Modern Rose

漫画やアニメ、小説の感想や日常をゆったり書いているブログ
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ TRAVEL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-)

【旅行】長谷寺に行ってきました…御守りが可愛いし、弁天窟が不思議な空間でした



よく晴れた日で、このままぼーっとして過ごすのは勿体ない天気だったので、以前から行きたかった長谷寺に先週の土曜日に行ってきました。人気のあるお寺なので行くまでも江ノ電の中は凄い状態でしたが、お参りもできて、観音ミュージアムというミュージアムにもあったので見物し、目当ての御守りも買えて有意義な日でした。

ちなみに観音ミュージアムでは、入館料300円という格安ながら観音様チケットケースもついてきました。これは嬉しいな。中には様々な観音様がたくさん飾られている部屋があり何か視線を浴びている感じになり、視線恐怖症な私には少し怖かったというのはあったかな…観音様自体は多分ご覧になっているわけではないんだろうけども。でも観音様が様々な姿になって私たちの前に姿を現し願いを叶えてくれるということで本当に様々な観音様でした。一体一体同じ服装や同じ顔はないので。

そして今回1番目当てだった可愛い御守りがとにかく有名で、個人的にはスイカの御守目当てだったのですが、有名なのはイチゴですかね。後は、テントウムシも売っていました。

ちゃんと御守りには意味があってイチゴの御守りは「願叶う守:「一(いち)」と「五(ご)」で十分なご利益に恵まれる」、テントウムシは「てんとう虫守:転倒防止・点取り虫 交通安全、開運招福のお守り」、スイカの御守りは「スイカ守:スイスイ開運」。今回はイチゴとスイカを買いました。また機会があれば来てみたい。

御守りを買った後、敷地内を回っていると、弁天窟という所を見つけて折角きたので入ってみました。どうやら、そこも長谷寺の見所だったとあとから知ったのですが洞窟の中の弁天様はまるでアトラクションのようでしたね…。中でお願いを小さい弁天様の置物の裏に書いて奉納するというのがあり、300円払って置物を買って、その裏にお願いを書いて並べてきました。今までの人の物もあるので凄い量になってましたね。お願い叶うと良いなと。

次に今まで鎌倉に来てもこっち方面に来たのは初めてだったので大仏様を初めて拝んで中も入ってきました。中には大仏様の説明が書かれてるところがあるのですが、夕方だからかそこまでの階段は真っ暗でしたね。胎内巡りみたいなのかと思ったらあっさり終わってしまって拍子抜けでもあったのですが大仏様の中には入れたというのはちょっと感動でしたね。

帰りはバスで鎌倉駅に行って鎌倉で行ってみたかった丸山珈琲のお店に来ました。ちょっと前に珈琲のイベントできていたのには行ったのですがやはり実店舗を見てみたかったという。結構コンパクトな場所でしたが、ゆっくりできました。また機会があれば行きたいな。
スポンサーサイト

【TRAVEL】国技館に相撲観戦…女性と外国人の観光客が特に多かったです



相撲ブームで連日満員御礼の大賑わいの大相撲。ちなみに写真は十両頃ですがその時点で、枡席のこの人数の多さですよ。今まででは考えられないほどですね。

相撲観戦チケットを買ってあったので国技館に相撲観戦に。両親が来るときは毎度相撲観戦がセットになっているのですが、今回は連日の相撲人気から本当にチケットが取りにくかったです。8月上旬にネットで取ったのですがつながらなかったので。しかし、平日ということもあって二階席で最前列というところだったのですが。ラッキーでした。初最前列ですよ。

お昼頃に国技館に到着して、地下でちゃんこを食べたら今回は豪栄道の部屋のちゃんこで塩ちゃんこでした。味はわかりやすくいうと塩ラーメンみたいな感じのちゃんこでしたね。凄くあっさりしてて美味しかったです。そして、一杯250円とリーズナブル。お茶は小さいサイズで180円と国技館価格なんだけども(笑)


ちゃんこを食べてお土産等のお弁当を受け取って座席に行くと、何故かもはや私の席には堂々と荷物がたくさん置かれていて、私が「この席なんですけど」と言って、初めて荷物をどかす男性。流石に人の席に堂々と置くのってどうなんだと思ったので、その方(どうもお隣は奥さんのようだ)に、ちょっと一言言ってしまったなぁ…「ここ自分の席じゃないかと思いました(笑顔)」と。失礼だったかなと思いつつも言わずにはいられなかった…

ただその後、数分してそこの夫婦は立ち上がり「もう帰るからいいです」といい去っていくので、これはどうしたものかと奥さんの方に「あ、すみません」と、さっきの荷物関係で言い過ぎたのかなと謝ろうとすると「お宅じゃないんです、もう帰るんでそこの席のところ荷物置いていいんで」と言って夫婦は帰っていきました。

え?なにがあったの??と思って呆然としていると、どうやらその夫婦のお隣の男性と女性二人という家族連れっぽい人たちとのトラブルがあったよう…折角座席をとっていたのに(しかもかなりいい席なのに)勿体ないなとは思ったのですが、その後観戦していると、そこの問題家族がヤジを飛ばすタイプと判明。

私がその人たちに一番近かったので、とある力士の気合いを入れるときとかに「下品!」といって叫んだり「あんなやつに負けるなよ」とか聞こえてきて、結構何度か国技館で見ているけど初めてこれはないだろうなという人に出会いましたね。相撲通のようなのですが…なんだろうな。お家でTV観戦の時に言っている分にはいいんだろうけどもね。勿論あの力士にもファンがいるだろうし、その気合いの入れ方も本人なりに考え抜いた結果だと思うし…何かいい気がしないよ。

もしかして隣の夫婦はこういう態度に嫌気がさして帰ったのかなと。私の席に堂々と置いてあった荷物のことはちょっと引っかかったけども、お隣の夫婦には同情してしまう面もあったという…。

あとは、いい席だけにもう一つトラブルが。

その帰った二人の席に何語かわからない海外の男性二人が、そこがあいているから座りたいっぽいことを私たちに言ってきて、そこはいくら帰ったといえどもその夫婦の席なので「ここの人はさっきまで来てて帰ったのですが、その人たちの席なので」と話したけども伝わらず最後は相手が根負けして帰ったという…いい席なのもいいけどもこういうトラブルは今までなかっただけに吃驚だな。

今まであったトラブルというと椅子席の後ろの方の席の人が、まだ来てないからという理由で勝手に座っていたりというのはありましたね。(今回の荷物も同様にそんな感じでしたが)こういうマナー悪い人もいるのが、ちょっと嫌だなと思うところですね。


まあそんなトラブル続きだったのですが、生の観戦する雰囲気は良くて国技館はやっぱりいいなと思いつつ見てました。ソフトクリームも食べましたし。今回は巨峰とバニラのミックスでした。これもすっきりしてて美味しいのですが、コーヒーミックスのがおいしかったのでまた復活しないかな。あと、お弁当は豪栄道弁当食べました。結構お肉が多かったですね。食べ盛りの若者っぽい弁当でしたがおいしかったです。



今までは普通に幕の内弁当(上)を頼んでいたのですが力士弁当良いですね。前の稀勢の里弁当食べたことあるのですが力士ごとに特色が違って面白いです。あと焼き鳥も食べましたよ。国技館の焼き鳥は絶品ですね。つくねの部分も大好きです。

そして、観戦自体は何故か応援する力士が尽く負けてしまうという珍しい事態に。もう最後は心の中で応援して、声に出して応援しなかったら勝ったという不思議な日でした。いろんなトラブルあったけどもやはり国技館での雰囲気は最高に盛り上がるのでまた来たいなと思った日でした。

【TRAVEL】東京観光でNHKや都庁…夜ご飯はちゃんこ巴潟



両親がやってきたので東京観光ということでリクエストだったNHKと、乗り換えが新宿だったので東京都庁にいくことに。まず都庁に行って展望台から見物して、その後NHKに移って見学。

150923_do-mokun.jpg
↑外にいたどーもくん…結構大きい。

ちょうどオンエアーのテレビがあって相撲中継がやっていたので見てしまってました。ほかにも、みんなのうた上映会とかあとは、ドラマに使われたものの展示などありましたね。今はまれと花燃ゆがやっていたので、それ系の展示が多かったのですが。

あまちゃんだと春子の手紙とかがあっておもしろかったですね。軍師官兵衛の服の展示とかもありましたし。祝日なのでスタジオパークの展示はなかったのですがそれ以外の展示でもなかなか興味深いものありましたね。

その後、移動して両国へ。明日相撲観戦なので前夜祭ということで有名で大人気のちゃんこのお店、巴潟に行ってきました。(観戦日にいくのが普通多いのですがどうも国技館でいっぱい食べていそうなので前日にすることにしました)

ちゃんこというとげん担ぎで、普通鶏肉を使っているのですが、(相撲は土俵に手をついたら負けなので二本脚の鶏が一般的)ここのはちゃんこにしては珍しく牛肉を使ったちゃんこで、出汁がおいしくて家族全員で褒めちぎってました。あと、特上にしただけあってお肉が口の中でとろけるほどのいいお肉。さすがチケットとる前から予約しただけあるなぁ。お隣のお姉さんもそうだったようでそんな話をしているのが聞こえました。まさかお隣さんもだったとは…(笑)

そんな楽しいお食事の中、今日は相撲甚句の日だったようで、いらっしゃった方が歌っていました。今回は少しおもしろい内容もあって笑みがこぼれることもあり、楽しい会を過ごさせていただきました。

今回一番びっくりしたのは、ここは友綱部屋の跡地に建てられたちゃんこのお店だからか、この間引退を発表した旭天鵬関(大島親方)がいらっしゃってました。丁度私の座っていたところの後ろが通路だったので、目と鼻の先にお顔があってびっくりしたという…あんな有名な人が近くにいるとかびっくりして握手してくださいとか言えばよかったなぁと思ったり…今日は後援会のできていたようですが。

そんな吃驚体験も有りながら美味しいちゃんこをいただき両親も大満足でした。また一緒に行けたら良いなと思うお店です。相撲がやっているときは特に忙しいお店なので予約必須のようですね。

【旅行】アフターヌーンティで妹とのんびりと



『ROTE ROSE 2nd』というお店にアフターヌーンティにきました。外観もおしゃれでカッコいいカフェです。妹の車で連れてきてもらったのですが、私の記憶にあった初心者マークの妹とは別人のように車の運転も上手くなってて吃驚しました。私の方が最近乗ってないから多分下手だな…(笑)流石愛知に住むと変わるかなぁ。

最初は執事の館に行きたいなと思っていて妹を誘ったのですが、どうも休館日と被ってしまったので妹がかねてから気になっていたこのカフェになりました。個人的にはあまり愛知県のカフェに行く機会なんてないのでラッキーでしたね。



予約しておいてたので、注文していたアフターヌーンティのメニューが出てきたのですが、とにかくボリューム多め。サンドイッチもどれもかも美味しかったですね。ちなみにお値段これだけあって1,500円(税込)です。お買い得!紅茶も美味しいんですよね。アールグレイティを頼んだのですがベルガモットの香りがほわっときて癒されましたよ。

ここでは最初は他愛無い話だったのですが、その後妹と久々にお互いの話をしたのですが話せて良かったなぁと。普段はあまり話す機会もないし、今住んでるところも環境も違うので年に数回会うかって感じなので、どういう生活してるかなんて殆ど知らないけどもこの日話を聞いた限りなんか妹の成長を感じて、逆に私の方がしっかりしたいなと思うほどでした。そんな妹でも大変な時もあると思うのでもし困ったことがあって、私に何かできることがあれば頼ってくれると嬉しいなと思ったり。頼りない姉ですが待っております。

そんな感じのアフターヌーンティでした。前に友人かみぃちゃんとアフターヌーンティした時も思ったのですが結構長い間喋ったり食べたりすることになるのでお互い本音が出やすいなという時間でした。凄く有意義だなぁ、また友人たちや妹と行けたら嬉しいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【旅行】三国周辺と越前町の旅(グラスリップ聖地巡礼?):友人と一緒に巡る旅



友人かみぃちゃんと一緒に色々巡りたいと話をしていたのですが、快く「連れて行ってあげるよ」とのことでありがたく連れて行ってもらいました。最初は越前町にある越前陶芸公園に。そこにあるお蕎麦屋さん『だいこん舎』がとにかく絶品で何度も行ったことがあるのですが今回もそこ目当てのようでした。公園には落ち葉が色づいていて綺麗なピンクに近い赤色な感じでした。



足元にもギッシリと落ち葉。色んな葉が混ざってます。



これはグラデーションのような感じの紅葉を楽しめる木。こんな色もあるんだと思わずカメラを向けてしまいました。赤と黄色とオレンジの色合いがとても綺麗。



さて噂の『だいこん舎』に到着。晴れ女の友人の影響か空の晴れ具合が真っ青という言葉が似合う空でした。あと空気が澄んでいるので都会で見る様な灰色かかった空ではないですね。空気が冷たいけど美味しくて落ち着きました。



やはり寒いのであったかいおそばにしようと頼んだのは、くるみおろしそばと、まこもの天ぷら。くるみおろしそばはクリーミーなそばで、濃厚。これは癖になる味だったので次もこれにしようかな。麺はモチモチとしたもので自家製そば粉の味がスープと絡むと絶品。まこもは初めて食べたのですが、もちもちっとしてて美味しい。何だろう…この植物。癖になる感じでした。入口付近に植木鉢で置いてあったものらしいんだけど、初体験だったなぁ…

おそばをゆっくり食べた後はまた次の目的地へ。越前町から三国ってかなり距離があるのに下道でいく友人強し。道中は最近友人がFateにまたハマっているようなのでカーニバルファンタズムのDVD版を見つつドライブ。そして向かうは三国町。彼女の祖母宅が近くなので三国は詳しい彼女に連れて行ってもらったのは地元でも美味しいと評判のジェラート屋さん。





『カルナ』にやってきました。この寒い中ジェラートです。でもここのジェラートは絶品なのですよ。ちょっとお店工事して今いましたが、グラスリップでも出ていた椅子がありますね。流石にこの季節、外で食べる人もいないので横に寄せてあるけども。グラスリップでは2話でしたね。透子と幸が二人で食べてました。



ちなみにお店の看板もこの通り。お洒落な感じなんですよ。中では10種類くらいある中からジェラートをチョイス。シングル、ダブル、トリプルとカップかコーンか選べるのですが私は迷わずトリプルをチョイス。そしてコーンです。



私はピスタチオとラムレーズンと塩を選ぶことに。秋限定のさつまいもとかあったんですけどね。結局、自分の好きな味になってしまいました。どれも美味しいのですが、個人的に珍しいのは塩ジェラートが好きですね。昔食べた時にサッパリとした風味と口の中でさっと溶けていく食感に虜になって滞在中二日間ともいただきましたね。思い出の味です。





そしてグラスリップでよく主人公たちのグループが溜まり場にしていたカフェの元である『カフェコトノハ』。ここは三国ではなくてあわら市(旧金津町)でカルナから少し距離がありました。夕方でお客が私と友人の二人っきりだったのですが、素敵なマスターと一緒につい話が弾んで長居してしまいました。



お客さんがプレゼントしてくれたダンボーらしいのですが、ディスプレイが素敵で思わず他のことそっちのけでダンボー撮影会に(笑)



こうやってみるとやはり自然+ダンボーは最強だと思いましたね。まるでポストカードのダンボーのような素敵なディスプレイ。新型のゆうパックダンボーもいるというのも素晴らしい。



で、本題の店内ですが、入口にグラスリップのポスターが貼ってあります。周りは陶器の展示があります。ここで珈琲とケーキを頼んでこれがもう絶品だったのですが美味しくてがっついてしまって食べ始めてから写真撮ってない事実に気付きました。珈琲は酸味もほどほどな感じで飲みやすいドリップコーヒーで個人的にかなり好みでした。ケーキも絶品だったのでまたきたいですよ…周りの自然を見ながらBGMはグラスリップのBGMというなんかホント癒し系カフェ。都会の疲れも吹っ飛ぶ自然ですよ。



そして店内の机ですが、多分ここがあのグループが座った所に一番近いかなと。カフェの中の配置が微妙に違うんですよね。入口と出口の配置も逆というか座席数が微妙に違うというか。なので全く同じということはできないのですが、ここにグラスリップの声優さん達がいつもの配置のように座ってたというのをマスターにききました。



マスターとの話も楽しくてついつい話してしまったのですが、その後次なる目的地、『バードランド』へ。ナポリピッツアのお店なのですが、ここは友人がこの間イタリア旅行で本場のピザ食べたけども、ここのピザの美味しさとそんなに変わらなかったと聞いたのでここに。元々ピザに対してはそんなにめちゃくちゃ美味しいとか特別好きだと思ったことが無かったのですが、ここは別格でしたね。



ちなみに写真はポルチーニ。きのこのジューシーさと生地のもちもち+サクサク感が今まで食べてきたピザがなんだと思う感じ。もう一種菜の花のピザも美味しかったのですが、特にこのポルチーニはハマりましたね。



そしてデザートの名称を忘れたのですがムースのようなもの。これは初めてのものでした。しゅわっと口の中でとろけるデザート。紅茶と一緒にいただきました。これもまた食べたいなぁ…

今度はまだ空が明るい時間に来てお店の外観撮りたいね~という話はその時に。暗い空を見つつ帰路に向かい、今庄の温泉に入って帰りました。今庄の温泉はゆったりできましたね。今日は一日フルコースでした。こんなに美味しいものばかり食べてると太ってしまうかもなぁ…でもどこもまた行きたいと思うほどでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【旅行】友人と青梅へ:なかなかいい感じにレトロな街でした



今年は18切符を沢山買って使ったのですが、回数が余ってしまったので「どこかいくところない?」なんて友人に持ちかけると、悩んだ結果ガイドブックに載っていた“青梅(おうめ)”に行ってみたいということでやってきました。早速青梅駅でバカボンのパパのお出迎え。赤塚不二夫会館という赤塚不二夫さんの美術館が青梅にあるのでその関連ですね。



街全体がとにかくレトロな雰囲気で駅もそうでしたし、道行く電話ボックスもこの通り。なんか昭和な感じなのかな…。昭和レトロ商品博物館とかいくと私も昭和生まれなだけに懐かしいものも結構ありましたね。瓶のカルピスとかダイヤル式電話とか。鉛筆削り等文房具系もとにかく懐かしかったり。



そんなレトロな中。到着してお腹すいたねということでガイドブックにも載っていたお洒落なカフェ、繭蔵(マユグラ)。自然派の食事が楽しめるところのようで、地元の人も沢山きててほぼ満席状態でした。



これにマンゴーゼリー+黒豆茶がついたのですがお値段1,600円。都心と似たようなランチの価格ですが内容が濃いので仕方ないかなと食べていて思いました。健康になりそう…どれも凝った創作料理で家に帰ったら作ってみたいと思うほどでした。うーん、ホントいい感じだな。

全体的に散策という感じなので歩いている時間も多く帰りは友人とヘトヘトだったわけですが、また日常とは離れた体験でいい時間を過ごせました。東京というと都会なイメージあるけども少し離れてみると懐かしい風景も広がっているなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【旅行】初売りとあいさつ回り…友人から福袋の電話ありでありがたかった日

新年にやらないといけないことと言えば、親戚にあいさつ回り。ということで朝から回ってました。親戚で結婚した所には渡せなかったお祝いを、学生や小さいお子さんにはお年玉を…。新年早々色んな人に会いました。一昨年の葬式以来会っていなかったのですが久々でも溶け込みやすいようにしてもらったのが感じられてホントありがたいなと。農家のお宅もあってとれたての苺を貰ったということで出してくれて美味しかったりおせちをいただいたり…やはり食べもの美味しい熊本県。

あいさつ回り以外にショッピングモールに服を買いに行けました。行ってみると初売りは昨日からだったようですが、まだなかなか可愛い服も残っていてaxesの、ワインレッドのチェックのワンピースが2,000円という格安で即お買い上げでした。また可愛い服がゲットできたので嬉しいですね。福袋は言うまでもなく売り切れでした。二日目ですしね。後は厄年なので長いものをプレゼントされるといいということなので、カシミヤストール買ってもらいました。カシミヤってさわり心地抜群でふかふかでしたよ。

ところでタイトルにある友人からの連絡は、大阪に福袋を買いに行っていた友人で「福袋どう?」っと親切にかけてきてくれたという。結局今回はお願いしなかったけども、覚えてかけてきてくれるという心遣いがとても嬉しかったですよ。頑張るなぁと思っていたらどうやら始発だったようで本気具合が凄くてびっくりでした。いいものいっぱいゲットできたようで福袋ってあまりいいイメージないけども珍しく羨ましいぜと思ったくらい。ロクシタン福袋は昨年に引き続き豪華だったようです。来年は買えたら行ってみたいものだなぁ…

【ACE2012-1日目】オリジナルフードや展示…どこも手が凝っていて凄かったです



2012年3月31日土曜日にACE2012(アニメコンテンツエキスポ2012)に行ってきました。Fate/Zeroのイベントステージが当たってとにかく嬉しかったのと、他にも展示が見たいというのと。一緒に行ってくれる今年から上京してきたTちゃんがいたので尚行きやすかったような気がします。何か人数は思ったより少なかったらしいのですが私としては結構な人でした。

以下画像が多いので折りたたみ。展示や食べ物感想(レポ)です。

Theme:イベント - Genre:サブカル


【ACE2012-1日目】Fate/Zero トークショーレポ…Kalafina ライブもあって鳥肌ものでした!

3月31日土曜日、ACE2012に行ってきました。その中でのFate/Zeroでのステージでのことのレポ(感想)です。

Program5 (14:05~14:35)集合時間:13:20
『Fate/Zero』
出演者:小山力也/川澄綾子/中田譲治
内 容:トークショー


待機列への入場開始が13:00頃で中にはいると順番に並んだのですが、なかなかいい席順の160番台だったので楽しみにしつつ先に並んでいる人に聞きつつ番号順に並びました。入場の際、偶数は入場列から見て左側に、奇数は右側にと順番に椅子に座って行くとこれもまた幸運なことに、前から6番目の一番真ん中の席…これは見て感想やらまとめやらを自分で書きたいと思い、終了後に焦ってメモをとりました。所々あやふやなところもありますが覚えている限りのレポです。



席に着くと様々な作品のPVがスクリーンに流されてました。
新番組やBlu-ray等のソフト発売についての告知等ありましたね。


しばらくして開場。現れたのは司会のアニプレックス広報の高橋さん。弱々しい雁夜のような雰囲気の…と自称するだけ何かそんな感じが漂っている方。(笑)


そして、キャスト入場…小山さん→川澄さん→中田さんの順で。他の二人は普通に入ってきたにも関わらず何故か中田さんだけキレのいいジョギングで入ってきて小山さんの後ろを回り自分の場所へ。その後、3人が軽く自己紹介を。

小山さん「電車が止まってしまって歩いていたら、タクシーを見つけてここまでやってきました。『我は常世全てのタクシーを呼ぶもの!』小山力也です。」

川澄さん「騎乗スキルがありながらも何にも乗れない私は、タクシーの運転手さんにお任せしてここまでやってきました。今日は悪天候の中来ていただいてありがとうございます。『覚悟はいいな!外道!』」

中田さん「さっき私のここまで来るあの素晴らしいジョギングを見てどのキャラを演じているかお分かりになったと思います(笑)」

紹介後は各キャストにとって1-13話までの見どころや感想について。話題に出ていたのは「切嗣とケイネスの対決」や「イリヤとの親子の話」とかだったと…その中で小山さんと川澄さんが作中での不仲について「仲いいんですよ。さっき、(川澄さんが)お茶とかくれて」と語る小山さんに「何か入れてなかった?」と中田さん。それでわたわたする川澄さんで凄く面白かったです。実際現場では仲よさそうな感じがします。


次コーナーは音声での先行公開。映像はまだできていないそうなのですが、音声の収録は終わっているのでその中から音だけ公開するという異例のコーナー。3人の役に関係するシーンだったのですが以下3つでした。先の話のネタバレをしないようにちょっと伏せ気味で。

・キャスター戦でのセイバーとランサーのやり取り…ランサーの槍の呪いで左手が使えないセイバーに対してランサーが行動を起こすシーン。

・切嗣とセイバー…某キャラとの決着後に出会った二人が話す(ような)ところ。英雄のこと等、珍しく切嗣の本音が見えるあのシーン。

・アーチャー(ギルガメッシュ)と綺礼のやり取りのところ。綺礼が自分自身の望みが何か分かってしまったあのシーン。

ランサーとの話の時にはランサー格好いいしランサーとは仲がいいとか言う話が出てました。切嗣の話の時には、川澄さんが「切嗣がホント外道なことをしたあとなんですよ、あのシーン。小山さんを本気で嫌いになりかけました!」とか言って会場を沸かせてました。(笑)小山さんちょっと吃驚。

そして最後のアーチャーと綺礼のやり取りの所では、「アーチャー悪い奴ですね。綺礼がああなったのはアイツの所為ですよ」と中田さんが言うとそこに尽かさず川澄さんが「大人なんだから『アイツの所為』とか駄目ですよ~(笑)」というツッコミ。全体的に川澄さん絶好調でした。


折角スクリーンがあるんで何か見たいですよね~という司会進行により、出来立てほやほやのトレーラー映像を見ることに。映像はどうやらニコニコ生放送でも流れていたようです。(ちなみに公式でも配信が始まりました)




↑ちなみにこれですね。PC版からだと見えると思います。迫力ある音声と大きなスクリーンで見るだけにやはり劇場版見ているような気分になりました。個人的に好きゆえに気になっていたセイバーのバイクシーンはかなり良さそうな感じ。このシーンではVMAX強化前ですが、強化後の映像が待ち遠しいです。後は所々気になる個所が出てました。

1-13話を振り返るシーンがカッコいいですよ。第○戦という文字が出てくるのでそれだけも戦っていたんだと気付くくらい、1クール振り返りにはもってこいでした。こうやっていると本編以上に躍動感あるようで激しい戦いをしているように見えましたね。結構会話も多いので静と動が入り混じった戦闘シーンが多い(気がする)んですけどね、Fateシリーズ自体。


その後、キャストの挨拶を聞いて終了かと思いきや、スペシャルゲストが…、スクリーンに文字が出てそこにはKalafinaの文字が。会場はかなり湧きましたね。ここでKalafinaの3人から挨拶+ライブに。曲は2シーズン目OPの『to the beginning』…始まる前に小山さんが「これは始まりに至る物語。Kalafinaで『to the beginning』」とちゃんと曲名を言ってステージ袖に。

曲はフルバージョンだったのですが、あまりのハーモニーと迫力にずっと聞き惚れて鳥肌でした。手拍子も所々聞こえたのですがやろうとおもったのですが私はもう聞き惚れて動けないほど。息をのむほど迫力のある素晴らしいライブでした。ちなみに衣装は三人とも赤の衣装でしたね…う、美しい!

全体的にWakanaさんが今回メインパートっぽくソロが多めで、最後三人が揃うシーンのハーモニーが響き渡って最後まで聞きどころ満載の曲でしたよ。そして切嗣をイメージした歌詞なので歌を聞くだけで世界観に引き込まれてしまいました。


ライブが終了し、袖から出てくるキャスト3名+司会。最後挨拶の前にちょっと面白いところがあり、中田さんが客席の中のアイリコスを見つけ、「ねえ、あれ…アイリじゃない?」というと手を振る客席のレイヤーさん。3人も振り返す。そこで、「切嗣は素敵な女性にもてていいよな…うちはアサシンくらいだよ」といじけ気味の中田さんに川澄さんが「アサシンだって素敵な女性いるじゃないですか!スタイルのいい!」と尽かさずフォローしてましたね(笑)

そして挨拶後キャスト退場で終了。小山さん相変わらず劇場版推しでした!

しっかし、振り返ってみてもこれ…30分の内容じゃないよな、と思うほど盛りだくさんのステージでした。これは当たって幸運でしたね。試写会は残念ながらチケットが取れなかったので行けませんが、レポ探して見ようと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

Theme:Fate/Zero - Genre:アニメ・コミック


【イベント】COMIC CITY SPARK6に行ってきた:タイバニスペースは特に熱かった

コミックスパーク6に行ってきました。数冊は自分の買い物をしたのですが殆どがプチオンリーを開催していた友人の売り子で、あまりそのジャンルの知識は乏しかったのですが、なんとかなった日でした。

朝は深夜にFate/Zeroを見ていた疲れもありましたが、会場で友人と食べるおにぎりを作り、6:15には出発。7:00に東京駅に集合ということで待ち合わせ場所に行くもいないと思えば、迷っているようなので、そんな友人を拾って東京炒飯という炒飯屋へ。



炒飯というよりも朝は雑炊みたいな泡飯(ポーハン)という食べ物が2種類ありました。その中で私が注文したのは「たっぷり野菜の泡飯(ポーハン)」というので、その名の通り野菜だらけのものでした。最初炒飯屋に行くと聞いた時、胃もたれするだろうなとか思ったのですがあっさりして胃に優しいものでした。そしてお値段も600円とリーズナブル。7:00から開店しているのでお客さんかなりいましたね。


その後、電車移動で会場へ。プチオンリーのある友人のところの準備を3人でやり、お互い自分の配置へ。(ちなみにこの日はサークル参加2人の売り子1人状態でした)私は、とりあえず気になっていたところを先に行かせてもらうことに。最初のサークルに並んでいた時は、周りの人も話したかったようで4人でタイバニトークで楽しく盛り上がりました。周りの知識が凄過ぎると感心してしまったり。

そしていくつか並んでいる最中にとあるところで、ちょっとどうなんだろうなと思うことがあり、毎度長蛇の列ができる大手でいつも係りの人がいるのですが、今回はいなかったんですよね。それでうまく並ぶように、お客の一人が仕切って「こっちまで移動お願いします~!」と並ばせてくれていたのですが、それに対しての私の後ろの並んでいる女性二人組は「あの人、係じゃなかったんだ。勝手に仕切って…」とぶつぶつと言い合っているのが聞こえて複雑な気分になりましたね。別に個人的にはそれでいいと思うんだけども。女同士はホント怖い。ちょっとしたことで目立つとこうやって僻む人が出てきますしね。

売り子に代わってからは、リボーンスペで友人の本の売り子だったり、景品交換だったり。日当にクオカードまで貰って、その後ゼリーもおごってもらって至れり尽くせりでした。結局売り子をしつつ閉場ギリギリまでやっていてその後、我が家に移動して皆でご飯&UN-GO鑑賞会。友人とかと久々にガッツリ話せたのでかなり楽しい日でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。