら二章の時にあったような先行上映会が4/26(日)に東京、大阪、名古屋であるようなのですが…どうも友人を誘っても用事が入っていたみたいで無理そうですね。ということで多分いくならまた一人か。しかも夜間っていうのはちょっと気になるのですが、まあ…仕方ないかな。ランスロットが動くところを早く見たいので。私的にはロボットアニメの中のロボットで一番好きな機体ですよ、ランスロット。

ちなみに先行上映会の情報はこちら【http://www.geass.jp/akito/3rd_kinen2.html



最近アニメ映画流行ってますね。アルペジオも行きたかったのですが、行く前に終わってましたね…残念。あとオリジンとか行こうと思っていたのですがあれももう終わってますしね…とりあえず、コードギアス亡国のアキトの第3章5/2(土)と第4章7/4(土)以外にはラブライブの6/13(土)のも見に行きたいなと思ったりしています。とにかく舞台挨拶あたり狙いたいんだけども…競争率半端無いというのが軽く予想できてしまうものですが。後は夏の劇場版、弱虫ペダルとか多分来年あたりじゃないかと思われるFateの桜ルートのHFとかも気になってますね。

映画館というとこの間のアニメ先行上映の時くらいでしたね…その前にサイコパスは見に行きましたが、今年見た映画って今のところサイコパスくらいですね。サイコパスは面白かったなぁ…狡噛さん出てくるとアクションがかっこよくなるわ。2期は2期でそこそこ面白かったけどもやはり狡噛さんいてほしい。朱もかっこよかったし。

洋画とかも気になったら見に行くことも過去にはあったのですが一旦映画館から離れてしまうとなかなか行きにくいですね。最近この映画見たいっていうのが本当にないからなぁ…まあ、ギアスとかラブライブで何度か見に行く時に気になるのがあればまた見たいなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【Fate関連】ufotable cafeに行ってました…中野色々変わってましたね

どうやらufotable cafeのTwitterにて整理券なしで入れますというのを見て、これはいくしかないと思った昼下がり。一人で一時間ほどかけて中野まで行ってきました。前のカフェの記事から3年ほど経過しているのを見て、そういやZeroの時は人気あり過ぎて、待ち時間も長くて大変だったから段々と足が遠のいて行ったんだなと思い出したり。久々にやってきた中野の駅は凄く都会な雰囲気になっていてカフェ方向の道の方に歩道橋っぽいのが出来ていて歩きやすかったのは嬉しかったですね。

久々にきたufotable cafeは、ゆったりとした時間の中、女性客がまばらに座ってました。私が帰る時に男性客がいらっしゃったのですが意外にも女性客多かったですね。

さて食べたメニューですが以下二品から。メニューと紹介文はCafe公式の物より引用させていただきました。
http://www.ufotable.com/cafe/tokyo/gallery/sn_cafe/menu.html



葛木宗一郎 500円
玄米茶×生姜×黒糖(HOT)
葛木をイメージした和風のドリンクです。お好みで黒糖をいれてお召し上がり下さい。


とにかく東京に雪やみぞれが降った!という寒い日だったので温かい飲み物をと思って探すとホットメニューはフェイトコラボではこれだけだったのでこのメニューを注文。飲んでみるとこの組み合わせ意外にも合うんだなと思ったり。黒砂糖をいれてもそこまで甘くないので飲みやすいドリンクでしたね。




葛木の和スイーツ 750円
葛きり、葛餅などを盛り合わせた和風スイーツで葛木を表現しました。(※3/31~4/26の期間中のみ提供)

和菓子が元々大好きなのでこれを注文することに。あんこも甘さ控えめで美味しかったのですが、個人的にはもうちょっと黒蜜があると嬉しかったなぁと思いましたね。ちょっときなこがパサパサする。くずきり自体は美味しかったですよ。

丁度到着したのがおやつ時間だったので御飯メニューは頼まなかったのですがまた機会があれば。

そういえば言っている間に友人からのメールで「人気投票どうなってる?東京の方は」なんて聞かれたのでイリヤのところにシール貼りに行くついでに見に行ってきました。相変わらずの言峰強しの1番に追いかける、アーチャー(2位)と士郎(3位)でした。凛がその次だったかな。でセイバー、イリヤ、桜…の順かな。ランサーがセイバーとイリヤの間だったような気がするんだけども忘れてしまった…(--;、何分シールの量だけではもうわからないので(書かれてる数字を確認しないといけないので)間違っている可能性もあり…まあおおよその目安ってことで。

帰りに目当てのグッズを購入。イリヤの小さめのファイルが欲しかったのですがまさかのランチョンマットサイズの大判ファイルのイリヤの回のが売っていたので嬉々として購入。



ただ、グラス売り切れだったんですよね。イリヤのグラスは凄く可愛いのできになっていたのですが…。どこかの店舗で売っているといいな…イリヤゲットしたいものだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【本感想】大塚明夫『声優論』:読んでなるほど自分には色々足りなかったなと思った本

声優魂 (星海社新書)声優魂 (星海社新書)
(2015/03/26)
大塚 明夫

商品詳細を見る


試し読みをしてみて何だか結構興味深いなと思い購入。ちなみに帯には黄色地に「声優だけはやめておけ。」と凄く目につくものになってました。この言葉が印象的でこれがタイトルかと思って勘違いして探していたらタイトルは「声優論」なんですよね。元々好きな声優さんであるというのと試し読みでだったので興味があれば、是非試し読みからオススメします。

内容は声優についてのこと、大塚明夫さん自身のこと、そしてこれから声優を目指す人のことなど。読み終わってみて、これほど正直に声優という職業のことを書いてくれてある本は無いんじゃないかと。

というのは私自身高校時代くらいに声優に対して憧れがあり、アニメのキャラクターを演じている人になりたいと思い高校2年途中から演劇部に入りと少し目指したことがあったのですが、その時とか読んだことがあったのは林原めぐみさんのエッセイでした。偶然から声優になれて、なれてから難しかったこと等の話はあったのですが、なるまでは養成所に通って…というサクセスストーリーのようで当時の私には、養成所という所に受かって卒業すればアニメのキャラクターの声をあてられるんだというのを夢見てました。今回の大塚さんの本でも書いてあったのですが林原さんは天才肌の人だったようで特別だったようです。なのでそんなに甘くは無いぞ…ってことなんですよね。本当に今思い返しても勘違いばかりでした。

大塚さんの本の話に戻りますが、この本…各章のタイトルがまた凄い衝撃的なタイトルだったりします。
第一章「声優になりたい」奴はバカである
第二章「演じ続ける」しか私に生きる道はなかった
第三章「声づくり」なんぞに励むボンクラどもへ
第四章「惚れられる役者」だけが知っている世界
第五章「ゴール」よりも先に君が知るべきもの

上の五章で成り立っているのですが、結構これだけ見ると喧嘩腰かもしれないと思われてしまうようなタイトルなのですが、読んでから振り返ると納得してしまいましたね。

少し紹介すると、一章は声優業界の現状について。昔と違って今は声優が多過ぎて椅子の取りあいをしているということや、若い声優が使い捨てにされるということ、声優という職業では食べていけないということやお金の話、(余程の信頼が無いと)普通はローンも組めないということなど、普段は見えていないような華やかに感じていた声優という職業に対しての現状が書かれてます。

二章は大塚さん自身の生い立ちを踏まえての話で、元々父の大塚周夫さんが声優だったということから役者にだけはなるもんかと思っていた少年時代。大学を中退してマグロ漁船に乗ろうと準備していたのですが歯の治療が間に合わず乗れなかった後、芝居の道にいくことになって自分の人生に張りが出て、自分にとって本当にやりたいことを見つけた話や、納谷六朗氏と出会って声優になった話や、父の話や山寺さんとの出会いの話、今まで関わった代表的な作品の話等大塚さんが経験した話でした。

三章は演技のことについての話。沢城みゆきさんの話や芸能人が声優をやることについて等書かれてます。ちなみに大塚さんは芸能人がCVで何が悪いと書かれているので、その辺はよくネットで言われてる声優じゃないと駄目という受け手側からとは違う、役者側からの話でした。四章は大塚さん自身が声優と認められるようになるまでやってきたこと。五章はこれからの話ですね。

声優という職業に興味があってどんな感じの職業なのか、というのともしくは日常生活で何かただ張り合いなく暮らしてる人にもちょっとオススメかもしれません。私の場合は両方の理由だったのですが、読んでからこんな生き方もあるんだなと妙にすっきりした気持ちになりました。

それと同時に当時の自分が大塚さんのように心の底から演じることが好きでどんなことをしてもこれをやっていくしか自分には道が無いなんて思えるかといえばNOだなとも思いましたね。それだけの覚悟が問われるんですがとてもじゃないですが、そこまでの覚悟なんて持ち合わせたことが無いなと。人のせいにせず自分がともなかなかできない。

当時目指そうと思ってからその時点で両親の反対や声優学校の説明会でふらふらして最終的に自分の得意だったパソコン系の専門学校に進むことになって紆余曲折して会社員になったのですが、その道も悪くなかったなぁと今思い返せばありますね。その間に得るものも結構ありましたし。ただ、アニメを見る側だけになってしまったのはちょっと残念ではあるのですが…逆に仕事にすると好きでいられるという自信は無いですね。この本を見てから声優という職業についての印象が大分ガラッと変わりました。

最後に、著者の大塚明夫さんは演技がドシッとしている印象だったけども、演技以上に本人の心もその道を信じてドシッと構えてるからなんだなと思いつつ、今まで以上に大塚さんのファンなってしまった本でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【雑記】近況、神田明神のお花見と型月の話、最近楽しい今日この頃



新年度からちょっとだけ画像サイズを大きくしてみました。今までは300px×300pxでしたが、今回から350px×350px…そんなに変わらないのですが、ちょっと大きくしてみようかなと。まとめにくかったら戻すかもしれないですが。

3月30日月曜日にお花見に神田明神に行ってきました。都内では桜が満開でその週には天候が悪くなるぞ-~とか言われていたので行ってみたのですが4月4日土曜日の本日現在…確かに天候は悪くなりましたが、まだ少し桜は楽しめるようです。この時期に天候とか悪くならないといいのになと思っていたりしますね…あと春の嵐とかとか。仕方ないんだけども桜を楽しみたいと思うと勿体ない感じがするなぁと。その春の嵐も春の風物詩なんだろうけども。



神田明神のお隣には屋上庭園があるのですが16時までなので中には入れず。ロープをまたいで入っている人とかいましたが個人的には時間にこれなかったのは仕方ないのでとりあえず撮れる所から。2011年2012年とほぼ同じアングルから…今住んでる所にずっと住むということもなさそうなのでこうやって見に行ける日を大切にしたいなと思う今日この頃です。


最近先行上映会に二つ行きました。一つは「血界戦線」もう一つは「Fate/stay night Unlimited Blade Works」。

前者の「血界戦線」は、友人が物凄くファンだったのと元々作者の内藤先生がトライガンという作品の時から好きだったというので行ったのですが、大画面で見るあの世界観は迫力半端無かったですね。個人的には1話も導入部分としては好きだったのですが2話がとにかく面白かったので、その辺オススメしておきたいです。

特殊能力を使うメンバーがいたり変わりもの集まりのメインメンバーで、やるときゃやるタイプのキャラばかりなのでその辺が見ていて気持ちがいい。久々に見終わった後スカッとする爽快感のある作品でした。後から漫画でその話を確認したのですが漫画とはまた違った表現方法もあってアニメであることを最大限に利用してあるなあともうべた褒めです(笑)見終わった後、友人に誘ってくれてありがとう!って感じでしたから。本当にいいもの見た!オリジナルキャラクターも出てくるのでそのうちオリジナル展開にもいきそうな予感がしますが、この感じがいくとそこまで不安は無いかも。逆にオリキャラの子が可愛いので結構気に入っていたりします。

後者の「Fate/stay night Unlimited Blade Works」は2期ですね。ゲストにイリヤ役の門脇舞以さんがくると聞いて上映会のライブビューイングに行くことにしました。もう大のイリヤ好きなもので…。こっちは3話先行で、13話~15話だったのですが、思った以上に良かったです。というのは元々ゲームや前の劇場版等やZeroと色々見ているとどうもFateに期待し過ぎてしまうところがあって実際思った感じじゃないとちょっと落胆してしまう面もあったので、ここはFateという作品を制作であるufotableがどんな風にやるのかなと楽しみにしつついくことにしました。

で、見てきたのですが…BD-BOXの下巻欲しくなりました(笑)

追加部分の奈須さんの頑張りが凄過ぎてこれ、UBWだけどゲームとはまた別物だよと思える様な場面多々ありました。あと監督のFate愛が伝わってきて奈須さんと士郎について語りあってるとかいいなと。なので、友人で「もうFateはどうなるかゲームで分かっているので…ちょっと楽しみにくい」と言っていた子がいたのでその子にでも報告したいなと思った上映会でした。ちょっと話すと、とあるキャラの過去の話が出てきますってところでしょうか。劇場版UBWでは時間の制約があり描き切れなかった主人公に敵対する側のキャラの心情も伝わってきてそこはアニメで丁寧にやっているからもあるんだろうなと思ったりしてます。劇場版もせめて何部作かになればまた違ったUBWが見れたんじゃないかなと思うと残念だけど当時は許可が下りなかったんだよな…時代の差かな。


ところで、TYPE-MOONの作品が色々知識ありじゃないと人によっては楽しめないというイメージがあるので、簡単にオススメしにくいジャンルに感じるんですよね…個人的にはそこまで知らなくても面白いよ~と言いたいものだけども。

「七人の魔術師が七つの種類に当てはまる英霊(サーヴァント)を呼び出してペアになって、聖杯というなんでも望みが叶えられるものの為に戦う」っていうのが物語の主軸だからそこに細かなルールやイレギュラーが加わるけども、そこは出てきたときに何でだろうと思って調べたら出てくるし…気になるなら調べればいいし、そういうもんなんだと思えばそういうもので軽く流してみればいいし…。stay nightはちょっとコミカルなところとアクションのカッコよさが見どころかもしれないなと思うところ。

だから新参者でもいいとは思うんだけど…どうなんだろう。でも私も古参ではないのでそこはどうとも言えない…6年ほど前、UBW劇場版公開周辺にPS2版プレイしてた新参の部類だからなぁ。未だに自分でも昔私にFateを教えてくれて最近Fate再燃している友人に「ここの設定ってこうだからこうなるよね」とか言われても「そうだったっけ?」という程の知識だね。一時期必死に好きゆえに覚えていたけども、結局TYPE-MOONの世界自体がディズニーランドのアトラクションみたいに新しい設定とかが新しい作品がアップデートされていく設定ものだから設定とか好きな人じゃないとついていけなくなるし、間違っていた時のことを考えるとちょっと怖い。Fate/EXTRAの時とか必死でしたね…調べたりして間違いが無いかとか思いつつやっていたけども結局結構間違いがあって指摘して下さった方もちらほらいてありがたかったです。ただ、難しいんだよな…と。設定以外にも英霊になる英雄関係のことも分かっていた方が面白いし。といいつつもFate記事書くかな…私。大変なジャンルではあると思うんだよね。今の自分は大分Fateの初期の設定も抜けてきているのでvita版でやり直そうかなと考え中です。

最近そのハマってる友人が書いてた小説の影響もあって停滞していたhollowフルコンプしました。カプサバはリンのをもう少し。シロウはクリア。あの清々しいまでに明るいカプサバのシロウは災害に巻き込まれていないシロウと友人に聞いてなるほどなと。

そんなミニゲームの本編のhollowはstay nightのどのルートでもないけども、全てのルートのいいとこ取りしたような世界の後の話なのでシナリオフルコンプの少し前の後日談で、不明だったランサーのマスターであるあの人とかの話がうまくまとまって本当に終わったなぁと思う実感はありますね。やりきった。もうPC版で二回クリアした後の今回だけども。合計三回。三回目にして初めてストーリーが好きなのを選んで読めることを知り、驚いたのは数日前の話。実は今までまた見たい話は選択肢に行くように頑張っていましたね。…システム知らないにも程があるよ、自分。さて、あとはstay nightまたやろうかな。