Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2009年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
      

≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

写真撮るだけとって放置していたもの

ちょうど旅行等で結構写真を撮るタイプではあるのですが放置してあること多いのでこれを機にアップでも。


ラーメン屋のかき氷。名古屋栄地下にて。紅茶のかき氷でなかなかあっさりしてて美味でした。ちょうど一緒にいたレイヤちゃんがカルピスだったので食べましたね。氷はふわふわでした。らーめん屋さんでしたが是非これメインでいいんじゃないかと思うくらい。

katsubon.jpg
これもかなり前ですね…ソースカツ丼セット。ここはご飯がおかわりなのでたいてい二杯目にいくのが当たり前とか思って食べていると目の前で彼氏がびっくりしていた。やはりカツ丼というとソースですね。


お気に入りのカフェのアイスコーヒー。ほっと一息つけます。


ちなみに季節限定ティラミスプリンがあったので食べてみたのですがこれは甘くておいしかった。ムースがとろけてふわふわでしたよ。


前回のリラックマフェアの時に購入したコーヒー牛乳。甘さ控えめ…嘘だ!な結構甘い飲み物でした。入れ物がかわいすぎるが故に捨てられない!


前回のリラックマフェアの時のコリラックマのいちごオ・レ。これ定番化してくれないなと思った感じです。甘いけど…これは疲れたと時に飲むといいですね。


レイヤちゃんからもらったお菓子。しゃり蔵の顔がおもしろかっただけで買ったそうです。確かに独特ですわ。味は普通においしかったですよ。
スポンサーサイト

本日フラゲ日、長門キャラソン 『under “Mebius” 』

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.2TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」
新キャラクターソング Vol.2

(2009/09/30)
長門有希(茅原実里)

商品詳細を見る

01: under “Mebius”
作詞:畑亜貴 / 作曲:Tatsh / 編曲:tetsu-yeah

歌詞カードを見ると日本語多いのに聞いてみるとやはり日本語でさえ英語に聞こえてしまうこの曲。ミステリアスなんだけども、やはりサビが分かりづらいのは歌詞カードを見た後も一緒でした。歌詞の内容はというと、長門の中のデータ処理の歌といえばそんな感じかもしれない。何度か聞くと慣れてきたけどもやはりキャラソンだと賛否ありそうだ。私的にはCDで聞いてみても音綺麗だしドライブで口ずさむ系かなと思いました。曲調は独特ですね。

02: 通過地点のMUSICA
作詞:畑亜貴 / 作曲・編曲:高田暁

何かエンドレスエイトに疲れて消失前長門って感じがしてきたこの曲。自分の感情に疑問を持ち始めている感じなので。曲も入ってきやすい音でした。やっぱりMebiusが独特なのでかこっちが聞きやすいです。

という訳でフラゲでした。昨日ダウンロードと視聴として感想書いたのとあまり変わらなくなってしまった…。でもこれから聞いていくとまた変わるかもしれないのでしばらく覚えるまで聞きます。そしてカラオケに…。早く入らないかな。

Theme:涼宮ハルヒの憂鬱 - Genre:アニメ・コミック


コードギアス 反逆のルルーシュ キセキの誕生日

【イベント名】     コードギアス 反逆のルルーシュ キセキの誕生日
【会場】        東京国際フォーラム ホールC
【日時】        12月5日(土) (1)開場 12:00 / 開演 13:00~
                      (2)開場 16:30 / 開演 17:30~
【チケット】      1&2階席 7,800円(税込)  3階席 6,800円(税込)
            
            先行予約(抽選) 10月10日(土)~10月18日(日)
                ※10月10日(土)10:00より受付開始
                ※10月18日(日)22:00で受付終了
                :一般発売  11月10日(火) 10:00~

【内容】        ピクチャードラマ ステージVer. / ライブ ほか

【出演者】       福山 潤/櫻井孝宏/ゆかな/小清水亜美/水島大宙
             杉山紀彰/成田剣 予定

【出演アーティスト】 黒石 ひとみ(Hitomi)

9/28(月)に詳細が出ると聞いていたギアス。どうやらルルーシュの誕生日を祝ってのイベントらしい。マクロスもクロスオーバーライブあるし。昨年熱かったアニメが今再度盛り上がってくる感じですかね。ギアスは個人的には考え中。ちょっと見てみたい気もするけども…何か今年は東京遠征する気力がないところ。

もうちょっとギアス熱があるときにこの話題があれば迷わず「行く!」って言ったところなのだけども、終了して1年経過しているし、その間楽しみにしていたバラエティCDのR18は何か…傾向が違うな…とか思って離れてしまっているのでそれこそ気持ち次第ですね。多分師走開始の月で通常よりバタバタしそうなので行かなさそう…かな。

Theme:コードギアス 反逆のルルーシュ - Genre:アニメ・コミック


来年もPaperblanksにお世話になります

丁度誕生日がこの間あったのですが、妹からプレゼントをもらえるという話になり、色々考えた結果来年の手帳を買ってもらうことにしました。ここ数年Paperblanksにお世話になっているのですが来年度も。

ところで、Paperblanksというとメーカーのハートレー&マークス社は、もともとカナダのバンクーバーに本拠を置く出版社で今では世界的に使われているらしいです。元が出版社だけにデザインを重視しつつも使いやすいのがいいですよね。上品で種類が多く、磁石で止められるというのもいいですし紙の質もいい!

2008年から愛用していて柄も、ハンドツール→フォイルと辿ってきたのですが来年はフレンチフローラルのアイボリーになりました。今まではあの古くて趣のある日記帳のようなのが気に入っていたのですが来年は華やかに。

paper blanks/ペーパーブランクス 2009 スケジュール帳 【フレンチフローラル・アイボリー】paper blanks
2009 スケジュール帳
フレンチフローラル・アイボリー


paper blanks

商品詳細を見る

↑今年のものですがデザインは同じ感じです。

どうしてPaperblanksがここまで好きかというと見開きが一週間で書きやすいことと、フリーポケットがついていることと、マグネットで閉じやすいことと、取り外し可能の主要都市地下鉄路線マップがあることと使用面でもかなり便利なこと。そしてデザインがたくさん選べること。

今年のものまでは手帳にケースが付いていてちょっと防水面でも嬉しかったのですが今年からそれはなくなるようです。というのは今年のはあまりにもケースが薄くてすぐ破けてしまうほどでした。2008年版と比べて明らかに薄さが違いますね。改良されたのか…経費削減なのか…その辺は分かりませんが来年のはケースがないのは残念ですがまた違った気持ちになれるなとあと半年残っているのにもう使いたいという新しい物好き。でもフォイルも気に入っているので愛用中です。妹は来年フォイルらしい…フォイルは飽きがこないデザインなのでまた数年後売っていたら使いたいですね。もう手帳のシーズンで…あと少しで年賀状…時間が過ぎるのは早すぎる気がします。卓上カレンダーも購入しないと…。

少年セバスチャンの執事修行は無料でいいのかと思うほどのクオリティ

戦う!セバスチャン (8) (WINGS COMICS)戦う!セバスチャン (8)
(WINGS COMICS)

(2009/08/27)
池田 乾

商品詳細を見る

WEBウィングスが本日28日創刊で、戦う!セバスチャンの少年時代篇の『少年セバスチャンの執事修行』が始まるのでわくわくしてとりあえずネット関係の書籍だから幻冬舎関係とかのは200円くらいだったからそれくらいかな~と思って見に行ってみると…全部無料で読めますとのこと。新書館…太っ腹…

http://www.shinshokan.com/webwings/
↑WEBウィングス

他にもいくつか作品があるのですがやはり楽しみにしていたセバスチャン少年篇。

セバスチャンがフラン○フルト執事になる前から始まる。父は猛獣使い、母はブランコ乗りで父の冒険につきあって世界を転々としていて極地ばかり移り住んでいた生活に嫌気が差したセバスチャンはドイツ語で書かれた新聞をみてフラン○フルト執事面接も履歴書写真でパスして執事になったのが今回の話。デイビッドも最後にちょっとだけ出てましたね。どうやってコックになったやら。父親とドイツだと思ってたどり着いた場所はハワイだったというオチで終わり…デイビット少年篇も続いていく様子。

ヘイジは今回まだ出てなかった様子…個人的一番好きキャラはヘイジなのですが。ほぼ人間を超越して人ではないあのゴキブリ並の生命力が好き。上のコミックス8巻でいうとセバスチャンに頭から捕まれている女の子みたいな感じのがヘイジ。決してアルプスに居るわけじゃなくて、デーデマン家の屋敷に住み着いている意味不明の生命体。表紙にはさりげなくいるんだけどなぁ…

今回やっぱりセバスチャンは少年だけにかなり可愛い系美少年。本編でも出てきたけども普段あの鬼のようなクールイケメンセバスチャンがこんなに可愛いとまぶしすぎる。デーデマンの父が即採用にしたのも分かる気がする。父も若い…セバスチャンもこの若さだから比較すると当たり前なのだが違和感感じる。その割にセバスチャン両親はそんなに変わっているようには見えないんだな…謎。(笑)

今回表紙が凄く気になったのだけども、デイビッドの足下にいるお嬢さんはツネッテでデイビッドの頭の上はA君、ユーゼフが抱きかかえている飴持った男の子がB君でセバスチャンで、右端にヘイジとデーデマンでいいのかな…この子供がイマイチ分からないけど大体髪の色から想定すると…使用人のA君、B君、ツネッテも勿論これから出てくると思うのでこの表紙見ると来月待ち遠しいですね。セバスチャン、デイビッドと出てこれば次はユーゼフか!?

Theme:戦う!セバスチャン - Genre:アニメ・コミック


長門キャラソン視聴してみると意外な感じだった

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.2TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」
新キャラクターソング Vol.2

(2009/09/30)
長門有希(茅原実里)

商品詳細を見る

01: under “Mebius”
作詞:畑亜貴 / 作曲:Tatsh

02: 通過地点のMUSICA
作詞:畑亜貴 / 作曲:高田暁

とりあえず我慢できずに着うたサイトでダウンロードしてみて聞いてみました。under“Mebius”はダウンロードで通過地点のMUSICAは視聴で。感想は以下に。

under“Mebius”はホント人を選ぶ曲で多分これはスルメ曲だと思う。歌詞に英語が多いのか長門(みのりん)のボイスで歌うと日本語との差があまりないので歌詞カード欲しい~と思わずにはいられない。全体的の曲の作りではサビが分かりづらい感じです。音楽ゲームが好きでそれ系のテクノっぽい音楽が好きだって人には取っつきがいいのかもしれないけど、そうじゃない人にはキャラソン…っていうには取っつきづらいものかもしれない。私的には結構音楽ゲーム系の音楽は大好きなので曲は好きなのですがこれはもうちょっと聞き込まないとなと思ったところです。でも長門のミステリアスな雰囲気は出ているので他キャラじゃなくて長門ならではの曲だとは思うので個人的には好きです。

通過地点のMUSICAは視聴した限りではunder“Mebius”よりキャラソンっぽく、分かりやすくて聞きやすいですね。歌詞も視聴したところは日本語でしたし。そして長門ってそういうイメージなのかやっぱりテクノポップって感じの曲でした。となるとやっぱり明日フラゲ発売だと通過地点…のほうが人気が有るかも知れませんね。

しかし、やっぱり長門というと雪、無音、窓辺にて。 が神曲すぎるので多分それの人気以上はどうかな~と思ったのは正直な感想でした。Tatsh大好きなのですが。

Theme:涼宮ハルヒの憂鬱 - Genre:アニメ・コミック


Naked armsは東京ゲームショーで発表されたらしい

イナズマロックフェスの2日目で歌ったというNaked armsはBASARA3の曲らしい。相変わらず歌詞は井上さん、曲と編曲は大ちゃんのようです。前評判通りでしたが、ゲーム自体の発売が2010年なのでCDも2010年発売なんでしょうか…早く聞いてみたい…あちこちの感想見ても激しい曲ということしかわからないが。でも、結構CDとライブだとアレンジが違ったりするのでまたライブで聞いてもCDとはまた変わるんだろうか。まあ、BASARAの曲だから激しいのは確実だけど。

BASARA公式見てみると公式もしっかり更新されてました。流石ぬかりなし。

そういやちょっと話変わるんですが、どう見てもテイルズ最新作、テイルズオブグレイセスの主人公アスベルがスザクにしか見えない…。見た目だけでもそうなのに、育ちとか、性格の…真面目で礼儀正しい青年剣士になるとか、その後の文章なんて似てる気がする。

『幼い頃は明朗快活でまっすぐな性格。長じると情熱を秘めたタイプに変貌する。他人に対する面倒見がよく、困った人を見ると放っておけない面がある』

…Σ(@□@;;こりゃすげえや。弟役がロロの水島さんだし。ヒロインの名前ソフィ…(ユフィ思い出した)な…何か意識してる?後々黒い性格になったり…しないと思いたい。

色々終わってしまった

新番組に入れ替わりの季節ですよ。見ていて終了したのは、07-GHOSTとCANAANと絶望先生とハルヒ。(でもCANAANは最後までまだ見てないのでニコ動で見ているところ)今視聴しているもので続いているのは銀魂とうみねこ。実は見たかったのは化物語と咲。(結局見れなかったけども…機会があったらみたい)

秋番組チェックしたがどうも何か…イマイチこれといってない。とある魔術の…は気になるけども前までのも見ていないし。まあ始まってから考えます。この時期に旧作見直しでもいいな。

アニメ映画化といえば、とうとう秋にマクロスF映画版公開ですね…シェリル(May'n)新曲で挿入歌なのは楽しみだけども…ランカ(まめぐ)も出るのかな。

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ pink monsoon劇場版マクロスF
-イツワリノウタヒメ-
pink monsoon

(2009/10/21)
シェリル・ノーム starring May’n

商品詳細を見る

「pink monsoon」
 作詞:gabriela robin 作曲・編曲:菅野よう子
C/W 「天使になっちゃった」
 作詞:gabriela robin 作曲・編曲:菅野よう子

ちなみにpink monsoonは特報の映像の背景にかかっている曲らしい。カップリングは幻のデビュー曲らしい…これは公式のラジオであったらしいけどまだ未聴。久々の菅野さんとMay'nなのでこれは買いに走らねば。発売日は、2009年10月21日(水)なので要チェックですね。フラゲは20日(火)か…amazon購入せず近くのCDショップに走るかな。

ゾンゼロ…ASUKAに変わったってことはトリブラは?

ZONE-00 第6巻 (あすかコミックスDX)ZONE-00 第6巻
(あすかコミックスDX)

(2009/09/26)
九条 キヨ

商品詳細を見る

ショタ率高くないか?なんて思ってしまったゾンゼロ。志萬の許嫁の雲母が出てきてまた何か雰囲気変わって面白い。ショタ率についてはやはり篠丸が増えたからだろうか。そしてショタには容赦なくグロイし…月彦、紅緒…そして3人中2人が女装っていうのもこれ九条先生の趣味だろうなぁ。志萬の小さい頃も何かショタで女装っぽいし。これはセーラー服でズボン…だと思いたい。でも女の子っぽい。

九浄の母親の仁子が今回はっきりとした形では初出だったけども、何か好みだった。はっきりしているしね。そして美人さんなのが尚いい!しっかしこの話女の人は殆ど巨乳…美脚。そう考えると赤頭巾こと北の魔女は貧乳なので珍しいかも。いや、でも一般的な貧乳よりは明らかにあるけどね、あの胸のふくらみ。ぺったんこではないし。つい胸と脚が気になるところ。

今回色々ピンチになったところで次の巻だけども、志萬側が写楽は月彦に敗れてるし、花房は憐児に…だしその前に篠丸も負けてるし…何かすっかりあっち(毘沙門側)優勢な感じなんでしょうか?

北の魔女の彼女は操られている感あるしまだまだ先が全然読めないゾンゼロ…というかゾンゼロ自体元々先が読めない漫画だなと…ASUKAで月刊になるから少しは早めに読めると嬉しいですね。でもトリブラが別に連載終了という風でもないようなのでその辺どうなるのか謎。本誌おっかけてないのでその辺弱い、コミックス派。

ドラマCDならぬ、イメージアルバムもでるようですね。ドラマCDは正直声が難しい…阿部寛ボイスとか…(笑)まあ半分聞いてみたいような気もしないことはないけども特定されるのも複雑だからこのままでいいかなと。

ローゼンメイデン、表紙銀様の上目にちょいとやられた

ローゼンメイデン 2 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 2
(ヤングジャンプコミックス)

(2009/09/18)
PEACH-PIT

商品詳細を見る

書店で見たとき最初誰だろうと思うほど可憐な銀様。

いや、今回本編中、ツンだけではなくてデレもあって、ああ…これなら銀様好きな人の気持ちも分かると思ったそんな最新刊。今回は限定版ナシなんですね…前回のように少女の作り方とか冊子を少々期待してしまった。でも表紙とかでかなり満足。これは綺麗だわ~。

ローゼンでは雛が大好きな私ですが今回見ているとつい、真紅や銀様寄りになんとかならないかと思ってしまう感じでした。雪華綺晶は可愛いんだけども何か怖さが勝っていてその辺が苦手かな。見た目可愛いんだけどなぁ…気持ちも分かるんだけどなぁ。

真紅&銀様VS雪華綺晶でそこに翠星石も加わってで今回終わり。個人的には銀様がツンデレだと思っていたけども調べているとどうやら翠星石もツンデレに入るのだろうか…そして、見ようによっては真紅もツンデレじゃない?…となるとドールのツンデレ率恐ろしく高い(笑)まあ可愛いから万事OKだけども。

今回は翠星石の登場でちょっと動きそうなローゼンメイデン。雛は…うーん、戦線離脱しているから無理だよなぁ…。

カウントダウン開始ってそういうこと?

CDTV仕様だった銀魂。流石期待を裏切らない。何か変なことをする期待をするようになってしまった。銀魂に関しては。

そういやランキング内に出てきたジャンプアニメツアーの銀魂、予約してあったのだけどもホント買って良かった気がした。作画いつもより綺麗な気がする。

銀魂 ジャンプアニメツアー2008&2005 [DVD]銀魂 ジャンプアニメツアー2008&2005 [DVD]
(2009/09/30)
杉田智和 石田彰

商品詳細を見る

白夜叉格好良すぎだろう。ジャンプアニメツアーは見たことないので早く見たい。OP以外で動いているのを見るのは初めてだし。

ところで話戻って名台詞ランキングですが、1位~3位は納得でしたが個人的には103話の以下沖田の台詞が入ってると思ったので残念。これは初めて見たとき鳥肌立った。1位の銀さんのもそうだったけども。トッシーの話は奥が深い。台詞書き出すために久々に見たけどもやはり格好良かった沖田。

見知った顔も見えるがそっちについたからには――…
死ぬ覚悟はできてるんだろうなァ
真選組局中法度 第21条『敵と内通せし者、これを罰する』
てめぇら全員、俺が粛正する。

真選組一番隊隊長として てめぇらに最後の教えを授けてやらァ
圧倒的に力の差がある敵を前にしたとき、
その実力差を覆すには数に頼るのが一番…
呼吸を合わせろ、身体ともに気を練り もっとも充実した瞬間だ
一斉にきりかかれ!
そして!

死んじまいなァ…


やっぱりこれいれてほしかったですねぇ。

07-GHOST最終話

『07-GHOST』 Kapitel.2 (初回限定版) [DVD]『07-GHOST』 Kapitel.2 (初回限定版) [DVD]
(2009/09/04)
斎賀みつき 浪川大輔

商品詳細を見る

月曜日で終わりだったような07-GHOST。でも話は本誌で続いているのでああいう終わり方もありだなと思ったところ。結局、あまりそんなたいした戦闘シーンもなくアヤナミが退くことでそれ系のシーンは終わりましたが。でもまだ物語の序章とも言えるところで終了なので二期あったら嬉しいけどもどうなんだろうな。DVD売り上げはいいようだけどそんな人気が凄くあるというほどでもないから…うーん。個人的には元の本編が進んだらやってほしいような気がする。

ところで話の内容ですが、テイトが司教試験合格して、フラウの助手として教会を旅立つところで本編は終わり…最後の台詞の所はかなり良かった。
テイト「これでもちょっとは成長したぞ」
フラウ「では汝に問う。その証を述べよ」
テイト「俺は、失ってばかりじゃなかった」

自分にとって失ってばかり(つまり自分に関わった人は死んでしまう)だと思っていたけどもそうじゃなかったというのが分かったというのは進歩だろうな。初期からホントそれとミカゲの話ばかりで(笑)気持ちは分かるけどテイトの苦手部分でもあったので克服してくれて嬉しかった。ジャンプ漫画じゃないけども何か成長してくれたらそれだけで万々歳って感じがする。終わり良ければ全てよし…途中はちょっと何度か挫折した時もあったけども最終的には楽しかったなぁ…07-GHOST。願わくばセブンゴーストが出てからの話があるなら見たかったけど、その辺は二期に期待。

歴女と腐女子はイコールではないと思う

ハラハラ! 関ヶ原 -戦国男子-ハラハラ! 関ヶ原 -戦国男子-
(2009/09/05)
LA BICICLETA

商品詳細を見る

ちょっと前でmixiで取り上げられていたけども、歴女=腐女子という認識がどこかしらにあるのかなと思った今日この頃。必ずしもそうじゃない人も多いだろうに。個人的見解では、歴女っていうのは女性だけども大の歴史好きってそういう感じだと思う。

話戻ってこの本ですがあおりがまた凄い。

関ヶ原で咲き乱るる“武将愛”(Busho Love)
戦国武将たちの友情、雄姿、艶姿! “BL”(Busho Love)な妄想シチュエーションをイラストで実現!


BLで武将ラブって凄いなとこれの記事見たときから思っていたのですが何度見ても凄い。内容もかけ算が多いことで…何か歴女とはかならずも腐女子じゃないよと思ってしまった。いや自分はどちらかというと腐寄りだろうが、それでもこの本はちょっと…っと思う。多分同人ならいいんだろうけどなぁ。

ところで、最近そんなこんなで色々戦国ブームやらなんやらで書籍も増え…な感じなのですが会社でBASARAをある男の人に貸すとかなりハマってどうやらアンソロ系に興味も出てきたようなのだけども困っていた。というのは、買った本でBL系になると困る…とのことで、「じゃあ中身確認できる書店で確認してから購入とかは?」というと「いや、それにぶつかったらショックで立ち直れないよ」と言われた。まあ…普通そうだよな。ということでオススメ本でも探そうかと思ったがまだ動いていない状態。その人曰く、殿と一緒のようなノリの本が見たいらしい…またレベルが高い。

殿といっしょ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)殿といっしょ1
(2007/09/22)
大羽 快

商品詳細を見る

そういや今日は祖母と天地人の話をしていた。石田三成周辺の話で妙にBASARA3を思い出してしまった。この間イナズマロックフェスというのが滋賀であったのですが、それの2日目にあったTMRの新曲Naked armsが曲じゃないかともっぱらの噂。とにかく井上さんの歌詞+大ちゃんの曲+西川さんの歌があるTMRが久々に聞けるってだけでも嬉しいです。予約してこないと。

うみねこのなく頃に

うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 1 (ガンガンコミックス)うみねこのなく頃に
Episode1:
Legend of the golden witch 1
(ガンガンコミックス)

(2008/06/21)
竜騎士07 夏海ケイ

商品詳細を見る

まず漫画から読み始めて興味持ってアニメもついつい見てしまったうみねこのなく頃に。最初は「特にいいかな」と周りの反応を見ていて思ったけども見始めるとなかなか面白いので見入ってしまってましたよ…今日だけで全話みてしまった…12話分もあったけど。

かなりの量…だったのに関わらず必死に見てました。好きキャラはといわれるとうーん、真里亜ですかね。怖いし、うーが鬱陶しいときもあるけど何か可愛い。愛らしいよ、真里亜。9歳には見えないロリっぽさが魅力的。男キャラだと嘉音かもしれない。TODのリオンに似ていると妹に言われたけども…確かに言われればそうかもしれないな。彼は必死さがあるからね。紗音もセットでだと尚好きですよ。

声の印象は元々イメージなかったから入っていけたアニメ版だけどもベアトが大原さんなのでちょっと侑子さん思い出してしまった。大原さんは気品ある役すると凄く似合うと思う。ミレイさん(ギアス)とかもそうだけど。

Episodeの1~3の途中までアニメで今やってますが、個人的には5の古手ヱリカが気になるところ。見た目ではベルンカステルが魔女の中ではミステリアスっぽくていいかな。いやもう、めっちゃ梨花ちゃんっぽいけどね。wikiで少々読んだけども関係あるらしい…やはり。ラムダデルタもラムダ(3)、デルタ(4)で三四関係じゃないか…とのことらしいし小さい頃三四っぽいなとは思ったけども。さりげなくひぐらしとリンクですかね?

ベアトの家具の煉獄の七姉妹もまだ少ししか出てないから気になるなぁ…やたらにけいおんキャストだけども(笑)

先が全くどうなるかわからないというのがまたひぐらしの時と同じく楽しみです。とりあえずアニメと漫画版で。妹から近日ゲームも借りられるみたいなので出来たら、プレイしたい。

長門キャラソンはTatshって豪華だ

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.2TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」
新キャラクターソング Vol.2

(2009/09/30)
長門有希(茅原実里)

商品詳細を見る

01: under “Mebius”
作詞:畑亜貴 / 作曲:Tatsh

02: 通過地点のMUSICA
作詞:畑亜貴 / 作曲:高田暁

長門新曲はTatshだそうでもう今からわっくわくですよ。この情報ちょっと前に知ったのですが他二人は違うみたいで長門にTatshならフラゲしかあるまい!ということで29日早速買いに出かけてきます。

歌詞は相変わらず畑亜貴さんですか。というかここ数年アニソン曲で畑亜貴さんの名前見ないことないくらい見てますね。働き過ぎだとさえ思ってしまうほど。個人的には大好きな作詞家さんだから嬉しいとえばそうなのだけどもここまで出てると心配になるくらいだわ。

ちなみにTatshといえば…
PCゲーム「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」オープニングテーマ「Lunatic Tears」「11eyes-罪と罰と贖いの少女-」
PC版 OP
「Lunatic Tears」

(2008/05/07)

彩音

商品詳細を見る

この曲が大好きだったりします。この曲の作曲もTatsh。11eye関係でEndless Tears…も好きだったり。初音ミク関係だとシンデレラ・ロマンス等の作曲もで、後は最近彩音さんと東方系の歌がニコ動でアップされていましたね。

ということで今から楽しみです。発売日が待ち遠しい!来週火曜日か。覚えておかないと。

誕生会

誕生会してもらうような年じゃないかもしれませんが誕生会して貰いました。誕生会という名の飲み会ですが。居酒屋さんで妹も参加させて貰って二人で飲んでました。他みんなはソフトドリンクで。

何か頼みすぎた感が強いこの飲み会(^-^;お腹すいていたしね…仕方ない。

しかし楽しく話させて貰いましたよ。今まで色々貰ったけどもまたこういう祝って貰い方も嬉しいです。昨年は婦人体温計と風呂敷を、その前はドライヤーを…等様々にいただいてきたけどもどれも未だに愛用中。友人にプレゼントされた物は思い入れが深いです。ホント、毎度ありがとう。

そんな中帰りに酔っていたからか居酒屋の入り口の些細な段差で転び、そりゃあもうかなり派手な転け方をして一瞬折れたかと思ったのですが筋を違えただけのようでした。帰宅後すぐに湿布にお世話になりましたが。連休の前にコレは痛い。病院あいてないよ。とりあえず数日は安静だな。

その後カラオケで歌ったのですが、歌う回数が少なくなったせいか、選曲が悪いのか最近どうもうまく歌えない。数年前カラオケに通っていた頃は気持ちよく歌えていたのだが…またカラオケに通いたいところ。でもシドとか歌えて良かったなぁ。願わくばJOYだと良かったのになぁ。本日はDAMでした。電波ソングいっぱい聞けたから良かったけどね。

夏の思い出(VAMPSライブ編)

8/29(土)に行ってきたVAMPSのライブの写真等アップしてないのに気づいたので今更ながらアップです。レイヤちゃんと一緒にライブだったのですがホント楽しかった。hydeセクシーすぎだよ。hydeの色っぽさにドキドキしまくりのライブでした。

さて、開始前…シドライブの時にはグッズ販売に恐ろしいほど並んで…だったのですがVAMPSは中に入るのにかなり並びました。あれは凄いな…列写真撮っておけば良かったと思うほど。場所が違うからかな…


↑会場に並ぶ人の図。アリーナがブロック分けだったからそれもあるかも。


↑VAMPSグッズ販売の所。凄く格好いい。

しっかし、ホント今年はMISIA→シド→VAMPSと行きましたがアーティストによって違いますね。ライブはアーティストの色がよく出る場所だなって思いますよ。ホント行けて良かった!

VAMPSといえば海外のファンが多かったですね。MISIAはどれかっていうと星空のライブで座って聞けるからか年配の人もたくさんいて…という感じで、シドはもう様々って感じでしたけど。衣装が独特な人が多かったのはシドですね。VAMPSはみんなライブTシャツでした。お洒落っていうよりもライブでの激しさあるからだろうなぁ。


↑最後にグッズの隣のバルーン。全体的にコーディネートがお洒落なVAMPSでした。

ハルヒ二期終わったなと思いつつ、メイドみくるを眺めるそんな日

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
(2003/09)
谷川 流 いとう のいぢ

商品詳細を見る

そういや先週2期最後だったハルヒですがちょっと前に色んな人のコメントを見て演出が気になったので溜息買って読んでみたのですが…この話ってもうホントどこを読んでいいやらなんつかもう、結構苦しい感じでした。ハルヒこれはやりすぎだろうよ。今まででも結構やり過ぎ感があるけども(PCを脅し取ったときとか結構キツイ)ハルヒのやり過ぎ感が強まる溜息。見ているこっちもためい…いや、それは禁句か。

どこかで鶴屋さんがアニメの演出が酷いとか見たので小説読んだけど…イマイチ違いがわからなかった。もうアニメ演出が頭のあるからだろうなぁ。小説なんてテキーラ混ぜてて、(アニメでは甘酒だったけど)犯罪の香りがするよ。これで周りが常識人じゃなかったら危ういだろうよ。ハルヒは一体何したいんだろうなぁ…まあスレスレの感じを楽しんでるのかもしれないけども。

アニメ版溜息は結局最後に最初のハルヒとキョンのコーヒー店での話を持っていていたけども、アニメからだと違和感無いかもだけど小説のほうがそっちは先に読んでいたので強烈な違和感が。でもまあ…あの上映会とかで終わるよりは後味よくしようとしたんだろうけど…これ二期の終わりかよと見終わった後寂しくなった。消失を取っておこうとしているからだろうなぁ。消失は確かに色々見所ありだけどもそこまで取っておくような感じなんだろうか、うーん謎。

アニメ二期はエンドレスエイトがかなりメインな感じだったな。個人的には笹の葉好きでした。

久々に一期のみくるの話を見るとキョンが今とかなりしゃべり方違うので吃驚した。昔だとキョンと銀さんがそれほどまで被らなかったけども最近のキョンは銀さんとレオン三島(マクロスF)に聞こえるなぁと。やはり月日は声や演じ方を変えてしまうよ。三期か映画化どちらでも構わないのでまた早く続きみたい。といいつつも作者の筆も関わっているんだろうなぁ…続きがでないしね。

一期のアニメをもう一回見直すと話が面白かったのか演出が面白かったのか面白かった。まあ放送順序は時系列の方がありがたいけどね。そんな感じで三期か映画化を待つ今日この頃。でも消失長門の人気が高いのは分かるんだけどもどーも自分は普段の無表情長門好きなんだけどなぁ…。

祭りの売り物



妹が買ってきたチョコバナナ。何かチョコバナナも進化したんだねというべきなんだろうか、この胸が1つしか無いことを突っ込むべきなのかさっぱりですが、な…なんだこれ~と思ったチョコバナナ。9月2日の出来事。写真整理していて見つかったのでアップですが、なんか不思議な感じなチョコバナナ。

苺味だったのだろうか。でも体は緑だったし。(メロン味?)とりあえず面白かったので撮らせて貰ったが、何がしたかったのかわからない。しかも他に、はしまきとかクレープとか食べたのに関わらずコレしか写真残っていないってどうよΣ(@□@;;まあそんな楽しい祭りでした。

妹も久々帰郷の祭りでやたら楽しそうでした。やたら食べていたけどな。

今回の祭りではからあげが食べれなかったのは残念。来年こそは!でもクレープは二回も食べた。正直結構重い物だったなぁ。美味しかったけども一緒に珈琲欲しくなるほど甘い。

影響されやすい

アニメやゲームや漫画や同人やどの種類でもそうだが、ものすごく影響されやすい人間なので、モチーフとなった場所に行ったり(聖地巡礼)、作品内に出てきたものや、キャラクターが使用しているもの等買ってしまったり訪れたくなったり傾向が強いんだなと思う。

まあそれは自分だけでなく誰でもあることだと思ったのは最近の「けいおん」現象。キャラクターが使っていた楽器だけでなく、文房具や家電等全ての面で売れたというのはファンだからこそなんだろうけども。そういやこれって好きな芸能人とかアーティストとかと同じものを使うとかそういう心理と同じかも。

最近読んだ同人の中に『海鮮フカヒレまん』がモチーフとなっていてついつい、帰りに寄ろうとそのコンビニ探していたら一番バス停から近いミニストップだった。それで本日寄ってみると売り切れ。どうやら今日からだったからか綺麗になくなっている。ということで明日もチャレンジしてみるか…ということで今日は諦めて帰ってきた。確か前に塩味きいて美味しかった印象があるのだが、まあ仕方ない。こんなことをしているとコンビニ寄りすぎで太ってしまいそうだ。

昔、現在も仲良くさせていただいている方の書いたSSの中に出てきた桃のナイーブは現在も我が家で定着していたりする。意外にも定着率抜群だったり。

最近桃のファンタが復活していた。何か妙に懐かしい目でみてしまった自分に驚いた。ああ、年を随分重ねてしまったんだなぁ…。

インフルエンザな隔離

どうやら同じフロアの人がインフルエンザ感染のようでとうとう隔離されるような雰囲気に。マスク着用と食堂利用の時間変更とかで何かしら緊迫した感じになってしまった。しかも人との接触をひかえるようにとのことゆえ、お昼に散歩でもしようものなら一緒に歩いている先輩に迷惑がかかるということでお休み中。人によっては気にせず普段どおりにしているけども流石に自分だけならまだしも人に迷惑かけるかもしれないのにというのは考える。とりあえず、手洗いうがい徹底しないとなぁ。

帰宅時についついミニストップでチーズピザまんとプリンを買ってしまった。どっちも高カロリー。ストレスが食に行くタイプなのでこのまま太らないようにしないといけないなぁ。ふ、太りそうだ(--;

そういえば、インフルエンザにはインフルエンザ対応のウィルスマスクがいいそうです。家にあるのは普通に花粉用マスクなのでちょっと心配ですよ。会社でそれ指摘されましたし…どこかで探しつつ手洗いうがいですねぇ…

グラハムと同い年ですか。(笑)

本日また歳を重ねました。何か同い年になったとかネタ無いかと思ったらグラハム登場時は同い年のようで、これで自分も乙女座だから変な共通点が出来ました。グラハムというと最近ニコ動でグラハム流星群に笑った。ネタの多い男だと思う。ブシドーになると変人度はアップしているけど、迷言は減っているような気がするよ。やはり1期のグラハム破壊力は凄い。

話はそれましたが、今日はというとかみぃちゃんと新神戸オリエンタル劇場に行きbambino3と+が一緒になったヤツを2回見に行ってきました。色々調べないと行けないかなと思っていると、どうやら新神戸駅から繋がっているそうで、簡単に到着。近くに買い物できるところがあったのでちょっと見た後豆腐系バイキングのご飯に行ってかなり嬉しそうに食べてました。しかもかみぃちゃんの奢りときてかなり感激でした。美味しかったのでまた機会があったら行きたいかも。

ところでbambinoでしたが、個人的シゲさんこと森山さんが大好きなので今回ゲスト来ないかななんて淡い期待を寄せていたのですが、それは無理だった…(><。)でも話は面白かったし、笑いあり、大泣き有りって感じで楽しく見れました。ただ、かなりきつかった。2回見るともう重くて辛くて…1回目見終わってカフェに行ったときに弱音吐いてました。それくらい過去のbambinoに無かった重みがありました。あれはうーん…帰宅時にちょっと重くなったなぁ。

そんなこんなで楽しかった誕生日ですが、お昼代わりに入ったカフェのクリームブリュレが非常に美味でした。流石、神戸。


↑紅茶のシフォンケーキとクリームブリュレ。どっちも美味だった~。特にクリームブリュレは大満足っ。


↑かみぃちゃんのメイプルロールケーキとチーズケーキ。チーズケーキがかなりチーズ濃くって感動物だった。手前の珈琲は私がたのんだもの。

過ぎる十七の春

過ぎる十七の春 2 (バーズコミックス)過ぎる十七の春 2
(バーズコミックス)

(2008/10/24)

小野 不由美 山本小鉄子

商品詳細を見る

2巻の表紙が好きなのでこれで。漫画は妹に勧められて大好きな山本小鉄子さん。原作は十二国記等で有名な小野不由美さん。漫画は全2巻。小説は1冊です。

何か久々に漫画読みたいなと思っていたら書店で「やっぱりあの漫画は面白い」と妹が言っていたので購入。読んでみるとなかなか面白かったです。最初読み終わったときは、ちょっと理解できない免もあったけども。ちなみにミステリー系というのか…そんな系です。最初見たときそういうのだと思わず買ったので吃驚したけども、不思議系の話で面白かった。過去の行いが未来に続いていく感じですね…怖い。

あらすじを言うと、表紙の主人公と従弟が十七歳になったときに不思議なことが起こり始めて…主人公が丁度母方の実家に遊びに行っているときに従弟が豹変し、伯母が自殺し…というなか事件について調べていく主人公…するとその家に纏わる呪いがあって――…という感じですね。

夏場にミステリー系はやっぱりいいですねぇ。小鉄子さんのイラストも好きなので大喜びで読み続けてました。表紙が男の子二人と言うことでBLかと勘違いされそうな感じですが、全くそんな描写なくミステリーな感じです。

Theme:漫画の感想 - Genre:アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。